『妖の掟』(誉田哲也)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『妖の掟』(誉田哲也), 作家別(は行), 書評(あ行), 誉田哲也

『妖の掟』誉田 哲也 文春文庫 2022年12月10日第1刷

ヤクザ×警察×吸血鬼 誉田哲也史上、最強のヒロイン・紅鈴 原点妖の華再び。ノワール×ホラー炸裂!

時代を越えて生きる一族、闇神 (やがみ) の紅鈴と欣治。ある夜、暴行されていた情報屋の圭一を助けたことから親しくなる。圭一の仕事を手伝ううち、大和会系組長三人殺しに関わることに。一方、紅鈴たちに忍び寄る影もあり・・・・・・・。闇夜にヤクザと警察とこの世ならぬものが入り乱れる。誉田ワールド全開、傑作ノワール! (文春文庫)


① あやしい。あやしげな。また、もののけ。
② なまめかしい。あでやか。
③ わざわい。

紅鈴|四百年生き続ける不老不死の吸血鬼・闇神。歳は二十歳そこそこで、極めて美形。
欣治|紅鈴が 「血分け」 した唯一人の男。闇神となって二百年。二人は無二のパートナーである。
圭一|ひょんなことから、紅鈴と欣治と同居することに。物語は、圭一がする仕事が困難を極め、それを見かねた紅鈴と欣治が手助けするというところから始まります。闇神である二人にしてみれば、圭一が悩むそれは、いともたやすい事でした。

なんと十七年ぶりのシリーズ二作目である。
誉田哲也は二〇〇三年、『ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華』 (学習研究社) でデビュー。四百年生き続ける日本古来の吸血鬼 「闇神」 を主軸にした伝奇ホラーであるとともに、刑事たちが闇神に殺された不可思議な死体の真相究明に奔走する警察小説でもある。七年後の二〇一〇年に、大幅な加筆・改稿を施し 『妖の華』 として文春文庫入りした。
本書はその 『妖の華』 の三年前を描いた前日譚である。

四百年生きる紅鈴と、闇神になって二百年の欣治は、ヤクザに袋叩きに遭っている辰巳圭一を助ける。ちょうど住む場所を探しているところだったふたりは、半ば恩を着せるような形で圭一の部屋に同居するようになった。

圭一はヤクザからの依頼で敵対組織に盗聴器を仕掛けるなどの仕事をしていたが、ある日、銃もナイフも使わずに組長三人を殺せるヒットマンを手配しろという無茶苦茶な命令を受ける。逆らえば殺される。そんな圭一に、紅鈴と欣治はまさに自分たちにうってつけだと腰を上げるのだが - 。

ヤクザの抗争に巻き込まれ、さらには紅鈴と欣治の正体を知る何者かも動き出す。欣治はなぜ闇神になったのか。『妖の華』 ではすでに死んでいた欣治にいったい何が起きたのか。それらの謎が解かれると同時に、闇神とは何なのかという存在そのものの謎へも切り込んでいく。(解説より)

武闘派ヤクザの組長・藤田からの要求は無理で無謀で、圭一には端から不可能に思われました。案の定、探せどそんな仕事を引き受けようなどという人物は現れず、万が一見つからなければ、今度は圭一が痛い目に遭います。殺されるかもしれません。

絶望し、遂には欣治と紅鈴に自分がいま置かれている窮状を白状した圭一は、それでも、今や “親友” のような存在になりつつある二人に対し、三人もの人間を殺してほしいなどとは口が裂けても言えません。

彼は人が好く、また、闇神が持つ能力を大きく見誤っていました。恐縮しきりの圭一に、

面白そうじゃん。あたしらが一番得意な仕事かもしんないよ。生身の人間には不可能な殺し方をすればいいんだから

さも何でもなさそうに、紅鈴はそう言ったのでした。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆誉田 哲也
1969年東京都生まれ。
学習院大学経済学部経営学科卒業。

作品 「妖の華」「アクセス」「ストロベリーナイト」「ハング」「あなたが愛した記憶」「背中の蜘蛛」「主よ、永遠の休息を」「レイジ」他多数

関連記事

『おれたちの歌をうたえ』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『おれたちの歌をうたえ』呉 勝浩 文春文庫 2023年8月10日第1刷 四人の少年と、ひとり

記事を読む

『赤と白』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『赤と白』櫛木 理宇 集英社文庫 2015年12月25日第一刷 冬はどこまでも白い雪が降り積もり、

記事を読む

『ウエストウイング』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ウエストウイング』津村 記久子 朝日文庫 2017年8月30日第一刷 女性事務員ネゴロ、塾通いの

記事を読む

『おるすばん』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『おるすばん』最東 対地 角川ホラー文庫 2019年9月25日初版 絶対にドアを開

記事を読む

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 原っぱにいたよ、風に吹かれていた、年甲斐

記事を読む

『雨の中の涙のように』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『雨の中の涙のように』遠田 潤子 光文社文庫 2023年8月20日初版第1刷発行

記事を読む

『蟻の棲み家』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『蟻の棲み家』望月 諒子 新潮文庫 2021年11月1日発行 誰にも愛されない女が

記事を読む

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版 苦痛の果てに、

記事を読む

『Blue/ブルー』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『Blue/ブルー』葉真中 顕 光文社文庫 2022年2月20日初版1刷 ※本作は書

記事を読む

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年11月30日初版

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑