『ビニール傘』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『ビニール傘』岸 政彦 新潮社 2017年1月30日発行


ビニール傘

共鳴する街の声 - 。絶望と向き合い、それでも生きようとする人に静かに寄り添う、二つの物語。第156回芥川賞候補作。気鋭の社会学者による、初の小説集! (「BOOK」データベースより)

俺たちが暮らしているのはコンビニとドンキとパチンコと一皿二貫で九十円の格安の回転寿司でできた世界で、そういうところで俺たちは百円二百円の金をちびちびと使う。

彼女は自分の傘を畳み、俺のほうに入ってくる。コンビニで買った五百円のビニール傘の、透明な膜が俺たちを包む。気がつけば小雨はほとんど止んでいたが、俺たちは一本の傘を二人で差したまま、どこまでも歩き続けた。もう少しいけば大阪港の方に出る。

二人は、最初どうやって出会ったのかもよく覚えていません。付き合ってどれくらいになるのだろう。いや、そもそも、俺はこいつと付き合っていると言えるのだろうか。その時俺は、そんなことを考えています。

実家に帰らんとあかんねん。あ、やっぱりそうなん。うん、どうしてもな、介護で。親の。お兄ちゃん、長男やねんけど、まだ独身やし、まだええかなと思ってたんやけど、転勤なるかもしれんし、帰ってきてほしいって。

大阪におってもしょうがないし。
そうか。そうやな。しゃあないな。

お互いにたいして相手の顔や性格が好きというわけでもなく、ただ何となく付き合うことになり、短い間一緒に暮らしていたとはいえ、こいつがいなくなっても何も変わらない。こうやって特に何のドラマもなく、俺はこいつとも別れることになるのだろうと思っています。

なんかちょっと、泣いたり怒ったり、お互いの好きだったところを言い合ったり、なんかちょっとそういうことをした方がいいかな。でも黙ってこのまま、今まで通り淡々と、ふつうの感じで別れてしまって、

駅の改札とかで、また来週ねっていう感じで、また会おうねと言いながら、小さくバイバイと手を振ると、彼女はそのまま駅のなかへと消えてしまった。

ああそうか、このままもう二度と会うことはないんだろうな。彼女は四国の田舎に帰って、地元のちょっと年上の、農業とか公務員とかをやっている男とふつうに結婚するんだろう。田舎は男が余っているから、若い女ならすぐに相手が見つかるだろうと思う。

この小説に書いてあるのは、ただあるがままの市井の景色、誰とも知れぬ隣人の、生きる姿そのものです。他には何もありません。敢えて意味を求めず、あるいは元々意味を持たない瑣末な事々の連続で出来上がっています。

しかし、だからこそ、その「無意味な」「偶然」を「美しい」と感じることがある -著者である岸政彦氏はそんな感性の持ち主です。

※これに関しては(岸政彦著)『断片的なものの社会学』に詳しく書いてあります。いたって柔らかい読み物ですので、ぜひ一度手に取ってみてください。読むと、この小説の「意味」がとてもよくわかります。

映画やテレビで観るようなドラマは滅多と起こらない。世界とは。「生」とは。名もなき多くの人々にとり、それは往々にして侘しく、時に人恋しく、明日をも知れぬ不安を抱えた厄介な代物であるということ。それを伝えたいのだと思います。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


ビニール傘

◆岸 政彦
1967年生まれ。
大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。社会学者。

作品 「同化と他者化 - 戦後沖縄の本土就職者たち」「街の人生」「断片的なものの社会学」など

関連記事

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷 僕のなかの

記事を読む

『世界から猫が消えたなら』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『世界から猫が消えたなら』川村 元気 小学館文庫 2014年9月23日初版 世界から猫が消えた

記事を読む

『月の砂漠をさばさばと』(北村薫)_書評という名の読書感想文

『月の砂漠をさばさばと』北村 薫 新潮文庫 2002年7月1日発行 月の砂漠をさばさばと (新潮文

記事を読む

『菊葉荘の幽霊たち』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『菊葉荘の幽霊たち』角田 光代 角川春樹事務所 2003年5月18日第一刷 菊葉荘の幽霊たち

記事を読む

『ブラフマンの埋葬』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ブラフマンの埋葬』小川 洋子 講談社文庫 2017年10月16日第8刷 ブラフマンの埋葬

記事を読む

『偏愛読書館/つかみどころのない話』(林雄司)_書評という名の読書感想文

『偏愛読書館/つかみどころのない話』林 雄司 本の話WEB 2016年5月12日配信 http:/

記事を読む

『学校の青空』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『学校の青空』角田 光代 河出文庫 2018年2月20日新装新版初版 学校の青空 (河出文庫)

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 天頂より少し下って (

記事を読む

『夫の墓には入りません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『夫の墓には入りません』垣谷 美雨 中公文庫 2019年1月25日初版 夫の墓には入りません

記事を読む

『「いじめ」をめぐる物語』(角田光代ほか)_書評という名の読書感想文

『「いじめ」をめぐる物語』角田 光代ほか 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 「いじめ」をめ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑