『D R Y』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『D R Y』(原田ひ香), 作家別(は行), 原田ひ香, 書評(た行)

『D R Y』原田 ひ香 光文社文庫 2022年12月20日初版第1刷発行

お金がない。どこにもゆけない。貧困のどんづまりで、私たちは一線を越えた。

三千円の使いかたの次に、原田ひ香が女とお金と生き方を見つめた衝撃作! 女たちはずるずると堕ちていく。そして戦慄の秘密が暴かれる = 。

離婚し子供たちと引き離され、金銭的に困窮した藍は、祖母と母のいる実家に戻る。生活力もなく喧嘩の絶えない藍たちに手を差し伸べたのは、隣に住む美代子だった。祖父を介護して暮らしているという美代子に助けられ親しくなるうち、彼女のある秘密が知れる・・・・・・・。貧困、ケア、孤独。背負わされる業と役割に、女たちはどう抗えるというのか。迫真と驚愕の犯罪小説。(光文社文庫)

大ヒットとなり、おそらく今も売れ続けているであろう 『三千円の使いかた』 の作家とは、とても思えません。三千円の下の下 - 今日明日の暮らしに追われ、未来らしい未来が描けぬままに、善と悪の間を行き来する人の (女の) 話が書いてあります。

原田ひ香の走り抜けるように読めてしまう文体が、私たちに物語の背景にある ケアの闇の奥 のそのまた奥を、垣間見る力を与えてくれる。なので、読後の残響が、深く大きい。

ヒロイン・藍は、三十三歳。モラハラ気味の夫・章雄や、藍を 「実家が貧乏な子」 と蔑む義父母にストレスを感じ、さらには夫の浮気に悩まされて、パート先の事務用品のリース会社の上司・高柳と不倫関係になってしまう。

不貞を盾に取られ、藍は子供二人の親権も夫に取られ、狭いアパートに一人引っ越して、かつかつの生活を送る。子供たち二人に会っても、おそらくは夫や義父母に都合の良いことばかり吹き込まれたのか、そっけなくされる。

そんな彼女が、実母が祖母を刺して留置所に送られたと連絡を受け、実家に引き戻されていく。いがみあう五十八歳の母・孝子と八十歳の祖母・ヤスのののしり合いは、読んでいてとても暗い気分になる。

孝子の夫で藍の父は、藍が生まれる前にどこかにいなくなったという。孝子は奔放で、恋人を次々と代える。終盤、生活保護を受けるよう藍にうながされても、男と付き合えなくなるからと受給を渋るような女性である。ヤスは、貧乏暮らしが骨の髄まで染みついていて、ひたすらがめつい。

本作は、貧困な人が自ら置かれた悲惨な状況に対し、何らかの抵抗や転覆の契機をもたない点が、ひたすら 「リアル」 である。貧困者の問題の根底には、自分たちの貧困について客観的に理解することができないという 「認識の貧困」 があるからだ。

舞台設定も、絶妙である。JR横浜線の、町田と八王子の間の、おそらくは相模原市内のどこかにある、うら寂れた五軒の家が寄り添い合った 「袋小路の家」。それが、藍の実家だ。(解説より)

自力で大学に進学し、結婚して二人の子どもに恵まれて・・・・・・・とそこまでは、苦労はあったものの、まだ “世間並み” ではあったわけです。貧しく恵まれない環境にあって、それでも藍は頑張ったのでした。

藍は、実家で暮らす母と祖母の面倒を、本当に看る必要があったのでしょうか? 家は借家で、母の孝子は自分本位で奔放で、どこでどんな仕事をし、どれほど稼いでいるかはわかりません。五十八歳の今も、どこの誰ともわからぬ男にうつつを抜かしています。

祖母のヤスは口やかましく見栄っ張りで、外面だけがいい老人で、他人には金で苦労したことがないなどと言いふらしています。そのくせケチでがめつく、実のところは、月に受け取る年金はわずか4万円ばかりのことでした。

二人の生活は、基本体を成していません。藍が戻ってきたのを幸いに、家事は概ね彼女に任せ、自分たちは思うままに日を過ごし、平気なふりをしています。藍には感謝の言葉一つもなく、さも当然のようにあれこれ命じては、時に小金をせびります。

離れて暮らす子供たちと一日も早く一緒に暮らしたい。これからの人生を立て直すために、自分は今何を為すべきか - 藍には、それを考える時間の余裕がありません。

そんな時でした。隣で暮らす美代子に声をかけられたのは。親しくする中で、やがて藍は、祖父の介護に明け暮れているとばかり思っていた美代子の、別の顔を知ることになります。それは悍ましくも切ない、美代子ならではの、生きる上での “決断” でもありました。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆原田 ひ香
1970年神奈川県生まれ。東京都杉並区在住。
大妻女子大学文学部日本文学科卒業。

作品 「三千円の使いかた」「はじまらないティータイム」「三人屋」シリーズ 他多数

関連記事

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』(丸山正樹)_書評という名の読書感想文

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』丸山 正樹 文春文庫 2015年8月10日第一刷 仕事と結

記事を読む

『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版 村上春樹の初めての短

記事を読む

『誰かが見ている』(宮西真冬)_書評という名の読書感想文

『誰かが見ている』宮西 真冬 講談社文庫 2021年2月16日第1刷 問題児の夏紀

記事を読む

『とにかくうちに帰ります』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『とにかくうちに帰ります』津村 記久子 新潮社 2012年2月25日発行 「家に帰る以上の価

記事を読む

『翼がなくても』(中山七里)_ミステリーの先にある感動をあなたに

『翼がなくても』中山 七里 双葉文庫 2019年12月15日第1刷 陸上200m走

記事を読む

『図書室』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『図書室』岸 政彦 新潮社 2019年6月25日発行 あの冬の日、大阪・淀川の岸辺で

記事を読む

『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5刷 「名無し少

記事を読む

『三千円の使いかた』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

『三千円の使いかた』原田 ひ香 中公文庫 2021年8月25日初版 知識が深まり、

記事を読む

『整形美女』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『整形美女』姫野 カオルコ 光文社文庫 2015年5月20日初版 二十歳の繭村甲斐子は、大きな瞳と

記事を読む

『盗まれた顔』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『盗まれた顔』羽田 圭介 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 警視庁捜査共助課の白戸は指名

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑