『憧れの作家は人間じゃありませんでした』(澤村御影)_書評という名の読書感想文

『憧れの作家は人間じゃありませんでした』澤村 御影 角川文庫 2017年4月25日初版


憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)

今どき流行りの、軽いタッチのコメディー&ミステリー。魔が差して買ってみました。

“おじさん” は途中で止めるかも、と思いつつ読み出したのですが、(あり得ない設定ではありながら) これがなかなかに面白い。売れているのがわかります。

文芸編集者2年目の瀬名あさひは、憧れの作家で覆面作家でもある、御崎禅の担当となる。御崎禅の担当には三つの注意事項があり、「昼間は連絡しない」「銀製品は身につけない」「警察には気をつけろ」とのことだった。あさひと御崎禅は共に映画好きで意気投合するが、実は御崎禅は吸血鬼であり、人外の存在が起こした事件について、警察に捜査協力しているとのことだった。

警察の捜査よりも新作原稿を書いてもらいたいあさひは、警視庁の林原夏樹刑事が持ってくる事件を、御崎禅と共に解決していくことになる。座敷童が誘拐されたり、黒い犬のお化けが出たり、吸血鬼によると思われる事件が起きたりと、様々な事件が持ち込まれる中、あさひはやがて、御崎禅がかつては人間であったこと、そしてそこに秘められた悲しい過去を知っていく。(角川書店)

◎メインキャスト
瀬名あさひ(せな・あさひ)
希央社入社2年目の文芸編集担当者。あがり症。いつも前向きで一生懸命。重度の映画オタク。憧れの作家、御崎禅の担当をすることに。

御崎禅(みさき・ぜん)
幻想恋愛小説家。経歴、顔、性別、年齢を一切オープンにしていない。が、実は吸血鬼。人外が起こした事件に関して、警視庁に協力している。

林原夏樹(はやしばら・なつき)
警視庁捜査一課異質事件捜査係の刑事。人外が関与する事件、及びその関与が疑われる事件が起きた際、御崎協力の下、秘密裏にそれを処理している。

「憧れの作家は人間じゃありませんでした」シリーズ第一作(この本のこと。実は「シリーズ2」「シリーズ3」が既に発売されています)の目次

第一章 座敷童誘拐事件 - 憧れの作家は人間じゃありませんでした -
大ファンだった御崎禅の担当になったあさひ。初の仕事は、夏樹と共に向かった政治家の家。ずっと棲んでいた座敷童がいなくなったので探して欲しいと言われたが・・・・・・・。

第二章 黒い犬事件 - 彼はずっと待っていたのです -
井の頭公園に出た犬の化け物。正体を突き止めに、御崎たちは向かうことに。

第三章 女子大生監禁吸血事件 - 彼が人でなくなった理由 -
世田谷の路上で女子大生が事故死した。解剖の結果、生前に大量の血が抜かれていた。重要参考人として御崎禅が捕まってしまう。あさひは御崎禅を助けられるのか。

ただ面白いというだけではなく、おそらくは若い人にとっては、何がしか自分の人生と照らし合わせて読むような - 特にあさひと同じ女性には - そんな気にもなるのでしょう。自分も彼女みたいになれそうな、夏樹と似た人物にめぐり逢えそうな、そんな気持ちになって元気が出るのだと思います。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


憧れの作家は人間じゃありませんでした (角川文庫)

◆澤村 御影
神奈川県横浜市生まれ。女性。

作品 「吸血鬼と映画を - 憧れの作家は人間じゃありませんでした -」 で第2回角川文庫キャラクター小説大賞 《大賞》 を受賞してデビュー。

関連記事

『臣女(おみおんな)』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『臣女(おみおんな)』吉村 萬壱 徳間文庫 2016年9月15日初版 臣女 (徳間文庫) 夫

記事を読む

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 ゼツメツ少年 (新潮文庫)

記事を読む

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行 おもかげ (講談社文庫)

記事を読む

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷 幸せのプチ (文春文庫)

記事を読む

『いちばん悲しい』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『いちばん悲しい』まさき としか 光文社文庫 2019年10月20日初版 いちばん悲しい (

記事を読む

『あなたが消えた夜に』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『あなたが消えた夜に』中村 文則 朝日文庫 2018年11月15日発行 あなたが消えた夜に (

記事を読む

『文庫版 オジいサン』(京極夏彦)_なにも起きない老後。でも、それがいい。

『文庫版 オジいサン』京極 夏彦 角川文庫 2019年12月25日初版 文庫版 オジいサン

記事を読む

『この年齢(とし)だった! 』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『この年齢(とし)だった! 』酒井 順子 集英社文庫 2015年8月25日第一刷 この年齢だっ

記事を読む

『1R 1分34秒』(町屋良平)_書評という名の読書感想文

『1R 1分34秒』町屋 良平 新潮社 2019年1月30日発行 第160回芥川賞受賞 1R

記事を読む

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 きみの町で (新潮文庫) あ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑