『最後の証人』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『最後の証人』柚月 裕子 角川文庫 2018年10月30日8刷

最後の証人 (角川文庫)

検事を辞して弁護士に転身した佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。現場の状況証拠などから被告人は有罪が濃厚とされていた。それにもかかわらず、佐方は弁護を引き受けた。「面白くなりそう」 だから。佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏に隠された真相を手繰り寄せていく。やがて7年前に起きたある交通事故との関連が明らかになり・・・・・・・

元検察官の佐方貞人は刑事事件専門の敏腕弁護士。犯罪の背後にある動機を重視し、罪をまっとうに裁かせることが、彼の弁護スタンスだ。そんな彼のもとに舞い込んだのは、状況証拠、物的証拠とも被告人有罪を示す殺人事件の弁護だった。果たして佐方は、無実を主張する依頼人を救えるのか。感動を呼ぶ圧倒的人間ドラマとトリッキーなミステリー的興趣が、見事に融合した傑作法廷サスペンス。(「BOOK」データベースより)

佐方貞人シリーズ・第1作 『最後の証人』 を読みました。この後、シリーズは第2作 『検事の本懐』(第15回大藪春彦賞受賞)、第3作 『検事の死命』 と続くことになります。

実は私は、(何も知らずに) 最初シリーズの第2作にあたる 『検事の本懐』 を読みました。何気に手に取ったのですがこれがはるかに予想を超えて面白く、朴訥を絵に描いたような佐方という人物の、胸のすくような仕事ぶりにすっかり魅了されたのでした。

その頃佐方は、東京から新幹線で北に二時間ほどのところにある地方都市で新米検事として働いています。そのときの彼の活躍ぶり、あるいはそもそも彼がなぜ検事という職業を選んだのか、事件に際しあくまで真摯であろうとする彼の姿勢などが縷々綴られています。

ところが、シリーズ・第1作であるこの 『最後の証人』 では、既に佐方は検事を辞めて、弁護士になっています。

- それでは順番が逆ではないか? そう思うのは至極当然のことです。(最初、私もそう思いました) なら、なぜ 『検事の本懐』 を第1作にしなかったのか? と誰もが思うでしょう。

そうに違いありません。しかし、それは “できない” ことだったのです。なぜなら、『最後の証人』 は当初単体の読み物で、シリーズ化の予定などなかったのですから。

ところが、作品に登場する 「佐方貞夫」 という人物に対する反響が思いのほか大きかった。「佐方のことをもっと知りたい」 という読者が数多くいたのだそうです。

その声に応えるために書かれたのが 『検事の本懐』 であり、『検事の死命』 であるということ。佐方が法曹の世界へ足を踏み入れた初期の段階から、そう長くはない検事時代の仕事ぶりを振り返ることで、 佐方貞人の “人となり” とをより鮮明に描き出そうと。

そんな中、第2作・第3作は生まれたのでした。但し、言わずもがなですが、三冊はそれぞれに独立しており、一冊だけでも十二分に楽しめるものになっています。

が、一冊読めばきっとあなたは思うはずです。もっと読みたいと。佐方貞人のことをもっと知りたいと。佐方にはそう思わせる何かがあります。

この本を読んでみてください係数 85/100

最後の証人 (角川文庫)

◆柚月 裕子
1968年岩手県生まれ。

作品 「臨床真理」「検事の本懐」「検事の死命」「蝶の菜園 - アントガーデン -」「パレードの誤算」「朽ちないサクラ」「ウツボカズラの甘い息」「孤狼の血」他多数

関連記事

『邪魔』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『邪魔』奥田 英朗 講談社 2001年4月1日第一刷 邪魔(上) (講談社文庫) &nb

記事を読む

『十字架』(重松清)_書評という名の読書感想文

『十字架』重松 清 講談社文庫 2012年12月14日第一刷 十字架 (講談社文庫) &

記事を読む

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版 犯罪小説集 (角川文庫)

記事を読む

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『そして、バトンは渡された』瀬尾 まいこ 文春文庫 2020年9月10日第1刷 そして、バト

記事を読む

『線の波紋』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『線の波紋』長岡 弘樹 小学館文庫 2012年11月11日初版 線の波紋 (小学館文庫)

記事を読む

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村 深月 講談社 2009年9月14日第一刷 ゼロ、ハチ、ゼロ、

記事を読む

『流転の魔女』(楊逸/ヤン・イー)_書評という名の読書感想文

『流転の魔女』楊 逸(ヤン・イー) 文春文庫 2015年12月10日第一刷 流転の魔女 (文春

記事を読む

『検事の信義』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の信義』柚月 裕子 角川書店 2019年4月20日初版 検事の信義 累計40万部

記事を読む

『検事の本懐』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の本懐』柚月 裕子 角川文庫 2018年9月5日3刷 検事の本懐 (角川文庫)

記事を読む

『蝶々の纏足・風葬の教室』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『蝶々の纏足・風葬の教室』山田 詠美 新潮社 1997年3月1日発行 蝶々の纏足・風葬の教室

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑