『叩く』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『叩く』(高橋弘希), 作家別(た行), 書評(た行), 高橋弘希

『叩く』高橋 弘希 新潮社 2023年6月30日発行

芥川賞作家が贈る不穏な人生最新コレクション 闇バイトで押し入った家にとり残された男 - 俺の人生こんなことばっかり! 「おまえはいったい、おまえの人生をどうしたいんだ」 俺だけ損するだろこの展開!

易きに流れて人生に行き詰まり、闇バイトに手を染めた若者。押し入った不動産業者の家で老婆を縛り上げ、まんまと金を奪ったのだが - 目が覚めると彼を誘った男は金と共に姿を消していた。しかも覆面は外され、老婆に目撃される。不遇な過去を振り切るように、若者は包丁を手に老婆に近づく - 表題作の他、訳も分からず妻に去られた夫や、海に消えた父を待つ娘など、様々な 「隣の人生」 を収める作品集。(新潮社/いずれも 「新潮」 に掲載 「家」から改題)

[目次]
叩く
アジサイ
風力発電所
埋立地
海がふくれて

なぜか気になる作家の一人、高橋弘希の新刊 『叩く』 を読みました。「指の骨」 「送り火」 「日曜日の人々/サンデー・ピープル」 と、三冊読んでしばらく間が空いたのですが - まだまだ若い、そんな感じがします。この人に、私はえらく親近感を抱いています。

ミステリ小説ではあっさり人が殺されるが、殺人は動機があれば起こるわけではない。人間を刺し殺す、あるいは叩き殺すという行為はやはり異常である。佐藤は良心について 「くそくらえ」 と言う割には思い悩む。自分がどこにいるか、何をしたか、自分が何者か。垂れ流される佐藤の思考を辿ると、なんのことはない、「普通」 の若者の姿が浮かびあがる。人生がうまくいかず、人のせいにして、責任を取らない。甘い話にと飛びつき、安易な道に逃げ込む。誰にでも思い当たる節があるはずだ。作者が 「この若者はあなたかもしれない」 と指を突きつけてくる。(佐藤厚志/新潮社)

「アジサイ」 の田村は妻に出ていかれるのですが、その理由がさっぱりわかりません。「風力発電所」 の 「私」 は風力発電機を見に青森県六ケ所村を訪ねます。そこで発見したのは、風車機の根元に散らばる大量の鳥の羽と腐臭を放つ臓物でした。「埋立地」 は、ある日四人の少年が開発現場で謎の横穴を見つける、というもの。横穴の上部にはなぜか 「土」 という字がスプレーされています。

中で私は 「海がふくれて」 が好きで、これは東日本大震災で父が行方不明になったまま地元で暮らす娘の琴子の話。父が生きて帰ると信じ、琴子は硝子瓶に入れた父への手紙を海に投げ入れるのでした。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆高橋 弘希

1979年青森県十和田市生まれ。文教大学文学部卒業。

作品 「指の骨」「朝顔の日」「スイミングスクール」「送り火」「日曜日の人々/サンデー・ピープル」他

関連記事

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 専業主婦の小夜子は、ベンチャ

記事を読む

『雪の練習生』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『雪の練習生』多和田 葉子 新潮文庫 2023年10月5日 6刷 祝 National Bo

記事を読む

『蓮の数式』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『蓮の数式』遠田 潤子 中公文庫 2018年1月25日初版 35歳のそろばん塾講師・千穂は不妊治療

記事を読む

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村 深月 講談社 2009年9月14日第一刷 辻村深月がこの小説で

記事を読む

『冷血(上・下)』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『冷血(上・下)』高村 薫 朝日新聞社 2012年11月30日発行 2002年、クリスマス前夜

記事を読む

『これが私の優しさです』(谷川俊太郎)_書評という名の読書感想文

『これが私の優しさです』谷川 俊太郎 集英社文庫 1993年1月25日第一刷 1952年のデ

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 娘の緑子を連れて大阪から上京した

記事を読む

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』(丸山正樹)_書評という名の読書感想文

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』丸山 正樹 文春文庫 2015年8月10日第一刷 仕事と結

記事を読む

『月桃夜』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『月桃夜』遠田 潤子 新潮文庫 2015年12月1日発行 この世の終わりなら ふたりの全てが許され

記事を読む

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版 苦痛の果てに、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑