『白いセーター』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『白いセーター』今村 夏子 文学ムック たべるのがおそい vol.3 2017年4月15日発行


文学ムック たべるのがおそい vol.3

書肆侃々房(しょしかんかんぼう)発行の雑誌 『 文学ムック たべるのがおそいvol.3 』 で読んだ短篇です。京都へ行った時、恵文社一乗寺店で買いました。

そういえば 『こちらあみ子』 (ちくま文庫) を買ったのもそうで、本の内容もそうなら、今村夏子という人がどんな人かも知らないで、しかし、これは読むべき本に違いない - そんな気がして、迷わず買ったのを今もはっきりと覚えています。

その時の感じを言えと言われても上手く説明できないのですが、時として、そんなことがあります。そしてそれは大抵外れません。たまに、思う以上の作品に出合ったりします。

あひる』 を読み、『星の子』 を読んで、私は今村夏子という人にとても興味を持ちました。こんな話を、どんな人が書くのだろうと。恵まれて、ただすくすくと育っただけの人なら、間違ってもこうは書かないのではないかと。そんな気がしてならなかったのです。

人に言えない劣等感。屈辱感に頽れて、泣いて帰った遠い日の記憶。幼い頃感じた、抱え込んで抜け出せなくなるような心の痛みや歪みが、あの頃と同じように書いてあります。そして、それは大人になった今もそうで、

それが、この 『白いセーター』 には書いてあります。

※この短篇は、クリスマスイブに婚約者の姉から子どもたちの面倒をみてくれと頼まれた主人公が、子どもたちとのちょっとしたトラブルから孤立感を深めていく様子が描かれています。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


文学ムック たべるのがおそい vol.3

◆今村 夏子
1980年広島県広島市生まれ。

作品 「こちらあみ子」「あひる」「父と私の桜尾通り商店街」「星の子」など

関連記事

『虫娘』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『虫娘』井上 荒野 小学館文庫 2017年2月12日初版 虫娘 (小学館文庫) 四月の雪の日

記事を読む

『痺れる』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『痺れる』沼田 まほかる 光文社文庫 2012年8月20日第一刷 痺れる (光文社文庫)

記事を読む

『喧嘩(すてごろ)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『喧嘩(すてごろ)』黒川 博行 角川書店 2016年12月9日初版 喧嘩 「売られた喧嘩は買

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 泳いで帰れ (光文社文庫)

記事を読む

『あひる』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『あひる』今村 夏子 書肆侃侃房 2016年11月21日第一刷   あひる

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

『死ぬほど読書』(丹羽宇一郎)_書評という名の読書感想文

『死ぬほど読書』丹羽 宇一郎 幻冬舎新書 2017年7月30日第一刷 死ぬほど読書 (幻冬舎新

記事を読む

『佐渡の三人』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『佐渡の三人』長嶋 有 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 佐渡の三人 (講談社文庫)

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 色彩の息子 (集英社文庫)

記事を読む

『トリツカレ男』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『トリツカレ男』いしい しんじ 新潮文庫 2006年4月1日発行 トリツカレ男 (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ユートピア』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ユートピア』湊 かなえ 集英社文庫 2018年6月30日第一刷

『暗幕のゲルニカ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『暗幕のゲルニカ』原田 マハ 新潮文庫 2018年7月1日発行

『もう「はい」としか言えない』(松尾スズキ)_書評という名の読書感想文

『もう「はい」としか言えない』松尾 スズキ 文藝春秋 2018年6月3

『あこがれ』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『あこがれ』川上 未映子 新潮文庫 2018年7月1日発行 あこ

『泥濘』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『泥濘』黒川 博行 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 泥濘

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑