『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹)_ぼくたちの内なる “廃墟” とは?

『神の子どもたちはみな踊る』村上 春樹 新潮文庫 2019年11月15日33刷

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる・・・・・・・。大地は裂けた。神は、いないのかも知れない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた - 。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。(新潮文庫)

[目次]
1.UFOが釧路に降りる
2.アイロンのある風景
3.神の子どもたちはみな踊る
4.タイランド
5.かえるくん、東京を救う
6.蜂蜜パイ

副題に ” after the quake” とあります。東日本大震災のことではありません。それより前に起こった阪神・淡路大震災の、後の世界の様子が綴られています。

但し、著者が村上春樹となれば一筋縄ではいきません。それは百も承知で - 事が事だけに途中で投げ出すわけにもいかず - わからぬなりにとにかく全部読みました。

震災の前と後では何かが確実に違う - それはわかるのですが、では 「書いてあることの一々がきっちり腑に落ちる」 かというと、恥ずかしながら、胸を張って 「はい」 とは言えません。私如きの並みの想像力では如何ともし難いものがあります。

(たぶん、本当はこんな読み方をしてはいけないのでしょう。語られていることのエッセンスと伝えたいもののニュアンスこそを感じるべきなのに、おそらくそうではない、違う点ばかりが気になります)

UFOと大震災の間には、何か因果関係があるのでしょうか? 舞台を震源地から遙か遠くの釧路にしたのは、どんな理由からなのでしょう。

「アイロンがアイロンじゃない」 としたら、「アイロンが部屋に置いてある」 だけの絵にどんな意味があるのでしょう? アイロンは、何の (誰の) 身代わりなのでしょう。

神の子どもたちがみな踊るのは - 、東京を救うのが “かえるくん” なのは - 、なぜなんでしょう? 思わず踊り出してしまう理由は、かえるくんでなくてはならないわけは、何なのでしょう。

蜂蜜パイ:主人公を敢えて著者の来歴に近付けたのは、きっと 「神戸」 のことが書きたかったに違いありません。遠く離れた故郷のことを書いたのは、そこが限りなく震源地に近かったこと。そして、かつて過ごした学生の頃の話を書いたのは、続けて発生した 「地下鉄サリン事件」 と震災が繋がっていると感じ取ったからでしょう。二つは、先の世界を確実に “暗示” しているのだと。

(この小説は) 2000年2月、新潮社より刊行された。「地震のあとで」 という副題付きで 『新潮』 に掲載された5編の短編と、書き下ろし短編1編を収録している。2002年2月に新潮文庫として文庫化された。(以下略)

本書の登場人物達は皆1995年1月に発生した阪神・淡路大震災に間接的に関わっている。また村上は 「解題」 において同年3月にオウム真理教が引き起こした地下鉄サリン事件との関連にも触れており、この短篇集では以後の作品に出てくる 「ある種の圧倒的な暴力」 の片鱗を描いているという。

ドストエフスキーの 『悪霊』 の一節 (江川卓訳) と、ジャン=リュック・ゴダールの映画 『気狂いピエロ』 の一節がエピグラフに引用されている。(以下略/wikipedia参照)

誰もが想像もしなかった大惨事が立て続けに起こり、等しく人は思うようになります。その現実に、「神はいるのだろうか」 と。今まで生きた道程に、神はいたのだろうかと。そう考えた結果、できた小説ではないかと。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆村上 春樹
1949年京都府京都市伏見区生まれ。兵庫県西宮市、芦屋市で育つ。
早稲田大学第一文学部演劇科卒業。

作品 「風の歌を聴け」「羊をそめぐる冒険」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「女のいない男たち」他多数

関連記事

『君は永遠にそいつらより若い』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『君は永遠にそいつらより若い』津村 記久子 筑摩書房 2005年11月10日初版 この小説は、津

記事を読む

『吉祥寺の朝日奈くん』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『吉祥寺の朝日奈くん』中田 永一 祥伝社文庫 2012年12月20日第一刷 彼女の名前は、上から読

記事を読む

『検事の本懐』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の本懐』柚月 裕子 角川文庫 2018年9月5日3刷 ガレージや車が燃やされ

記事を読む

『鏡じかけの夢』(秋吉理香子)_書評という名の読書感想文

『鏡じかけの夢』秋吉 理香子 新潮文庫 2021年6月1日発行 「このゾクゾクがた

記事を読む

『ブータン、これでいいのだ』(御手洗瑞子)_書評という名の読書感想文

『ブータン、これでいいのだ』御手洗 瑞子 新潮文庫 2016年6月1日発行 クリーニングに出し

記事を読む

『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『逆ソクラテス』伊坂 幸太郎 集英社文庫 2023年6月25日第1刷 僕たちは、逆

記事を読む

『後悔病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『後悔病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2017年4月11日初版 33歳の医師・早坂ルミ子は末期のがん

記事を読む

『地球星人』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『地球星人』村田 沙耶香 新潮文庫 2021年4月1日発行 恋愛や生殖を強制する世

記事を読む

『彼女が最後に見たものは』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『彼女が最後に見たものは』まさき としか 小学館文庫 2021年12月12日初版第1刷

記事を読む

『いけない』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『いけない』道尾 秀介 文春文庫 2022年8月10日第1刷 ★ラスト1ページです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑