『ナイフ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ナイフ』重松 清 新潮社 1997年11月20日発行


ナイフ (新潮文庫)

 

「悪いんだけど、死んでくれない? 」ある日突然、クラスメイト全員が敵になる。僕たちの世界は、かくも脆いものなのか。ミキはワニがいるはずの池を、ぼんやり眺めた。ダイスケは辛さのあまり、教室で吐いた。子供を守れない不甲斐なさに、父はナイフをぎゅっと握りしめた。失われた小さな幸せはきっと取り戻せる。その闘いは、決して甘くはないけれど。(新潮社解説より)

「いじめ」をテーマにした感涙必須の短編が5編。第14回坪田譲治文学賞受賞作品です。中から一つ、「エビスくん」という作品を紹介したいと思います。
・・・・・・・・・・
一学期の道徳の時間、無抵抗を貫いてインドをイギリスから独立させた〈ガンジー〉という偉人の話を習ったとき、先生が「うちのクラスでいうたら、相原みたいなもんやな」と言ったせいで、ひろしはクラスの仲間からガンジーと呼ばれています。

6年生の二学期、ひろしのクラスに転校生がやってきます。名前はエビスくん。体が大きく、背丈はクラスで一番の菊ちゃんより高く、学年一デブの高沢よりひとまわりも太い横幅なのですが、脂肪太りの高沢とは違い如何にもがっしりしています。

隣の席に座ったエビスくん(ひろしは前もって先生からエビスくんの面倒をみてほしいと頼まれています)に「仲良うしょうな、これから」と声をかけるのですが、エビスくんはこっちを見ようともしません。言葉で返事をする気にもならない、そんな感じの仕草です。

翌朝、登校して自分の席につくと、ひろしはいきなり後ろから頭をはたかれます。振り向くと、エビスくんが立っています。「ここ見ろよ。おまえ、ふざけんなよ」と、クラス日誌を鼻先へ突き出します。確かに昨日の日直はひろしで、日誌を書いたのも彼です。

エビスくんは、日誌に書かれてある自分の名前が違うと言って怒ります。見ると「戎」という字を「戒」と間違って書いています。「わざとやったのかよ、てめえ」「なめてんだろう、おれのことよお」エビスくんはそう言いますが、ひろしにはなめる理由がありません。

これが最初の頃の2人の様子。椅子を蹴り倒されたり、日誌の角をおでこにぶつけられたりと、ひろしは散々な目に遭うのですが、最後に、エビスくんは「仲良くなってやるよ、親友な、おれら」と、ひろしに向けて(ひろしにだけ)初めて笑います。

どこが親友やねん - 当然のことひろしはそう思うのですが、そんな中で2人の奇妙な付き合いが始まります。エビスくんはあらゆる機会に、あらゆる手段でひろしに悪さを仕掛けます。クラスのみんなは、誰も助けてくれません。

噂では、エビスくんの家は母子家庭だといいます。父親はやくざで、射殺されたであるとか、刑務所に入っているであるとか、みんなは勝手なことを言いますが、正面切って文句をつけようなどという友だちは一人もいません。

先生は何も知りません。思い余ったひろしは、ひどい目に遭っていることを打ち明けようと職員室の前までは行くのですが、どうしてもドアをノックすることができません。- ノックしてはいけないんだ。絶交するわけにはいかない。僕たちはずっと、親友のままでいなければならない - ひろしは、固く自分にそう命じています。
・・・・・・・・・・
ひろしには、5歳違いの妹がいます。早産で生まれた妹・ゆうこの心臓は、太い血管のつながり方が違っていたり、空くはずの穴がふさがったままだったりの難病で、学校へも行けず、長い入院生活を送っています。

7月の終わりには呼吸困難に陥り、誰もが「もうあかん」と覚悟を決めたのですが、そこを何とか乗り切ったあとも8月の旧盆過ぎまでは目の離せない状態で、集中治療室から一般病棟に戻ってきたのはようやく先週のことです。

ゆうこ:エビスってけったいな名前やねえ。ビールみたいやん。
母:そんなことあらへんよ、ゆうちゃん。えらいゲンのええ名前の子ォやない、エベッさんは七福神の一人なんやさかい。

ゆうこ:なあ、お兄ちゃん、エビスくんってエベッさんと関係あるんやろか。ご先祖がエベッさんやから、エビスくんいうのんと違うん? 神様の子ォやったらおもろいのにな・・・なんて、おもろないか、おもろいわけないな、そんなん。

最後にまた「アホらし」と、ゆうこがつまらなさそうに言うのを聞くと、ひろしはたまらない気持ちになります。「アホらし」が連なったすえに「生きていくのがアホらしなったわ」となるのを何より恐れています。

ゆうこ:そんなに言うなら、ほんまに神様の子孫やったら、エビスくんにいっぺんお見舞いに来てもろて。
ひろし:よっしゃ、連れてきたる。約束や、指きりげんまんしよ。

ほとんど何も欲しがらない、わがままも言わない妹が珍しく頼みごとをしたので、ひろしも思わず、しかし、まるで見込みのない約束をしてしまいます。実のところ、エビスくんに向けて頼みごとをするなどということを、ひろしはまだしたことがありません。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


ナイフ (新潮文庫)

 

◆重松 清
1963年岡山県津山市生まれ。
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。

作品「定年ゴジラ」「カカシの夏休み」「ビタミンF」「十字架」「流星ワゴン」「疾走」「カシオペアの丘で」「あすなろ三三七拍子」「星のかけら」「ゼツメツ少年」他多数

関連記事

『肉弾』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『肉弾』河﨑 秋子 角川文庫 2020年6月25日初版 肉弾 (角川文庫) 大学を休学

記事を読む

『妻籠め』(佐藤洋二郎)_書評という名の読書感想文

『妻籠め』佐藤 洋二郎 小学館文庫 2018年10月10日初版 妻籠め (小学館文庫) 父を

記事を読む

『謎の毒親/相談小説』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『謎の毒親/相談小説』姫野 カオルコ 新潮文庫 2018年11月1日初版 謎の毒親 (新潮文庫

記事を読む

『七色の毒』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『七色の毒』中山 七里 角川文庫 2015年1月25日初版 七色の毒 (単行本) &nb

記事を読む

『県民には買うものがある』(笹井都和古)_書評という名の読書感想文

『県民には買うものがある』笹井 都和古 新潮社 2019年3月20日発行 県民には買うものが

記事を読む

『私の息子はサルだった』(佐野洋子)_書評という名の読書感想文

『私の息子はサルだった』佐野 洋子 新潮文庫 2018年5月1日発行 私の息子はサルだった (

記事を読む

『203号室』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『203号室』加門 七海 光文社文庫 2004年9月20日初版 203号室 (光文社文庫)

記事を読む

『星々たち』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『星々たち』桜木 紫乃 実業之日本社 2014年6月4日初版 星々たち  

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『泥濘』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『泥濘』黒川 博行 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 泥濘 疫病神シリーズ 「待たんかい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑