『結婚』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『結婚』井上 荒野 角川文庫 2016年1月25日初版


結婚 (角川文庫)

 

東京の事務員・亜佐子、佐世保の歌手・マユリ、仙台のOL・鳩子。彼女たちには忘れたくても忘れられない男がいる。結婚を匂わせ金銭を預けた途端に消えた宝石鑑定士・古海。ある女は待ち続け別の女は絶望した。だが鳩子は探し続け、ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くのだが・・・。「結婚」という魔物に騙された女たちと騙した男女、そして詐欺師・古海の妻。彼らが持つ闇と欲望の行く着く先とは!? (角川文庫解説より)

私は、彼女(井上荒野)のことをまったくと言っていいほど知りません。かすかに覚えがあるのは、直木賞をとった人であるということ、受賞したのが『切羽へ』という小説だったというくらいのことです。

あまりに頼りないので、ちょっと調べてみると、彼女は(同じ小説家の)井上光晴氏の娘であるとわかります。しかもこの『結婚』という小説は、父親である氏が書いた同名小説『結婚』(1982年刊)がベースになっているとあります。

- おお、そういうことであるのか。と、ここでちょっと納得。

次にこの小説の周辺記事などを読んでいると、面白いことが書いてあります。曰く、井上光晴という作家は40年にわたる文筆生活でおびただしい数の純文学作品を生み出し、生涯にわたって戦後文学の前衛であり続けた作家であった。・・・ようなのですが、

- その実、(娘から見た)父と母の結婚生活は「ドトー」の日々であったらしい。「ささいな怒りがたちまち思想や文学観に変換されてしまうような難儀さ」があったといいます。

娘である井上荒野からすれば、(特に思春期になって、同時に反抗期でもあった彼女にしてみれば)-「私は絶対普通のOLになって、普通のサラリーマンと結婚して、玉姫殿とかで結婚式をあげて、花束贈呈してやる」- などと思わずにはいられなかった父であり、また母であったようです。

いかばかりか破天荒(これを彼女は「前人未到の大スペクタクル」と表現しています)な両親の様子が想像できて面白いのですが、それより何より、それを間近で見ている(娘の)井上荒野の様子を思うと、(本人には申し訳ないのですが)ちょっと笑えたりします。

そんな娘が大きくなって、いつの間にやら気付けば父と同じ作家になっており、別にしなくていいのに、わざわざ同じタイトルの小説を書こうと思い立ったわけです。これはなかなかに、生まれ持った定めというか、血は争えませんなぁー、という話。

趣旨こそ違えど、2つはどちらも結婚詐欺を題材にした小説です。父親が書いた『結婚』という小説は読んだことも見たこともありませんが(そもそも私は井上光晴の小説を読んだことがない)、こっち(荒野)の方はかなり面白くてどなたにもお勧めの一冊です。

ただ面白いだけではなくて、(女性経験が少ないので私にはよくわからないのですが)思う以上に深い内容がありそうです。軽妙で、何よりテンポがいいのでさらっと読めてしまうのですが、行間にぎっしり詰め込まれた男女の機微を見落とさないようにしてください。

調子のいい男に騙されるばかりの女が何人も登場しますが、女には女なりのそれぞれの事情というものがあり、それは騙す側の男にしたところでそうなのです。

人と人とは、結局のところ、何を拠りどころにして関わったり関わらずにおこうとするのでしょう。

出逢った当初は運命を感じ、強く結ばれ、永遠に続くと信じた互いの関係の、そもそもの根拠は何ですかと訊かれたら、一体何と答えるのでしょう。まるで不確かなものしか見当たらない。- そんなことではないのでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


結婚 (角川文庫)

 

◆井上 荒野
1961年東京都生まれ。
成蹊大学文学部英米文学科卒業。

作品 「わたしのヌレエフ」「潤一」「切羽へ」「そこへ行くな」「もう切るわ」「しかたのない水」「ベーコン」「夜を着る」「雉猫心中」「リストランテ アモーレ」他多数

関連記事

『ミセス・ノイズィ』(天野千尋)_書評という名の読書感想文

『ミセス・ノイズィ』天野 千尋 実業之日本社文庫 2020年12月15日初版 ミセス・ノイズ

記事を読む

『去年の冬、きみと別れ』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『去年の冬、きみと別れ』中村 文則 幻冬舎文庫 2016年4月25日初版 去年の冬、きみと別れ

記事を読む

『煙霞』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『煙霞』黒川 博行 文芸春秋 2009年1月30日第一刷 煙霞 (文春文庫)  

記事を読む

『カルマ真仙教事件(上)』(濱嘉之)_書評という名の読書感想文

『カルマ真仙教事件(上)』濱 嘉之 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 カルマ真仙教事件(

記事を読む

『ぼくとおれ』(朝倉かすみ)_たったひとつの選択が人生を変える。ってかあ!?

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ 実業之日本社文庫 2020年2月15日初版 ぼくとおれ (実業之

記事を読む

『今だけのあの子』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『今だけのあの子』芦沢 央 創元推理文庫 2018年7月13日6版 今だけのあの子 (創元推理

記事を読む

『ぴんぞろ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『ぴんぞろ』戌井 昭人 講談社文庫 2017年2月15日初版 ぴんぞろ (講談社文庫)

記事を読む

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版 平場の月 五十歳の再会

記事を読む

『獅子吼』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『獅子吼』浅田 次郎 文春文庫 2018年12月10日第一刷 獅子吼 (文春文庫) け

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑