『太陽のパスタ、豆のスープ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下 奈都 集英社文庫 2013年1月25日第一刷


太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

結婚式直前に突然婚約を解消されてしまった明日羽(あすわ)。失意のどん底にいる彼女に、叔母のロッカさんが提案したのは “ドリフターズ・リスト” の作成だった。自分はこれまで悔いなく過ごしてきたか。相手の意見やその場の空気に流されていなかっただろうか。自分の心を見つめ直すことで明日羽は少しずつ成長してゆく。自らの気持ちに正直に生きたいと願う全ての人々におくる感動の物語。(集英社文庫)

もうずっと自分に自信を持てないでいる。もうずっとというのがどれくらいずっとなのか、思い起こそうとすると頭が痛くなるくらいだ。熱中症の後遺症なんかじゃない。自信なんて生まれた頃から持ったことがなかった気がする。

何かでいちばんになるとか、目立つとかいったことがぜんぜんなかった。勉強も運動も容姿も並だ。自分に対しての評価は大概甘くなるというから、自分で並だと思っていたということは実際には並よりちょっと下だったのかもしれない(P155) - と、嘆き悲しんでいる貴女。

この小説は、貴女にこそ読んでほしいと思う一冊です。

(その「象徴」がタイトルの)本作は、結婚直前に婚約を破棄された20代後半の女性が、ドリフターズ・リストという自分のやりたいことを書いたリストを作成し、その内容を実行していくことで、浮き沈みしながらも自信を取り戻していく - という物語です。

主人公のあすわは、婚約し、いざ結婚という間際に及んで、最愛の人と信じた譲から破談の申し入れを受けます。天国から地獄、全ては暗転し、たちまちに彼女は人生の「漂流者」となります。その時の彼女の心境はというと -

譲さんがいなくなってみてよくわかった。並んで歩くはずの人が消えるということは、並んで歩いていくはずの道も消えるということだ。私はどっちに足を踏み出していいのかさえわからないでいる。あたりまえだ。結婚によりかかって歩いていたのだから。

しかし、今ならどうか。元の道に戻してあげようかと聞かれたら、私はうなずくだろうか。あんなにしっかりとしていたはずの道が、今は跡形もない。その先に何があるのか、足もとの土はぬかるんでいないか、すぐそこに穴が開いてるんじゃないか。そんなことを考えもしなかった。気がつけば、道のないところにひとり佇んでいる。(P149)

この(最悪で絶望の)状況から、あすわは抜け出すことができるのか? できたとするなら、それは何がきっかけだったのか? 何があって彼女は立ち直ることができたのか・・・・・・・?

この小説には、その、ほんのささいなきっかけの、しかし往々に見過ごしてしまいかねない日々の営みの、あたりまえといえばあたりまえのことが綴られています。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

◆宮下 奈都
1967年福井県生まれ。
上智大学文学部哲学科卒業。

作品 「静かな雨」「スコーレNO.4」「遠くの声に耳を澄ませて」「田舎の紳士服店のモデルの妻」「メロディ・フェア」「誰かが足りない」「ふたつのしるし」「羊と鋼の森」他多数

関連記事

『お引っ越し』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『お引っ越し』真梨 幸子 角川文庫 2017年11月25日初版 お引っ越し 内見したマンショ

記事を読む

『星々の悲しみ』(宮本輝)_書評という名の読書感想文

『星々の悲しみ』宮本 輝 文春文庫 2008年8月10日新装版第一刷 星々の悲しみ (文春文庫

記事を読む

『風の歌を聴け』(村上春樹)_書評という名の読書感想文(書評その2)

『風の歌を聴け』(書評その2)村上 春樹 講談社 1979年7月25日第一刷 風の歌を聴け (

記事を読む

『アルテーミスの采配』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『アルテーミスの采配』真梨 幸子 幻冬舎文庫 2018年2月10日初版 アルテーミスの采配 (

記事を読む

『妻が椎茸だったころ』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『妻が椎茸だったころ』中島 京子 講談社文庫 2016年12月15日第一刷 妻が椎茸だったころ

記事を読む

『69 sixty nine』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『69 sixty nine』村上 龍 集英社 1987年8月10日第一刷 69 sixty

記事を読む

『職業としての小説家』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『職業としての小説家』村上 春樹 新潮文庫 2016年10月1日発行 職業としての小説家 (新

記事を読む

『デッドエンドの思い出』(よしもとばなな)_書評という名の読書感想文

『デッドエンドの思い出』よしもと ばなな 文春文庫 2006年7月10日第一刷 デッドエンドの

記事を読む

『生きてるだけで、愛。』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『生きてるだけで、愛。』本谷 有希子 新潮文庫 2009年3月1日発行 生きてるだけで、愛。

記事を読む

『すべての男は消耗品である』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『すべての男は消耗品である』村上 龍 KKベストセラーズ 1987年8月1日初版 すべての男は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『四十回のまばたき』(重松清)_書評という名の読書感想文

『四十回のまばたき』重松 清 幻冬舎文庫 2018年7月25日18版

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑