『ちょっと今から仕事やめてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2015年2月25日初版


ちょっと今から仕事やめてくる<ちょっと今から仕事やめてくる> (メディアワークス文庫)

これ言ってもいいのかしら? ・・・・・・・、まぁ、タイトルと文庫の表紙見れば大概の人は内容自体は予想できると思うので、良しとしましょう。

主人公の青山隆と彼の友人・ヤマモトは喫茶店にいます。隆がヤマモトに 「ちょっとここで待ってて欲しいんだよ」 と言うと、「べつに、いいけど? どうしたん?」 と聞くヤマモト。隆は 「いや、たいしたことじゃないんだけどさ・・・・・」 と言って立ち上がります。

そして笑顔で、はっきりとこう言ったのでした。

ちょっと今から仕事やめてくるわ

230ページ余りある小説の、ちょうど200ページあたりのシーンです。ここまでが、素晴らしく良い。泣くかな、泣くかなと思いながら、一気に読みました。結局泣かずにすんだのですが、泣いたと同じくらいに清々しい気持ちになりました。

「たまにはこんな本を読んで、心の洗濯をする必要があるよなあ・・・・・・」 と思わせてくれる、そんな小説を久しぶりに読んだ気がします。

ラストの35ページほどは、意見が分かれるかも知れません。仕事を辞めると宣言した隆はすぐさま会社へ出向き、部長を含む同僚社員に対して思いのたけをぶつけます。会社のやり方に疑問を呈し、不法労働を煽る体質を批判し、怒鳴るだけの部長を非難します。

「どうせお前みたいな奴はなあ、一生負け犬で終わるんだよ! 」と部長が言えば、「俺の人生を、お前が語るんじゃねーよ! 」と返し、部長はそれで幸せか、みんなは今幸せですか、と訊ねます。成績ばかりを競って、誰も信用できずに、ギスギス働いて満足ですかと語りかけます。

ここが気持ちよくて、スカッとする人。対して、

おいおい隆、それはちょっと言い過ぎよ。言いたい気持ちは百わかるけど、あまり熱くなると相手も引くよ。そこはクールに、言葉を選んで控え目に、ピンポイントでぐさっと刺さるセリフを吐いて潔く部屋を出て行こうや、と思う人。も、いるんじゃないのかしら?

ま、なにせ若者ですから、そんなこと言っても仕方ないのかも知れないですが。

月曜日の朝は、死にたくなる。
火曜日の朝は、何も考えたくない。
水曜日の朝は、一番しんどい。
木曜日の朝は、少し楽になる。
金曜日の朝は、少し嬉しい。
土曜日の朝は、一番幸せ。
日曜日の朝は、少し幸せ。でも、明日を思うと一転、憂鬱。以下、ループ

これは、隆が作った 「一週間の歌」 です。彼は、目指す一流企業への就職が叶わず、やっと内定がもらえた中堅の印刷関係の企業で働くサラリーマンです。やる気はあるのですが、実績が伴わずに鬱々とした日々を送っています。その結果生まれたのが、この歌です。

そんな彼の前に現れるのが、小学校時代の同級生・ヤマモトです。このヤマモトとの出会いが、隆を大きく変えることになります。

ヤマモトは、実にいい奴です。この小説を読んで感動するということは、ヤマモトを好きになるということです。隆には悪いのですが、ヤマモトは隆よりもずっとずっと人を観る目を持っています。そして、隆よりももっともっと深い哀しみを抱えています。

この本を読んでみてください係数 85/100


ちょっと今から仕事やめてくる<ちょっと今から仕事やめてくる> (メディアワークス文庫)

◆北川 恵海
大阪府吹田市生まれ。
第21回電撃文庫小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を本作で受賞しテビューする。

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『問いのない答え』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『問いのない答え』長嶋 有 文春文庫 2016年7月10日第一刷 問いのない答え (文春文庫)

記事を読む

『罪の声』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『罪の声』塩田 武士 講談社 2016年8月1日第一刷 罪の声 多くの謎を残したまま未解決と

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 かなたの子 (文春文庫)

記事を読む

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷 銀河鉄道の父 第158回直木賞

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

『八号古墳に消えて』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『八号古墳に消えて』黒川博行 創元推理文庫 2004年1月30日初版 八号古墳に消えて (創元

記事を読む

『猫を拾いに』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『猫を拾いに』川上 弘美 新潮文庫 2018年6月1日発行 猫を拾いに (新潮文庫) 誕生日

記事を読む

『はぶらし』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『はぶらし』近藤 史恵 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 はぶらし (幻冬舎文庫) 脚

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 断片的なものの社会学

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑