『虹』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『虹』周防 柳 集英社文庫 2018年3月25日第一刷


虹 (集英社文庫)

二十歳の女子大生が溺死体で発見された。両手首と片足首には縄で縛ったような痕があり、彼女は妊娠をしていた。最愛の娘を亡くし、晶子は呆然とする。なぜ死んでしまったのか、子供の父親は誰なのか。自殺と断定して捜査を打ち切った警察に代わり、母は残りの人生を賭けてその真相を追うことを決意する。復讐のかなたに晶子が目にした光景とは - 。極限の人間心理を描く衝撃の長編ドラマ。(集英社文庫)

広島での父の被爆体験を元にした彼女のデビュー作『八月の青い蝶』とは打って変わって、今回(三作目)は「罪と罰のありよう」、「報復の是非を問う」衝撃のミステリーです。

愛する娘をある日突然奪われた時、母は何を思うのでしょう - あまりな現実を前にして、彼女は一時、何も考えられなくなります。

晶子の娘・楓子は国立大学に通う、どちらかといえば地味で奥手の、真面目に過ぎるくらいの女子大生でした。そんな彼女がある日、溺死体となって発見されます。

遺書はなく、何も言わないままに、楓子が「自殺した」のは、親子二人で正月休みを過ごして別れた数日後のことでした。大学三年生、二十歳の楓子は、足立区と荒川区の境界の、隅田川にかかるS橋から、真冬の夜の冷たい川に身を投げ、自ら命を絶ったのでした。

遺体の両手首と片足首に、縄で縛ったような痕があります。さらに、彼女が妊娠していたという事実がわかります。

夫の浮気が原因で、10年前に離婚した晶子。小さな会社で働きながら、娘の楓子を独りで育ててきた。大学生になった楓子がある日、遺体となって発見される。遺体には不審な点があるものの、目撃者の証言から自殺と分かる。娘を死に追い込んだのは何なのか。絶望状態から少し立ち直った晶子は、元刑事の探偵と真相を探っていく - というお話。

※晶子が言う「心の声」が強過ぎて、ちょっと読み辛い感じがします。わざとでしょうが、何のことかが、よくわからないところがあります。

中に登場する未成年のフリーター、「R」がいい。彼の持つ不穏な空気、何を考えているのかわからない無表情さと冷めた雰囲気。「R」を、もっともっと書いて欲しかったと思います。

 

この本を読んでみてください係数  75/100


虹 (集英社文庫)

◆周防 柳
1964年東京都生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。

作品 「八月の青い蝶」「余命二億円」「逢坂の六人」など

関連記事

『月蝕楽園』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『月蝕楽園』朱川 湊人 双葉文庫 2017年8月9日第一刷 月蝕楽園 (双葉文庫) 癌で入院

記事を読む

『残された者たち』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『残された者たち』小野 正嗣 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 残された者たち (集英社

記事を読む

『八月の青い蝶』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『八月の青い蝶』周防 柳 集英社文庫 2016年5月25日第一刷 八月の青い蝶 (集英社文庫)

記事を読む

『春の庭』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『春の庭』柴崎 友香 文春文庫 2017年4月10日第一刷 春の庭 (文春文庫) 東京・世田

記事を読む

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 二十歳の原点 (新潮文庫)

記事を読む

『不連続殺人事件』(坂口安吾)_書評という名の読書感想文

『不連続殺人事件』坂口 安吾 角川文庫 1974年6月10日初版 不連続殺人事件 (角川文庫)

記事を読む

『崖の館』(佐々木丸美)_書評という名の読書感想文

『崖の館』佐々木 丸美 創元推理文庫 2006年12月22日初版 崖の館 (創元推理文庫)

記事を読む

『NO LIFE KING ノーライフキング』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『NO LIFE KING ノーライフキング』いとう せいこう 新潮社 1988年8月10日発行

記事を読む

『泥濘』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『泥濘』黒川 博行 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 泥濘 疫病神シリーズ 「待たんかい

記事を読む

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『君の膵臓をたべたい』住野 よる 双葉社 2015年6月21日第一刷 君の膵臓をたべたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『四十回のまばたき』(重松清)_書評という名の読書感想文

『四十回のまばたき』重松 清 幻冬舎文庫 2018年7月25日18版

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑