『カラヴィンカ』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『カラヴィンカ』遠田 潤子 角川文庫 2017年10月25日初版


カラヴィンカ (角川文庫)

売れないギタリストの多聞は、音楽誌に穴埋めコラムを書いて生計を立てている。最近、離婚して、妻のつくった借金を抱えて困窮していた。ある日、彼のもとに仕事の依頼が入る。カリスマ的な人気歌手、実菓子のロングインタビューだった。義理と借金のためやむやく引き受けたものの、二人は幼い頃同じ家で育ち、しかも、多聞の亡父と亡兄はともに実菓子の夫であった。二人はかつて共に住んでいた田舎の家で再会し、インタビューを開始する。実菓子への憎悪と愛情という相反する二つの感情を抱えていた多聞だったが、実菓子は多聞の知らなかった過去を語りはじめた。かつて多聞の家とともに村の二大勢力と言われた実菓子の実家の忌まわしい過去。二人の母が突然姿を消した謎。実菓子が10歳の時に起こした冤罪事件と、二度の結婚の秘密。数々の出来事の裏に隠されていた凄惨な真実が解き明かされたとき、新たな事件が起こる - 。(「KADOKAWA」オフィシャルサイトより)

原題は、『鳴いて血を吐く』。 鳴いて血を吐くホトトギス。 実菓ちゃんなら、鳴いて血を吐く迦陵頻伽だな、と兄の不動は言った。でも、所詮は鳥なんだ。畜生なんだよ、と。

※ 迦陵頻伽(カラヴィンカ)とは、人頭鳥身の想像上の生き物のこと。極楽に棲み、この上もなく美しい声を持ち、仏の教えを説くといいます。

今頃、実菓子は父の下で鳴いて血を吐いているのだろうか。猪のような父に押し潰され、あえいでいるのだろうか。どんな声で鳴いているのだろうか。実菓子の吐く血はどんなに赤いだろうか・・・・・・・

兄が狂ったのは父が死んだ夜だけだった。父の葬儀が済むと、兄はすさまじい勢いで絵を描きはじめた。そして、まだ四十九日が済まないうちに、数枚の下描きを俺と実菓子に見せてくれた。どの絵も歌う実菓子だった。今度の実菓子は異形ではなく、普通の人間として描かれていた。だが、どれも圧倒的な存在感があった。

大きく開かれた唇、かすかにのぞいた舌、小さな白い歯、わずかに膨らんだ鼻、伸びた首筋、張り詰めた指先。からみつく髪。丸い乳房、砂丘のような下腹、そして深い陰のある谷。

その後、多聞の兄・不動と実菓子は、晴れて夫婦となります。(但:二人の結婚は事実婚。一度父と結婚した実菓子は、たとえ父が死のうと絶対に兄・不動とは結婚できません。法律上、直系姻族間の婚姻は固く禁止されています)

実は父・青鹿馨と実菓子の結婚は一日(一夜)限りで終わります。式の夜、二人は幾度もまぐわった末、馨は明け方近くに命を落とします。不動と実菓子が夫婦となったのは、それから一年後。しかし、それも長くは続きません。

数年後。蔵を改装し、不動は中で実菓子の絵を描くことに専念します。彼が描いたのは、実菓子を迦陵頻伽に見立てた、みごとなまでの曼荼羅絵。不動は遺した絵とともに蔵を閉じ、中で独り餓死したのでした。

多聞は涙を流れるままにして立ち上った。
「これは曼荼羅なのか?」 兄の遺した絵を見つめた。
「そう。迦陵頻伽だけの曼荼羅」
後ろで声がした。多聞はどきりとして振り向いた。扉のところに実菓子が立っていた。

「ここは不動が自分のためにつくった極楽」
光りを背にしているので、輪郭だけが見える。実菓子はゆっくりと蔵の中へと歩を進めた。
「そして・・・・・・・地獄」
実菓子は歌うように言うと、近づいてきた。

このとき多聞は、かつて起こった二つの事件の「嘘」に気付きます。兄も、実菓子も、母の奈津代も、実菓子の母・鏡子も、みなが嘘をついているのだと。

※辛く、耐え難い話ばかりが描かれています。旧村に残る因習や強烈な家父長制。虐待に次ぐ虐待と奔放な性の混淆。怨嗟、嫉妬、しがらみの果ての諦念。今と、今とは違う時代の空気が相まって、時に息がし辛くなります。それでも読むのを止められません。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


カラヴィンカ (角川文庫)

◆遠田 潤子
1966年大阪府生まれ。
関西大学文学部独逸文学科卒業。

作品 「月桃夜」「アンチェルの蝶」「お葬式」「あの日のあなた」「雪の鉄樹」「蓮の数式」「オブリヴィオン」他

関連記事

『奇貨』(松浦理英子)_書評という名の読書感想文

『奇貨』松浦 理英子 新潮文庫 2015年2月1日発行 奇貨 (新潮文庫)  

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (新潮文庫) (帯に) 芥

記事を読む

『劇団42歳♂』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『劇団42歳♂』田中 兆子 双葉社 2017年7月23日第一刷 劇団42歳&#x

記事を読む

『こちらあみ子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『こちらあみ子』今村 夏子 ちくま文庫 2014年6月10日第一刷 こちらあみ子 (ちくま文庫

記事を読む

『コンビニ人間』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『コンビニ人間』村田 沙耶香 文藝春秋 2016年7月30日第一刷 コンビニ人間 36歳未婚

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『恋に焦がれて吉田の上京』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『恋に焦がれて吉田の上京』朝倉 かすみ 新潮文庫 2015年10月1日発行 恋に焦がれて吉田の

記事を読む

『ワーカーズ・ダイジェスト』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ワーカーズ・ダイジェスト』津村 記久子 集英社 2011年3月30日第一刷 ワーカーズ・ダイ

記事を読む

『公園』(荻世いをら)_書評という名の読書感想文

『公園』荻世 いをら 河出書房新社 2006年11月30日初版 公園  

記事を読む

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12月1日発行 この世にたや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年1

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一

『地下街の雨』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『地下街の雨』宮部 みゆき 集英社文庫 2018年6月6日第55刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑