『青くて痛くて脆い』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『青くて痛くて脆い』住野 よる 角川書店 2018年3月2日初版


青くて痛くて脆い

『君の膵臓をたべたい』 著者が放つ、最旬青春小説!

人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学1年生の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりも純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社を結成した。
それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。

僕が、秋好の残した嘘を、本当に変える
それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた - 。(角川書店)

秋好は、「(大学) 四年間でなりたい自分になる」と、宣言します。

僕(田端楓)は、秋好の言う 「青臭く、イタい」 理想に半ば呆れつつ、しかし結局は彼女の熱意に負けて、二人して秘密のサークル「モアイ」を結成します。

「モアイ」は思いのほか速いテンポで仲間を増やし、やがて楓のイメージとは裏腹に、およそ違うものへと大きく変貌を遂げます。

かつていた秋好はいなくなり、楓は「モアイ」を辞めようと決意します。楓にとり、その頃の「モアイ」の活動は、就職を目論む学生たちが目当ての企業に擦り寄るだけの「就活サークル」としか思えなくなっていました。

※彼にはこうと決めた自分なりの「規範」があります。楓は、

あらゆる自分の行動には相手を不快にさせてしまう可能性がある。しかるに、人に不用意に近づきすぎないこと。誰かの意見に反する意見を出来るだけ口に出さないこと。

そうしていれば少なくとも自分から誰かを不快にさせる機会は減らせるし、そうして不快になった誰かから傷つけられる機会も減らせる、と考えています。
・・・・・・・・・
楓は、秋好が「嘘をついた」と思っています。思いもしない彼女の「変節」を、楓は(自分で決めた「自分」を忘れたように)強く非難します。何としても認めようとしません。

あらぶる楓に対し、秋好は - 叶えたいものに辿り着くために、手段と努力と方法がいるの。それを、考えてやってきた。- と主張します。

互いの思いはすれ違い、二人は二度と交わりません。秋好は傷つき、楓は、秋好よりもなお深い傷を負います。脆く、頽れた青春に、

僕たちは、あの頃なりたかった自分になれたのだろうか。

と。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


青くて痛くて脆い

◆住野 よる
1990年生まれの28歳(らしい)。大阪府在住。男性。

作品 「また、同じ夢を見ていた」「よるのばけもの」「か「」く「」し「」ご「」と「」「君の膵臓をたべたい」など

関連記事

『歩いても 歩いても』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『歩いても 歩いても』是枝 裕和 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 歩いても、歩いても (

記事を読む

『あん』(ドリアン助川)_書評という名の読書感想文

『あん』ドリアン助川 ポプラ文庫 2015年4月15日第一刷 あん 線路沿いから一本路地を抜

記事を読む

『拳に聞け! 』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『拳に聞け! 』塩田 武士 双葉文庫 2018年7月13日第一刷 拳に聞け! (双葉文庫)

記事を読む

『「いじめ」をめぐる物語』(角田光代ほか)_書評という名の読書感想文

『「いじめ」をめぐる物語』角田 光代ほか 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 「いじめ」をめ

記事を読む

『鬼の跫音』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『鬼の跫音』道尾 秀介 角川 書店 2009年1月31日初版 鬼の跫音 角川文庫 &nb

記事を読む

『個人教授』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『個人教授』佐藤 正午 角川文庫 2014年3月25日初版 個人教授 (角川文庫) 桜の花が

記事を読む

『僕らのごはんは明日で待ってる』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『僕らのごはんは明日で待ってる』瀬尾 まいこ 幻冬舎文庫 2016年2月25日初版 僕らのごは

記事を読む

『ずうのめ人形』(澤村伊智)_書評という名の読書感想文

『ずうのめ人形』澤村 伊智 角川ホラー文庫 2018年7月25日初版 ずうのめ人形 (角川ホラ

記事を読む

『さよなら、田中さん』(鈴木るりか)_書評という名の読書感想文

『さよなら、田中さん』鈴木 るりか 小学館 2017年10月17日初版 さよなら、田中さん

記事を読む

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『君の膵臓をたべたい』住野 よる 双葉社 2015年6月21日第一刷 君の膵臓をたべたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『四十回のまばたき』(重松清)_書評という名の読書感想文

『四十回のまばたき』重松 清 幻冬舎文庫 2018年7月25日18版

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑