『あいにくあんたのためじゃない』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『あいにくあんたのためじゃない』柚木 麻子 新潮社 2024年3月20日発行

差別、偏見、思い込み - 他人に貼られたラベルはもういらない、自分で自分を取り返せ!! この世を生き抜く勇気が湧く、最高最強のエンパワーメント短篇集!

とにもかくにも容赦がない! ページを開いたが最後、誰も傍観者じゃいられない。万城目学

過去のブログ記事が炎上中のラーメン評論家、夢を語るだけで行動には移せないフリーター、もどり悪阻とコロナ禍で孤独に苦しむ妊婦、番組の降板がささやかれている落ち目の元アイドル・・・・・・・いまは手詰まりに思えても、自分を取り戻した先につながる道はきっとある。この世を生き抜く勇気がむくむくと湧いてくる、全6篇。(新潮社)

身に覚えがない - はずがありません。差別や偏見や思い込みの、被害者だっり加害者だったり、遠くで見ているだけの傍観者だったりしたことが。当の本人はそれにいつ気づき、どう対処すればよいのでしょう。

声を上げる勇気がありますか。背中を押してくれる人はいませんか。あなたの敵は、誰ですか?

著者は、女性同士の連帯を小説のテーマにすることが多いが、その素晴らしさだけでなく、難しい部分やうまくいくばかりでない現実も書いているところが私は好きだ。この短編集の中にも、こんなふうに力を合わせて前に進めたらいいねと痛快な気持ちになる結末もあれば、気持ちがすれ違うもどかしさが描かれているものもあって考えさせられる。

そして、理不尽な扱いを受けた人々の反撃は清々しく、読んでいるとスカッとした気分になると同時に、冷たい傍観者や人の痛みを想像しない野次馬だったこともきっとある自分に、ヒヤッとしてしまった。強烈なパンチを喰らう登場人物たちには、ざまあみろと言いたくなるけれど、著者は彼らを徹底的に追い詰めることはしない。出口を完全には塞がず、やり直すチャンスを残しているところにホッとする。

私が一番好きなのは 「商店街マダムショップは何故潰れないのか? 」 というタイトルの一編だ。そうそう! 長く続いている商店街って、誰が買うのかわからない謎の高額雑貨やら、妙な具合にデコラティブな衣服が並んでいる時間の止まったブティックみたいな店がなぜだか残っていることが多い。

ああいう店の経営はいったいどうなっているのか、私も不思議に思っていたけれど、知人と前を通りかかる時にネタにするくらいだ。そこからこんなユニークな物語を生み出せるなんて! 小説家ってすごいなあ・・・・・・・。

マダムショップが気になってる人、ぜひ読んでみてください。(高頭佐和子/WEB本の雑誌より)

※冒頭の 「めんや 評論家おことわり」 を読んで、ある場面で、少し私は泣きました。それほどのことではなかったかもしれません。ただ、その時の状況を想像すると、私はいたたまれなくなってしまいます。つらすぎて、見ていられなくなります。余計なお世話だとわかってはいても・・・・・・・

この本を読んでみてください係数 85/100

◆柚木 麻子

1981年東京都世田谷区生まれ。立教大学文学部フランス文学科卒業。

作品 「終点のあの子」「本屋さんのダイアナ」「ランチのアッコちゃん」「伊藤くんA to E」「ナイルパーチの女子会」「その手をにぎりたい」「BUTTER」他多数

関連記事

『秋山善吉工務店』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『秋山善吉工務店』中山 七里 光文社文庫 2019年8月20日初版 父・秋山史親を

記事を読む

『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『ルビンの壺が割れた』宿野 かほる 新潮社 2017年8月20日発行 この小説は、あなたの想像を超

記事を読む

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 この作品は昨年の6月に映画化され

記事を読む

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』(中山七里)_シリーズ最高傑作を見逃すな!

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山 七里 講談社文庫 2019年11月14日第1刷 報

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 亡き藩主への忠誠を示す「追腹」を禁じ

記事を読む

『噂の女』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『噂の女』奥田 英朗 新潮文庫 2015年6月1日発行 糸井美幸は、噂の女 - 彼女は手練手

記事を読む

『青い壺』(有吉佐和子)_書評という名の読書感想文

『青い壺』有吉 佐和子 文春文庫 2023年10月20日 第19刷 (新装版第1刷 2011年7月

記事を読む

『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』(山寺香)_書評という名の読書感想文

『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』山寺 香 ポプラ文庫 2020年

記事を読む

『つむじ風食堂の夜』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『つむじ風食堂の夜』吉田 篤弘 ちくま文庫 2005年11月10日第一刷 懐かしい町「月舟町」の十

記事を読む

『五つ数えれば三日月が』(李琴峰)_書評という名の読書感想文

『五つ数えれば三日月が』李 琴峰 文藝春秋 2019年7月30日第1刷 日本で働く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑