『僕が殺した人と僕を殺した人』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山 彰良 文藝春秋 2017年5月10日第一刷


僕が殺した人と僕を殺した人

第69回 読売文学賞、第34回 織田作之助賞、第3回 渡辺淳一文学賞、受賞作品

本作には、少年たちの圧倒的な体温が満ちている。彼らは、単なる巧みさを超越した深みにまで、読み手を引きずり込んでゆく。とにかく、厳しい家庭環境の中、親しみ合い、時に反発し合いながら日々を送る、台湾での少年たちの描写が素晴らしい。(小川洋子)

物語の冒頭はこうです。

11歳のデューイ・コナーズがサックマンと出会ったのは、ウエスト7マイル・ロード沿いにあるシンマン・ピザの駐車場だった。2015年11月7日のことである。

- ひび割れた駐車場で男がなにやら組み立てていた。竹竿を器用に組みあわせ、見る間に大人の背丈ほどもある枠組みに仕上げていく。そこに緑色のサテン布が掛けられたとき、なにかの架台だとわかった。カーニヴァルに出る射的や輪投げの景品台に似ていた。サテン布には射幸心をくすぐるような赤い東洋文字が刺繍されていた。男が架台の上に小さな家をしつらえると、それが布の色と相まって、まるで緑の丘に建つ一軒家のように見えた。

男は、わたしは人形師なんだと言い、台湾から来たのだと言います。これは台湾の伝統的な人形劇で、布袋劇(ポウテヒ)といい、これから人形劇をやるんだと言います。

男が人形をすこし動かしてみせると、デューイの目は輝き、頬が上気します。少年は即座に、木彫りの人形がなにか大事なものを失って嘆き悲しんでいるのだとわかります。

11歳の少年の目には、人形と人形師の見分けがだんだんとつかなくなってゆきます。彼が思うに、これこそがあるべき世界の姿なんだと。人形と人形師は、いつの日か自分のもとに訪れるはずの魔法使いだったのだと。

デューイは、男に人形劇を手伝うことを申し出ます。まずはおばあちゃんにピザを届けなければと、少しの間待っていてと男に告げるなり、慌てるように駆け出して行きます。その後ろ姿をまぶしそうに見送る人形師の男 -

その男こそが 稀代の殺人鬼・サックマン で、彼はこの時点ですでに7人、それも少年ばかりを手にかけています。

デトロイトのまえはインディアナポリス、そのまえはアーカンソー州リトルロックで。哀れな少年たちを殺害したあと、いつも粗布の袋に入れていたことから、連邦警察に袋男(サックマン)という渾名をつけられています。

このあとデューイ少年は、すんでのところで難を逃れることになります。サックマンにより連れ去られようとしていたところを、ピザ屋の主人シドニー・ロマーノとたまたま勤務明けでビールを飲みに来ていたアレックス・セイヤー巡査部長の機転によるものでした。

サックマンは逃走しようとウエスト7マイル・ロードに飛び出したところを、出合い頭に車に撥ねられ、右の大腿骨を骨折し、あえなく逮捕されることとなります。

さて、- そして章の終わりがけ。

- わたしはここで九死に一生を得た少年の冒険譚を語ろうとしているわけではない。わたしはサックマン自身について話そうとしている。いまから30年前、わたしはサックマンを知っていた。

と、続きます。そして、時は遡り -

1984年。
わたしたちは13歳だった。あの年、阿剛(アガン)の家の榕樹(ガジュマル)がやたらと茂っていたのを、いまでもよく憶えている。

あの年の夏、台湾で、兄を亡くしたばかりのユン、牛肉麺屋のアガンと弟のダーダー、喧嘩っ早くて正義感の強いジェイ - 4人の少年の物語は、こうして幕を開けます。

 

この本を読んでみてください係数 90/100


僕が殺した人と僕を殺した人

◆東山 彰良
1968年台湾生まれ。本名は王震緒。
西南学院大学大学院経済学研究科修士課程修了。

作品「路傍」「ミスター・グッド・ドクターをさがして」「ブラックライダー」「逃亡作法」「ラブコメの法則」「流」他

関連記事

『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷 背中の蜘蛛 池袋署刑事

記事を読む

『盤上に散る』(塩田武士)_書評という名の読書感想文 

『盤上に散る』塩田 武士 講談社文庫 2019年1月16日第一刷 盤上に散る (講談社文庫)

記事を読む

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版 平場の月 五十歳の再会

記事を読む

『骨を彩る』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『骨を彩る』彩瀬 まる 幻冬舎文庫 2017年2月10日初版 骨を彩る (幻冬舎文庫) 十年

記事を読む

『ぼくは悪党になりたい』(笹生陽子)_書評という名の読書感想文

『ぼくは悪党になりたい』笹生 陽子 角川書店 2004年6月30日初版 ぼくは悪党になりたい

記事を読む

『花の鎖』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『花の鎖』湊 かなえ 文春文庫 2018年8月1日19刷 花の鎖 (文春文庫) 両親を亡くし

記事を読む

『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5刷 主よ、永遠の休息を

記事を読む

『透明な迷宮』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『透明な迷宮』平野 啓一郎 新潮文庫 2017年1月1日発行 透明な迷宮 (新潮文庫) 深夜

記事を読む

『偏愛読書館/つかみどころのない話』(林雄司)_書評という名の読書感想文

『偏愛読書館/つかみどころのない話』林 雄司 本の話WEB 2016年5月12日配信 http:/

記事を読む

『ぼっけえ、きょうてえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『ぼっけえ、きょうてえ』岩井 志麻子 角川書店 1999年10月30日初版 ぼっけえ、きょうて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑