『ピンザの島』(ドリアン助川)_書評という名の読書感想文

『ピンザの島』ドリアン 助川 ポプラ文庫 2016年6月5日第一刷


ピンザの島

 

アルバイトで南の島を訪れた涼介は、「ピンザ」と呼ばれるヤギの乳でチーズをつくる夢を追い始める。だが、その挑戦は島のタブーにふれ、男衆の怒りを買ってしまう - 。敗北感にまみれたひとりの青年が、悪戦苦闘の果てに生存への突破口を見いだしていく、感動の力作長編。(ポプラ文庫より)

ふざけたペンネームの割には意外に(!?)ピュアな小説を書く人で、「僕は、読んでくれた人に何か救いになるテーマを見つけられないと、小説は書けないんです」などというコメントを読むと、なるほどこんな人がこんな話を書くのかと・・・・。

ドリアン助川という人は今のところ私にとってはそんな感じの人で、正直言ってそれ以上のことはよく知りません。たまたま読んだ『あん』がとても良かったので、これは何としても次を読まねばと思いこの本を買いました。

『あん』という小説を初めて読んだとき、私は泣くことも叶わず、それより先に胸を衝かれて只々怯んでばかりいたように思います。

とうの昔に完治しているハンセン病の元患者らに対する未だ変わらぬ偏見の理不尽さに唖然となり、残酷としか言いようのない、隠されたまま決して詳らかにはならない彼らの真実をどんなふうに受けとめたらいいのかが分からず、途方に暮れてばかりいました。

どら焼専門店「どら春」の雇われ店主・千太郎が拳を固くして慟哭する様子がたまらなく映り、どうすることもできない、しかし何かを発せずにはおけない彼の心情が分かり過ぎるくらいに分かってどうしようもありませんでした。

主人公の徳江は、多くを語ろうとしません。反り返ったまま元には戻らない指で黙々と「あん」を作る様子に、歳ほどに思われないきびきびとした姿に、彼女が生きた七十有余年のただ一度きりの晴れ舞台を見ているようでたまらなくなったのをよく覚えています。
・・・・・・・・・・
ピンザとは沖縄・宮古島の方言で、ヤギのことを言います。この小説は、自殺衝動を抱える青年(涼介)が、南の島(安布里列島に点在する島のひとつである安布里島。但し、物語上の架空の島です)で幻のチーズ作りに挑むという物語です。

著者曰く、「出生からトラウマを抱えた青年が自分の運命と闘ってゆく、というシンプルな設定」で、涼介が本土からはるか南にある孤島でヤギの乳を使って幻のチーズを作ろうとするには、過去に遡ってそれなりの訳があります。

彼の生い立ちや昔に味わった苦々しい出来事。それに関わる人や - 島にはかつて涼介の父と一緒にいて志しを同じくした、父の親友だったハシさんと呼ばれる男性がいます - 既に島にいる人々との交流や諍い。船で知り合い仲間となった若者らについて等々。

概ね、若い読者には受けが良いようです。激しく同感したというような感想もあります。一にも二にも涼介のストイックな様子と世を儚んでいるが故の真っ直ぐさが共感を呼び、感動を与えもするのでしょう。その感じは分からぬではないのですが・・・・、

ちょっばかり「あざとさ」が鼻に付くのは、私が歳を取っているからなのでしょうか。少なくとも『あん』ほどの出来には思えません。『あん』のときのような切実さが伝わってこないのです。伝えたいことは分かるのですが、たぶん話ができ過ぎていて、どこかしら上滑りしているように感じます。

これは、きっと私がオヤジだからだと思います。真正面から来られると、ちょっと気恥ずかしくなって及び腰になる。そんなことであるかも知れません。私のなかでは平均点ですが、これから読もうという(特に若い)みなさんは、全部忘れて読んでみてください。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


ピンザの島

 

◆ドリアン助川
1962年東京都生まれの神戸育ち。
早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒業。

作品 明川哲也の筆名で「メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか」「花鯛」など
ドリアン助川で「バカボンのパパと読む「老子」」「あん」「多摩川物語」他多数

関連記事

『犬婿入り』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『犬婿入り』多和田 葉子 講談社文庫 1998年10月15日第一刷 犬婿入り (講談社文庫)

記事を読む

『不愉快な本の続編』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『不愉快な本の続編』絲山 秋子 新潮文庫 2015年6月1日発行 不愉快な本の続編 &n

記事を読む

『氷平線』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『氷平線』桜木 紫乃 文春文庫 2012年4月10日第一刷 氷平線 (文春文庫) &nb

記事を読む

『ヘヴン』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ヘヴン』川上 未映子 講談社文庫 2012年5月15日第一刷 ヘヴン (講談社文庫)

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

『君は永遠にそいつらより若い』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『君は永遠にそいつらより若い』津村 記久子 筑摩書房 2005年11月10日初版 君は永遠にそ

記事を読む

『舞台』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『舞台』西 加奈子 講談社文庫 2017年1月13日第一刷 舞台 (講談社文庫) 太宰治『人

記事を読む

『パトロネ』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『パトロネ』藤野 可織 集英社文庫 2013年10月25日第一刷 パトロネ  

記事を読む

『ジニのパズル』(崔実/チェ・シル)_書評という名の読書感想文

『ジニのパズル』崔 実(チェ・シル) 講談社文庫 2019年3月15日第1刷 ジニのパズル

記事を読む

『ぼくは悪党になりたい』(笹生陽子)_書評という名の読書感想文

『ぼくは悪党になりたい』笹生 陽子 角川書店 2004年6月30日初版 ぼくは悪党になりたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑