『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日 初版1刷発行

悪い夏』 『正体で大ブレイク中の著者が、目を背けたくなるような悪と復興への希望を描く。骨太の社会派ミステリー!

災害は金になる -  東日本大震災で被災した島に現れた救世主。そう信じられていた男が巨額の復興支援金を横領していた!? 復興に向けて歩み出した島は、ふたたび混乱の渦に巻き込まれて・・・・・・・。

東日本大震災で被災した三陸沖の天ノ島に現れた復興支援のプロ・遠田政吉。行政の支援も届かない地獄で救助、遺体捜索などに奔走し、救世主として信望を得るが、のちに復興支援金の横領疑惑が発覚する。島出身の新聞記者・菊池一朗が疑惑の解明のため遠田の過去を探り始めると、そこにはおぞましい闇が - 。エンタメ界最注目の著者が放つ骨太の社会派ミステリー! (光文社文庫)

三陸沖に浮かぶ天ノ島には約3500人が暮らしています。2011年3月、東日本大震災で大きな被害を受け、孤立無援の中、島はNPO法人ウォーターヒューマンの支援を受けることに。

その代表・遠田政吉は被災者の救助、海底に沈んだ遺体の捜索などで 「神様みたいな人」 と称賛されたのですが、やがて復興支援金の横領疑惑が発覚します。支援金12億円のうち、4億2000万円が消え、遠田に雇われていた天ノ島復興支援隊の従業員が突然、解雇されたのでした。

復興へ向けて歩み出した途端、またも島は混乱を極めます。皆が救世主と信じた遠田の正体は、実は被災した島と島民を食い物にする、非道極まりない “火事場泥棒“ だったのでした。「混乱に乗じて、被災地における詐欺に横領、窃盗に性暴力など、人ならざる行為を働く者たち (P523)」 - それが遠田の正体でした。

企みは、遠からず破綻を招くことになります。しかし、物語の核心はそこではありません。

図らずも、遠田の計画に加担してしまった人物がいます。遠田が出す指示に、従う以外他になすすべがなかった者たちも。結果、彼らを含む多くの島民の、遠田は、いずれ迎えるはずの未来までをも奪い去ったのでした。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆染井 為人
1983年千葉県生まれ。

作品 「悪い夏」「正体」「正義の申し子」「震える天秤」「鎮魂」「滅茶苦茶」「黒い糸」など

関連記事

『家族じまい』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『家族じまい』桜木 紫乃 集英社 2020年11月11日第6刷 家族はいったいいつ

記事を読む

『嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2018年4月25日第6刷 その名前は蒲

記事を読む

『ヒーローインタビュー』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ヒーローインタビュー』坂井 希久子 角川春樹事務所 2015年6月18日初版 「坂井希久子」で

記事を読む

『さよなら、田中さん』(鈴木るりか)_書評という名の読書感想文

『さよなら、田中さん』鈴木 るりか 小学館 2017年10月17日初版 花実はじつにあっけらかん

記事を読む

『プラスチックの祈り 上』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『プラスチックの祈り 上』白石 一文 朝日文庫 2022年2月28日第1刷 「これ

記事を読む

『余命二億円』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『余命二億円』周防 柳 角川文庫 2019年3月25日初版 工務店を営んでいた父親

記事を読む

『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷 先生が選ぶ最泣の一冊 1

記事を読む

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日 第1刷 「理想の死」

記事を読む

『四十回のまばたき』(重松清)_書評という名の読書感想文

『四十回のまばたき』重松 清 幻冬舎文庫 2018年7月25日18版 結婚7年目の売れない翻訳家圭

記事を読む

『風葬』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『風葬』桜木 紫乃 文春文庫 2016年12月10日第一刷 釧路で書道教室を営む夏紀は、認知症の母

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑