『強欲な羊』(美輪和音)_書評という名の読書感想文

『強欲な羊』美輪 和音 創元推理文庫 2020年4月17日7刷

第7回ミステリーズ! 新人賞受賞作 圧倒的イヤミス体験 私って少しだけ欲張りかしら・・・・・・・?

美しい姉妹が暮らすとある屋敷にやってきた 「わたくし」 が見たのは、対照的な性格の二人の間に起きた陰湿で邪悪な事件の数々。年々エスカレートし、ついには妹が姉を殺害してしまうが - 。その物語を滔々と語る 「わたくし」 の驚きの真意とは? 圧倒的な筆力で第7回ミステリーズ! 新人賞を受賞した 「強欲な羊」 に始まる “羊” たちの饗宴。企みと悪意に満ちた、五編収録の連作集。(創元推理文庫)

【目次】
強欲な羊
背徳の羊
眠れぬ夜の羊
ストックホルムの羊
生贄の羊

「強欲な羊」 は、とある屋敷で暮らす美しき姉妹のもとにやってきた 「わたくし」 の独白形式で語られていきます。気性が激しく独占欲が強い麻耶子と可憐で儚げな心優しい沙那子。二人が暮らす屋敷の中で起こる陰惨で邪悪な事件の数々。不穏な空気を予感させる冒頭に徐々に不協和音を被せていく、粘り着いたような筆致に引き込まれて、気がつけば息を止めながら文字を追ってしまいます。誰が羊で誰が狼なのか。読んでいくとなんとなく分かりそうなものですが、それが大いなる油断であったことを読後思い知ることになるでしょう。

本作はホラーというよりイヤミスの色合いが濃いと思われます。イヤミスとは 「読んだら嫌な気分になれる後味の悪いミステリ」 のことで近年活況といえるジャンルです。有名なところでは 『告白』(湊かなえ)、『ユリゴコロ』(沼田まほかる)、『殺人鬼フジコの衝動』(真梨幸子) などがそうでしょう。(後略)

しかし嫌な気分になって終わりでは優れたイヤミスとはいえません。やはり前述した作品はいずれも秀逸な謎解きやサプライズが盛り込まれています。もちろん我らが強欲な羊 も例外ではありません。イヤミスでは登場人物の狂気や愛憎、殺意といったダークサイドが、舐めてかかった読者に手痛いしっぺ返しを食らわせる伏線や小道具になります。

特に本作は登場人物の台詞や行動を注意深く読んでいくことをおすすめします。そして安易に信じたり決めつけたりしないことです。文中に仕込まれたトラップに気づいても油断は禁物です。そのトラップを避けた先に思いも寄らない別のトラップが仕掛けられているかもしれません。(七尾与史/解説より)

※これと “空気” がよく似た作品を、昔どこかで読んだことがあるような。(私には、ということですが) 少し懐かしい感じがします。

平均的な文庫と比べると、行間が狭く、文字はやや小さめで、ページ毎に文字がぎっしり詰まっています。読むのにちょっと苦労するかもしれません。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆美輪 和音
1966年東京都生まれ。
青山学院大学文学部卒業。

作品 大良美波子名義でテレビドラマ 「美少女H」 や、映画 「着信アリ」 などの脚本を手がける。2010年 「強欲な羊」 で第7回ミステリーズ! 新人賞を受賞し、小説家デビュー。

関連記事

『恋に焦がれて吉田の上京』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『恋に焦がれて吉田の上京』朝倉 かすみ 新潮文庫 2015年10月1日発行 恋に焦がれて吉田の

記事を読む

『ハコブネ』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『ハコブネ』村田 沙耶香 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 ハコブネ (集英社文庫)

記事を読む

『グラジオラスの耳』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『グラジオラスの耳』井上 荒野 光文社文庫 2003年1月20日初版 グラジオラスの耳

記事を読む

『孤独論/逃げよ、生きよ』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『孤独論/逃げよ、生きよ』田中 慎弥 徳間書店 2017年2月28日初版 孤独論 逃げよ、生き

記事を読む

『これからお祈りにいきます』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『これからお祈りにいきます』津村 記久子 角川文庫 2017年1月25日初版 これからお祈りに

記事を読む

『田舎の紳士服店のモデルの妻』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『田舎の紳士服店のモデルの妻』宮下 奈都 文春文庫 2013年6月10日第一刷 田舎の紳士服店

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版   携帯の

記事を読む

『人生相談。』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『人生相談。』真梨 幸子 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 人生相談。 (講談社文庫)

記事を読む

『カナリアは眠れない』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『カナリアは眠れない』近藤 史恵 祥伝社文庫 1999年7月20日初版 カナリヤは眠れない (

記事を読む

『カエルの楽園 2020』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園 2020』百田 尚樹 新潮文庫 2020年6月10日発行 カエルの楽園202

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『名前も呼べない』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『名前も呼べない』伊藤 朱里 ちくま文庫 2022年9月10日第1刷

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑