『アルテーミスの采配』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『アルテーミスの采配』真梨 幸子 幻冬舎文庫 2018年2月10日初版


アルテーミスの采配 (幻冬舎文庫)

出版社で働く派遣社員の倉本渚は、ある日AV女優連続不審死事件の容疑者が遺したルポ「アルテーミスの采配」を手にする。原稿は “僕は犯人ではない。本当の黒幕は” という告白の途中で終わっていた。好奇心のあまり調査を始める渚だったが、やがて原稿に張り巡らされた罠に気付く - 。一項目から無数の罠が読者を襲う、怒涛の一気読みミステリ。(幻冬舎文庫)

相変わらずの手の込みようです。最初、だからか話がよく見えません。AV嬢のする告白がどこに繋がっていくのか。彼女らの素性を炙り出し、これみよがしに記事にしようと企む裏側に、実はそれとは違う、別の “思惑” が潜んでいます。

言わずもがなですが、この人が書く話には容赦がありません。怨みつらみについての果てがない。まるで違う様子で近づいては、知らない内に貶める。気付いた時にはもうどうしようもない。あとは言いなりに、死を待つばかりの身となります。

アルテーミスとは、ギリシャ神話に登場する狩猟の女神、あるいは純潔を司る処女神。妊婦の守護神でもあるが、一方、突然の死をもたらす疫病の弓矢を持ち、生を与えながら、生を奪う。男女の性愛を嫌悪し、特に男性の性的な欲望に対して激しい怒りを持つ、残虐の女神のことをいいます。

では、この物語における疫病の弓矢とは何なのでしょう? - 読むと、それが徐々に明らかになってゆきます。

生を与えながら、生を奪うとは

ここで、あなたに質問です。  AV女優になるきっかけで一番多いのはなんだと思いますか? お金? それとも、自己表現? あるいは、単純にセックスが好きだったから?

(余計なことですが、もしもあなたがAV嬢であったとしたら、あなたはそれを極力隠そうとするはずです。偽名を使い、経歴を詐称し、容姿の一部を整形したりするかもしれません。)

次に、あなたがAV女優になったことで被るアクシデントにはどういったものが考えられるでしょう? 自分のことに限らず、他に何が予想されるかを想像してみてください。

(おそらくはそのほとんどが) なりたくてなったわけではない上に、さらに思いもしない事態が待ち受けている。- 幾人ものAV女優の、ここにはそれが書いてあります。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


アルテーミスの采配 (幻冬舎文庫)

◆真梨 幸子
1964年宮崎県生まれ。
多摩芸術学園映画科(現、多摩芸術大学映像演劇学科)卒業。

作品 「孤虫症」「えんじ色心中」「殺人鬼フジコの衝動」「お引っ越し」「女ともだち」「あの女」「みんな邪魔」「人生相談」他多数

関連記事

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『青が破れる』(町屋良平)_書評という名の読書感想文

『青が破れる』町屋 良平 河出書房新社 2016年11月30日初版 青が破れる この冬、彼女

記事を読む

『いのちの姿/完全版』(宮本輝)_書評という名の読書感想文

『いのちの姿/完全版』宮本 輝 集英社文庫 2017年10月25日第一刷 いのちの姿 完全版

記事を読む

『推定脅威』(未須本有生)_書評という名の読書感想文

『推定脅威』未須本 有生 文春文庫 2016年6月10日第一刷 推定脅威  

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 しろいろ

記事を読む

『回転木馬のデッド・ヒート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『回転木馬のデッド・ヒート』村上 春樹 講談社 1985年10月15日第一刷 回転木馬のデッド

記事を読む

『映画にまつわるXについて』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『映画にまつわるXについて』西川 美和 実業之日本社文庫 2015年8月15日初版 映画にまつ

記事を読む

『異類婚姻譚』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『異類婚姻譚』本谷 有希子 講談社 2016年1月20日初版 異類婚姻譚  

記事を読む

『誰かが足りない』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『誰かが足りない』宮下 奈都 双葉文庫 2014年10月19日第一刷 誰かが足りない (双葉文

記事を読む

『消滅世界』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『消滅世界』村田 沙耶香 河出文庫 2018年7月20日初版 消滅世界 (河出文庫) 世界大

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『四十回のまばたき』(重松清)_書評という名の読書感想文

『四十回のまばたき』重松 清 幻冬舎文庫 2018年7月25日18版

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑