『むらさきのスカートの女』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『むらさきのスカートの女』今村 夏子 朝日新聞出版 2019年6月20日第1刷

むらさきのスカートの女

近所に住む 「むらさきのスカートの女」 と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない 〈わたし〉 は、彼女と 「ともだち」 になるために、自分と同じ職場で働きだすように誘導し、その生活を観察し続ける。狂気と紙一重の滑稽さ。変わりえぬ日常。〈わたし〉 が望むものとは? (朝日新聞出版)

たぶん、最初誰もが思うのは - これは一体、何を読まされているのだろうと。言いたいことは何なのだろうと。

うちの近所にむらさきのスカートの女 と呼ばれている人がいる。いつもむらさき色のスカートを穿いているのでそう呼ばれているのだ。(P3/物語の冒頭)

その人物のことが気になって仕方ないもう一人の人物がいる。それが、〈わたし〉 だ。

遠くからだと中学生くらいに見えなくもない。でも、近くでよく見ると、決して若くはないことがわかる。頬のあたりにシミがぽつぽつと浮き出ているし、肩まで伸びた黒髪はツヤがなくてパサパサしている。

彼女は一週間に一度くらいの割合で、商店街のパン屋にクリームパンを買いに行く。わたしはいつも、パンを選ぶふりをしてむらさきのスカートの女の容姿を観察している。観察するたびに誰かに似ているなと思う。誰だろう。(P3.4)

最初わたしは、むらさきのスカートの女はわたしの姉に似ていると思う。もちろん別人で顔も全然違うのだが、一人で公園のベンチに座り、パン屋で買ったクリームパンを食べる様子がそっくりなのだ。

なかのクリームがこぼれ落ちないように、左手を受け皿のようにして食べていた。アーモンドの飾りが付いた部分は少しの間眺めてから口に入れ、最後のひと口は名残惜しそうに、特に時間をかけて噛んでいた。(P4)

その姿を見たわたしは、むらさきのスカートの女みたいに、姉も最後のひと口に時間をかけるタイプだったと思い出す。そういえば、姉が一番好きな食べものはプリンだったと。

むらさきのスカートの女がわたしの姉に似ている気がするということは、むらさきのスカートの女は、妹のわたしにも似ているということになるのだろうか。ならないか。共通点なら、無いこともないのだ。あちらが 「むらさきのスカートの女」 なら、こちらはさしずめ 「黄色いカーディガンの女」 といったところだ。

残念ながら 「黄色いカーディガンの女」 は、「むらさきのスカートの女」 と違って、その存在を知られていない。「黄色いカーディガンの女」 が商店街を歩いたところで、誰も気にも留めないが、これが 「むらさきのスカートの女」 となると、そうはいかない。(P5)

わたしは、むらさきのスカートの女はわたしの姉に似ていると思ったが、やっぱり違うと思い直す。わたしの小学校時代の友達、めいちゃんに似ていると思い付く。

まぶたの形状だけで言うなら、むらさきのスカートの女はわたしの中学時代の同級生、有島さんに似ていなくもない。そういえば、ワイドショーのコメンテーターにもむらさきのスカートの女に似ている人がいる、とも思う。

違う。思い出した。今度こそわかった。むらさきのスカートの女は前に住んでいた町のスーパーのレジの女の人に似ているんだった。(後略) つい最近、隣町の図書館に行ったついでに懐かしのスーパーをこっそり外から覗いてみた。相変わらずその人はレジに立っていた。制服のバッジが一個増えていて、とても元気そうだった。

つまり、何が言いたいのかというと、わたしはもうずいぶん長いこと、むらさきのスカートの女と友達になりたいと思っている。(P13)

※この先に続く展開に目が離せなくなります。あたかも誰かをつけ狙うストーカーのように、〈わたし〉 は、むらさきのスカートの女の一切を “観察” するようになります。より観察し易くするために、自分と同じ職場で働くように誘導し、まんまとそれに成功します。

すでにお気付きだとは思いますが、この小説は “むらさきのスカートの女” の話とみせかけて、実はもう一人の “黄色いカーディガンの女” = 〈わたし〉 が描く他者の姿、〈わたし〉 が見た世界の在りようが綴られています。それを 「狂気と紙一重」 と見るかどうかは畢竟、あなた次第です。

この本を読んでみてください係数  85/100

むらさきのスカートの女

◆今村 夏子
1980年広島県広島市生まれ。

作品 「こちらあみ子」「あひる」「星の子」「父と私の桜尾通り商店街」等

関連記事

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷 静かにしな

記事を読む

『夜のピクニック』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『夜のピクニック』恩田 陸 新潮文庫 2006年9月5日発行 夜のピクニック (新潮文庫)

記事を読む

『密やかな結晶 新装版』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『密やかな結晶 新装版』小川 洋子 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 密やかな結晶 

記事を読む

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

『緋い猫』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『緋い猫』浦賀 和宏 祥伝社文庫 2016年10月20日初版 緋い猫 (祥伝社文庫) 17歳

記事を読む

『鯖』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『鯖』赤松 利市 徳間書店 2018年7月31日初刷 鯖 (文芸書) 読めば、地獄。狂気

記事を読む

『また次の春へ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『また次の春へ』重松 清 文春文庫 2016年3月10日第一刷 また次の春へ (文春文庫)

記事を読む

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(下巻)伊集院 静 講談社文庫 2016年1月15日第一刷

記事を読む

『なぎさホテル』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『なぎさホテル』伊集院 静 小学館文庫 2016年10月11日初版 なぎさホテル (小学館文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑