『罪の余白』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『罪の余白』芦沢 央 角川文庫 2015年4月25日初版


罪の余白 (角川文庫)

どうしよう、お父さん、わたし、死んでしまう - 。安藤の娘、加奈が学校で転落死した。「全然悩んでいるようには見えなかった」。クラスメートからの手紙を受け取った安藤の心に、娘が死を選んだ本当の理由が知りたい、という思いが強く芽生える。安藤の家を弔問に訪れた少女、娘の日記を探す安藤。二人が出遭った時、悪魔の心が蠢き出す・・・・・・・。女子高生達の罪深い遊戯、娘を思う父の暴走する心を、サスペンスフルに描く! (角川文庫)

第3回野性時代フロンティア文学賞受賞作

名門女子校に通う娘・加奈を転落事故で亡くした行動心理学者・安藤聡が、真相を追って娘のクラスメート・木場咲(きば・さき)に接触。すると、学園の頂点に君臨し、目的のためには手段を選ばない咲の邪悪な本性を目の当たりにしていく - というお話。

読んだ感想はというとこれが実に微妙で、鋭くもあるのですが、ときに鈍重で、いまいち盛り上がりません。咲はいいのですが、安藤がやや諄い。気持ちはわかるのですが、それはなるだけ別の言葉で書いて欲しかった。彼には、できれば問答無用に殺して欲しかった。

ベタ(闘魚)、ダブルバインド、夏目漱石の 『こころ』 と カプグラ症候群・・・・・・・等々

何かの象徴、特異な心の在りようを示そうとするこれら一連の引用は、実は大して意味を成しません。必要とは思えず、むしろ無駄ではないかと。そんな感じがします。

ちなみに(プロが言うには)、

野性時代フロンティア文学賞の選評で小説家の池上永一は、「娘をいじめ事故死に追い込まれた父の復讐は湊かなえの 『告白』 と被る部分はあるが、手札の豊富さで読者を飽きさせない。特に 「悪意」 に対しての描写は秀逸で、女子のスクールカーストの構造は興味深い」と評価しながらも、

作品全体については「手札のダブつきも感じ、物語のうねりよりも先に作者がカードを切ってしまい、微妙にテンポがずれている」と述べた。美しい描写だったせっかくのベタは本筋に深く投影されておらず、早苗もやはり生かし切れていなかった」とテクニック不足を指摘。受賞は「作品から湧き上がってくる熱意」「この著者の只事ではないエネルギーを感じた」と、作者への期待によるものが大きいことが述べられている。(wikipediaより) - とのこと。

※大傑作でも超おススメでもありません。が、思春期の女子高生の生き辛さ、ややこしさは、とてもよくわかります。よろしければ読んでみてください。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


罪の余白 (角川文庫)

◆芦沢 央
1984年東京都生まれ。
千葉大学文学部史学科卒業。

作品 「悪いものが、来ませんように」「今だけのあの子」「いつかの人質」「許されようとは思いません」など

関連記事

『ロゴスの市』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ロゴスの市』乙川 優三郎 徳間書店 2015年11月30日初版 ロゴスの市 (文芸書) 至

記事を読む

『阿蘭陀西鶴』(朝井まかて)_書評という名の読書感想文

『阿蘭陀西鶴』朝井 まかて 講談社文庫 2016年11月15日第一刷 阿蘭陀西鶴 (講談社文庫

記事を読む

『ぼくとおれ』(朝倉かすみ)_たったひとつの選択が人生を変える。ってかあ!?

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ 実業之日本社文庫 2020年2月15日初版 ぼくとおれ (実業之

記事を読む

『EPITAPH東京』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『EPITAPH東京』恩田 陸 朝日文庫 2018年4月30日第一刷 EPITAPH東京 (朝

記事を読む

『誰かが足りない』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『誰かが足りない』宮下 奈都 双葉文庫 2014年10月19日第一刷 誰かが足りない (双葉文

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

『ボダ子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『ボダ子』赤松 利市 新潮社 2019年4月20日発行 ボダ子 あらゆる共感を拒絶する

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 さまよえる脳髄 (集英社

記事を読む

『月と雷』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『月と雷』角田 光代 中央公論新社 2012年7月10日初版 月と雷 (中公文庫) &n

記事を読む

『八月の路上に捨てる』(伊藤たかみ)_書評という名の読書感想文

『八月の路上に捨てる』伊藤 たかみ 文芸春秋 2006年8月30日第一刷 八月の路上に捨てる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑