『ふじこさん』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ふじこさん』大島 真寿美 講談社文庫 2019年2月15日第1刷

ふじこさん (講談社文庫)

離婚寸前の両親の間で自分がモノのように取り合いされることにうんざりしている小学生のリサ。別居中の父が住むマンションの最上階から下をのぞき、子供の自殺について考えをめぐらすことがもっぱらの趣味。ある日きまぐれに父の部屋を訪れると見覚えのない若い女の人が出迎えてくれて・・・・・・・。ほか二編。(講談社文庫)

ふじこさん
元来利発なリサは、小学生であるにもかかわらず既に両親や祖父母のことを完全に見限っています。離婚間際にあって、父か母かのどちらが自分の親権を取るのかにも、さしたる関心がありません。何よりリサは、その頃自分の人生に深く絶望していたのでした。

リサにとって 「ふじこさん」 との出合いは、まさに衝撃的な出来事でした。この上なく奔放なふじこさんに対し、とりわけ父親の、男としてのあまりの不甲斐なさには呆れてものも言えません。父親の存在は極めて影が薄く、読むほどに覇気がありません。

試しに 『ふじこさん』 の父親について引用してみよう。中学受験を控えた 「リサ」 は、母方の祖父母の家で暮らしている。別居中の父親は 「優柔不断とののしられ、ぱっとしない男だと蔑まれ、どこまでも平凡な優男と決めつけられ」 ていたが、「最後に意地を見せたというか、根性を出したというか、わたしの親権だけは頑として渡すつもりはないらしかった」。しかしながら、「父は別に、わたしの親権がそれほど欲しかったわけではなく、たんに、母や祖父母の思い通りにさせたくなかっただけなのだろう」、ここまで娘に見破られてしまっている。この 「だけ」 は強烈だ。

マンションに出入りする 「ふじこさん」、要するに自分の交際相手について、娘に説明する科白もちょっとすごい。

※ふじこさんは父親が勤める会社で働く嘱託のデザイナーで、「仕事上やむなくマンションにも来たりはする」 が、それだけの関係で、父親は娘に対し 「多分、リサは誤解していると思うんだ」 と、あくまでしらを切り通します。

まさに優柔不断の優男の言い草。「リサ」 から見れば父親と 「ふじこさん」 の関係は一目瞭然で、また 「ふじこさん」 から見れば彼が娘や妻の実家の手前、どう立場を取り繕いたいのかも一目瞭然。「リサ」 と 「ふじこさん」 を結びつけたはずの男は置いてきぼりにされたまま、娘は父親の恋人とどんどん仲良くなり、恋人は志を立てイタリア行きを決めてしまう。彼女の決断の意味もタイミングも、娘はよく理解しているのに、いざ別れを告げられて、彼の口から出てくる科白というのも、また見事。(解説より)

(その 「見事な科白」 は本編で) とにもかくにも、交際相手と娘を取り持つはずの父親を置き去りに、リサとふじこさんは着実に親密な関係を築いていきます。

娘の親権をめぐり長引く騒動のさなかにありながら、ふじこさんという女性と出合ったことで、触発され、自分の思う世界の狭さを知った当のリサは、両親や母方の祖父母の思惑とは裏腹に、自らの生きる希望を見出していきます。

ある志を胸に、突然ふじこさんがイタリア行きを決めたのは、単にそれを成したいという理由ばかりではありません。それとは別に、なお切実な事情があったに違いありません。知らぬは父親ばかりなり。子どもだてらに、リサはそれを十分察知しています。

[他の収録作品]
・夕暮れカメラ
・春の手品師 (デビュー作/文學界新人賞受賞作

この本を読んでみてください係数  85/100

ふじこさん (講談社文庫)

◆大島 真寿美
1962年愛知県名古屋市生まれ。
南山短期大学人間関係科卒業。

作品 「宙の家」「ピエタ」「チョコリエッタ」「虹色天気雨」「ビターシュガー」「ツタよ、ツタ」「あなたの本当の人生は」「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」他多数

関連記事

『夏と花火と私の死体』(乙一)_書評という名の読書感想文

『夏と花火と私の死体』乙一 集英社文庫 2000年5月25日第一刷 夏と花火と私の死体 (集英

記事を読む

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷 プラナリア (文春文庫)

記事を読む

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500

記事を読む

『風葬』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『風葬』桜木 紫乃 文春文庫 2016年12月10日第一刷 風葬 (文春文庫) 釧路で書道教

記事を読む

『噂』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『噂』荻原 浩 新潮文庫 2018年7月10日31刷 噂 (新潮文庫) 「レインマンが出没し

記事を読む

『悪いものが、来ませんように』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『悪いものが、来ませんように』芦沢 央 角川文庫 2016年8月25日発行 悪いものが、来ませ

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 泳いで帰れ (光文社文庫)

記事を読む

『ふたりの距離の概算』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『ふたりの距離の概算』米澤 穂信 角川文庫 2012年6月25日初版 ふたりの距離の概算 (角

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『坂の上の赤い屋根』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『坂の上の赤い屋根』真梨 幸子 徳間文庫 2022年7月15日初刷

『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑