『地を這う虫』(高村薫)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/06/15 『地を這う虫』(高村薫), 作家別(た行), 書評(た行), 高村薫

『地を這う虫』高村 薫 文春文庫 1999年5月10日第一刷


地を這う虫 (文春文庫)

 

高村薫が好きである。

 

高村薫と言えば硬質で緻密な文章で知られる長編作家ですが、『マークスの山』で直木賞と日本冒険小説協会大賞をダブル受賞した同時期にいくつかの短編も書いています。
その中の4編が収められたのが『地を這う虫』です。

作品は全てが元警察官を主人公にした味わい深い物語で、「拍手は遠い。喝采とも無縁」な男が、それでも矜持を持ち続けて生きる姿を描写しています。

「愁訴の花」
田岡は、警察を定年退職後小さな警備会社で警備員をしています。
元同僚の須永の死が近いと連絡を受けた矢先に、これも元同僚で7年前に妻殺しの罪で逮捕・実刑判決を受けた小谷から電話が入ります。
小谷は刑期を終えて出所したばかりでした。小谷からの突然の電話に、古い記憶を呼び起こす田岡です。

「巡り逢う人びと」
岡田俊郎は、警察を辞めた後消費者金融に勤め、取立ての仕事をしています。
ある日、出勤途中で出会った元同僚から忠告を受けるのですが、それは岡田の会社が暴対法に抵触する可能性を示唆するものでした。

「父が来た道」
慎一郎は、かつて父親が長年後援会会長を務めていた政治家・佐多幸吉のお抱え運転手をしています。
父・信雄が4年前の総選挙で選挙違反を問われ有罪が確定すると、慎一郎は警察を依願退職します。佐多の運転手になったのは、後援会からの強い要請を断り切れなかったからでした。
半ば予想できたことでしたが、警察は慎一郎に佐多の情報を求めます。しかし、慎一郎が警察と内通していることは佐多も承知で、逆に利用していたのでした。

「地を這う虫」
沢田省三は、倉庫会社と薬品会社の警備員をかけもちしています。昼間は倉庫会社、夜間は薬品会社の間を行き来する生活が5年続いていました。
会社と会社の距離は300メートル。沢田は歩くルートを1ヶ月単位で決めて、計9通り設定したコースを9ケ月かけて50回ずつ歩くことを続けています。
道を歩きながら気がついた事を手帳に書き付けるのが、長い間の習慣になっていました。一辺300メートルの正方形の中で日々起こっている、小さな変化を沢田は見逃しません。

 

「地を這う虫」の冒頭、職場でお茶を飲もうとしたとき、沢田は足元のコンクリートを這う一匹のゲジゲジに気付き、こんなことを思います。
「蠕動運動をくりかえすばかりで進路が定まらないように見えはするが、実は自然の摂理で生きている虫に、自分の行き先が分からないということはない」
「こいつは本能に従って、こうして右へ左へと這い回っているに違いない。そこには、虫なりの秩序もあるはずだ」

もうひとつ、これはラストの場面。夫婦で喫茶店に入り、妻の加代子が注文したケーキを食べようとした時、彼女が小さな悲鳴を上げます。
スカートの膝から払い落とされた蟻が一匹、テーブルの脇の床を這っていました。靴先で払おうとした加代子の膝を省三はそっと押し退けて、こう言います。
「踏み潰さないでくれ」...「この虫はな、俺なんだ・・・なに。ただ歩いているのさ」

タイトルの由縁と収められた作品すべてを象徴する部分です。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


地を這う虫 (文春文庫)

◆高村 薫

1953年大阪市東住吉区生まれ、吹田市に在住。

同志社高等学校から国際基督教大学(ICU)へ進学、専攻はフランス文学。

作品 「マークスの山」「照柿」「レディ・ジョーカー」「太陽を曳く馬」「冷血」「リヴィエラを撃て」「黄金を抱いて翔べ」「わが手に拳銃を」「新リア王」「太陽を曳く馬」
「晴子情歌」「半眼訥訥」など多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『とかげ』(吉本ばなな)_書評という名の読書感想文

『とかげ』吉本 ばなな 新潮社 1993年4月20日発行 とかげ (新潮文庫) &nbs

記事を読む

『とにかくうちに帰ります』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『とにかくうちに帰ります』津村 記久子 新潮社 2012年2月25日発行 とにかくうちに帰りま

記事を読む

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷 逃亡刑事 単独で麻薬

記事を読む

『谷崎潤一郎犯罪小説集』(谷崎潤一郎)_書評という名の読書感想文

『谷崎潤一郎犯罪小説集』谷崎 潤一郎 集英社文庫 2007年12月20日第一刷 谷崎潤一郎犯罪

記事を読む

『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から人生かえてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年7月25日初版

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『月と蟹』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『月と蟹』道尾 秀介 文春文庫 2013年7月10日第一刷 月と蟹   海辺

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

『問いのない答え』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『問いのない答え』長嶋 有 文春文庫 2016年7月10日第一刷 問いのない答え (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑