『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2018/11/24 『涙のような雨が降る』(赤川次郎), 作家別(あ行), 書評(な行), 赤川次郎

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷


涙のような雨が降る (双葉文庫)

少年院を出たその日から、私は風祭家の令嬢・川中歩美の身代わりとなった。何不自由ない生活ではあるものの、逆に不安が募り・・・・・・・。私は、何も知らされてはいない。本物の歩美はどこにいるのか? なぜ私が選ばれたのだろうか。- 陰謀が渦巻く中、真相をつきとめようと試みた私を待ち受けていたのは、大人たちの理論が支配する哀しい社会の現実だった。

十五歳ながら経歴はワケありの尾崎由美は、大企業グループトップ・風祭信代の孫・歩美の身代わりとなった。信代やその周りは歩美と会ったことがないため、由実はすんなり迎え入れられる。慣れない “お嬢様生活” に苦戦する由美だったが、正体を暴こうとする者が動き出し・・・・・・・。歩美の存在が消された理由、由美の周りで次々と起こる事件の真相は - 大人でも子供でもない、冷静だけど果敢な少女を待ち受けていた運命は!? 予想のつかないノンストップサスペンス。(双葉文庫)

彼女は十五歳にしては大人びた少女で、勉強は出来ないものの、それはそれまでその環境になかったからのことです。それよりもむしろ、彼女は生きる上での多くの「方便」を学んでいます。冷静にして沈着。大人以上に、機微に通じています。

作中、彼女はこんなことを思います。

- 組織。 組織という「王様」が、みんなを従えているのだ。「組織」なんて名前の人間がいるわけじゃないのに、その組織を作っているのは、一人一人の人間なのに、一旦「組織」という怪物が誕生すると、それは独り立ちして、大きな力を持ってしまうのである。

だから、「組織のため」と言われると誰も反対できなくなってしまう。何かの目的があって組織が作られるはずなのに、いつの間にか、「組織を守ること」が第一の目的になってしまうのだ。(P192)

大人になると否応なく誰もが知ることになる、そんな現実。それがために多くの人間がダメになり、行き場を失くし、上手く生きられなくなったりもします。口を閉ざし、言いたいことを言わなくなってしまうのは、それでも生きていかねばならないからです。

なるべくなら、そんなことを知るのは、遅ければ遅い方がいい。なのに。

「歩美」となった少女は、それを由美の頃から知っています。知っているからこそ、「歩美」のままではいられないのでした。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


涙のような雨が降る (双葉文庫)

◆赤川 次郎
1948年福岡県生まれ。
桐朋高等学校卒業。

作品 「幽霊列車」「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、「ふたり」「雨の夜、夜行列車に」「怪談人恋坂」「記念写真」他多数

関連記事

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 百舌落とし 後頭部を千枚通

記事を読む

『きみのためのバラ』(池澤夏樹)_書評という名の読書感想文

『きみのためのバラ』池澤 夏樹 新潮文庫 2010年9月1日発行 きみのためのバラ (新潮文庫

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 生きる (文春文庫) 亡き藩主

記事を読む

『遊佐家の四週間』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『遊佐家の四週間』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2017年7月20日初版 遊佐家の四週間 (祥伝社

記事を読む

『ねこまたのおばばと物の怪たち』(香月日輪)_書評という名の読書感想文

『ねこまたのおばばと物の怪たち』香月 日輪 角川文庫 2014年12月25日初版 ねこまたのお

記事を読む

『東京零年』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『東京零年』赤川 次郎 集英社文庫 2018年10月25日第一刷 東京零年 (集英社文庫)

記事を読む

『盗まれた顔』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『盗まれた顔』羽田 圭介 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 盗まれた顔 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『サブマリン』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『サブマリン』伊坂 幸太郎 講談社文庫 2019年4月16日第1刷 サブマリン (講談社文庫

記事を読む

『獅子渡り鼻』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『獅子渡り鼻』小野 正嗣 講談社文庫 2015年7月15日第一刷 獅子渡り鼻 (講談社文庫)

記事を読む

『空飛ぶタイヤ』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『空飛ぶタイヤ』 池井戸 潤 実業之日本社 2008年8月10日第一刷 @1,200 &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑