『潤一』(井上荒野)_書評という名の読書感想文 

『潤一』井上 荒野 新潮文庫 2019年6月10日3刷

潤一 (新潮文庫)

好きだよと、潤一は囁いた。
それが嘘だとわかっていても、私は彼に、抱かれたかった - 。

伊月潤一、26歳。住所も定まらず定職もない、気まぐれで調子のいい男。女たちを魅了してやまない不良。寄る辺ない日常に埋もれていた女たちの人生は、潤一に会って、束の間、輝きを取り戻す。だが、潤一は、一人の女のそばには決してとどまらず、ふらりと去っていく。小さな波紋だけを残して・・・・・・・。漂うように生きる潤一と14歳から62歳までの9人の女性。刹那の愛を繊細に描いた連作短篇集。島清恋愛文学賞受賞作。(新潮文庫)

彼は滴り、こぼれ落ちる。女心の隙間にそっと忍びこみ、一生消えない記憶を残していく男・・・・・・・

無職、宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一。
出産を控えた妊婦、映子。妹の旦那と寝る姉、環。
亡くなった夫の不倫を疑う未亡人、あゆ子。夫に束縛された装丁家の女、千尋。
処女を捨てたい女子高生、瑠依。毎日男漁りに出掛ける女、美雪・・・。
それぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れて、消える。
潤一はどこから来て、どこへ行くのか・・・。

この小説に登場する潤一は藁色の髪をした青年だ。
背が高く、骨格は華奢、その体つきは 「濃い匂いをたてる南国の果物を連想」 させる。

- 以下は、解説 (by栗田有起) より抜粋。

いく人もの女性が彼と出会う。そして交わる。彼も、彼女たちも、そうするのが当然だから、とでもいうように、その出会いを受け入れる。

彼らの様子は終始とても静かだ。交わりにことさら意味を持たそうとせず、おだやかな川の流れのごとく物事は進む。

出産を間近にひかえた映子は彼とラブホテルへ行く。亡くなった夫の秘密を知ってしまったあゆ子は彼のこぐ自転車の後部に座る。瑠依は川を渡るため彼と一緒にボートに乗り、香子は半身不随の夫の目の前で彼とベッドに入る。美夏は、ドーナツとマグカップを彼が持って帰るのを、今か今かと待っている。

それらのあまりの自然さに不思議な気持ちになってくる。

彼らは激情にまかせて声を荒げるような真似をめったにしないから、彼らの言葉を聞き漏らさないために、耳をそばだてなければならない。彼らが求めているものがなんなのか、そしてそれが手に入ったとき、どういう反応をするのか。

・・・・・・・ そして私たちは気づくのだ。自分もこの瞬間、潤一と交わっている。潤一と交わる女たちとも交わっている。ああ、私たちはこうやって生きている。これこそを求めて、今を生きている。

男の私にはとうていわからない。女性がすべてそうかというと、そうではない。大抵の場合、おおよそそんなことは起こりそうもない。そんなこととは関わりなく生きている。

ところが、起こってしまう。思いがけなくも、起こるべくして起こってしまう。

この本を読んでみてください係数 80/100

潤一 (新潮文庫)

◆井上 荒野
1961年東京都生まれ。
成蹊大学文学部英米文学科卒業。

作品 「虫娘」「ほろびぬ姫」「切羽へ」「つやのよる」「誰かの木琴」「ママがやった」「赤へ」「その話は今日はやめておきましょう」「あちらにいる鬼」他多数

関連記事

『赤へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『赤へ』井上 荒野 祥伝社 2016年6月20日初版 赤へ ふいに思い知る。すぐそこにあるこ

記事を読む

『ふじこさん』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ふじこさん』大島 真寿美 講談社文庫 2019年2月15日第1刷 ふじこさん (講談社文庫

記事を読む

『俳優・亀岡拓次』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『俳優・亀岡拓次』戌井 昭人 文春文庫 2015年11月10日第一刷 俳優・亀岡拓次 (文春文

記事を読む

『二千七百の夏と冬』(上下)(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『二千七百の夏と冬』(上下)荻原 浩 双葉文庫 2017年6月18日第一刷 二千七百の夏と冬(

記事を読む

『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『シャイロックの子供たち』池井戸 潤 文春文庫 2008年11月10日第一刷 シャイロックの子

記事を読む

『さよなら、田中さん』(鈴木るりか)_書評という名の読書感想文

『さよなら、田中さん』鈴木 るりか 小学館 2017年10月17日初版 さよなら、田中さん

記事を読む

『ようこそ、わが家へ』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ようこそ、わが家へ』池井戸 潤 小学館文庫 2013年7月10日初版 ようこそ、わが家へ (

記事を読む

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日第2刷 逢魔が時に会いま

記事を読む

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行 ホワイトラビット(新潮文

記事を読む

『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版 ほかに誰がいる (幻冬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑