『宰相A』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『宰相A』(田中慎弥), 作家別(た行), 書評(さ行), 田中慎弥

『宰相A』田中 慎弥 新潮文庫 2017年12月1日発行

揃いの国民服に身を包む金髪碧眼の「日本人」に、武力による平和実現の大義を説く黒髪の首相A。母の墓参に帰郷したはずが、「日本国」の違法侵入者として拘束された小説家Tは、主権を奪われた「旧日本人」の居留地に送られる。そこで自分と瓜二つの伝説の救国者Jの再来とみなされたTは、国家転覆を狙うレジスタンス闘争に巻き込まれていく。もう一つの日本に近未来の悪夢を映す問題作。(新潮文庫)

戦争の向こうにしか平和はない」 と宰相Aは吠え続けた。もう一つの「日本国」の悪夢を描く戦慄のディストピア小説

・・・・・・・ これではちょっと弱すぎる。

お前は日本人じゃない、旧日本人だ。そして我が国は今も世界中で戦争中なのだ! 小説の書けない作家Tが母の墓参りに向かっている途中で迷い込んだのは、国民は制服を着用し、平和的民主主義的戦争を行い、戦争こそ平和の基盤だと宰相Aが煽る「もう一つの日本」だった。作家Tは反体制運動のリーダーだと崇められ、日本軍との闘いに巻き込まれるが・・・・・・・。獰猛な想像力が現実を食い破る怪物的野心作! (アマゾン「内容紹介」より)

そう!  こんな感じ!!   こっちの方が断然伝わる。

獰猛な想像力」 が 「現実を食い破る」 って・・・・・・・、中々にない表現ですが、まあ騙されたと思って読んでみてください。

宰相Aとは、アドルフ・ヒトラー、あるいは安倍晋三。(がモデル!? )
小説の書けない作家Tは、(当然ながら)著者の田中慎弥。(がモデル!! )

では、(田中慎弥ではなく)田中慎弥らしき小説家と瓜二つの伝説の救国者、英雄のJとは?

※まるで間違った想像でしょうが、田中慎弥はこの小説を - ありったけの皮肉を込めて、狂気のように机に向かい、ちびた鉛筆でガリガリと音を立て、ウーウーと唸り声をあげながら、時に冷たく笑いもし、殴りつけるようにして書き上げた - そんな感じがします。

何をして田中慎弥はそこまで凶暴なのか? 彼の怨みつらみははるか地平の彼方、異次元の世界へと突き進むかのような勢いで、容赦もくそもない。

なのに、そこでも彼は「上手く小説が書けない自分」を嘆いてばかりで、小説家である自分からは一歩も外へ出ようとはしません。

そして、母。  彼の思うところは、結局はそこになる。

弱虫め。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆田中 慎弥
1972年山口県下関市生まれ。
山口県立下関中央工業高等学校卒業。

作品 「切れた鎖」「夜蜘蛛」「神様のいない日本シリーズ」「犬と鴉」「共喰い」「図書準備室」「実験」「燃える家」「孤独論/逃げよ、生きよ」など

関連記事

『しょうがの味は熱い』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『しょうがの味は熱い』綿矢 りさ 文春文庫 2015年5月10日第一刷 結婚という言葉を使わず

記事を読む

『整形美女』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『整形美女』姫野 カオルコ 光文社文庫 2015年5月20日初版 二十歳の繭村甲斐子は、大きな瞳と

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 クラスでは目

記事を読む

『正しい愛と理想の息子』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『正しい愛と理想の息子』寺地 はるな 光文社文庫 2021年11月20日初版1刷 物

記事を読む

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発行 三週間ほど

記事を読む

『十七八より』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『十七八より』乗代 雄介 講談社文庫 2022年1月14日 第1刷発行 注目の芥川賞候補作家

記事を読む

『純子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『純子』赤松 利市 双葉社 2019年7月21日第1刷 四国の辺鄙な里に生まれた純

記事を読む

『夜が暗いとはかぎらない』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『夜が暗いとはかぎらない』寺地 はるな ポプラ文庫 2021年6月5日第1刷 人助

記事を読む

『切羽へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『切羽へ』井上 荒野 新潮文庫 2010年11月1日発行 かつて炭鉱で栄えた離島で、小学校の養

記事を読む

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1刷 4月、精神

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑