『幻年時代』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『幻年時代』坂口 恭平 幻冬舎文庫 2016年12月10日初版


幻年時代 (幻冬舎文庫)

4才の春。電電公社の巨大団地を出て初めて幼稚園に向かった。なんの変哲もないこの400mの道行きは、自由を獲得するための冒険のはじまりだった。団地以外の生活があること、家族の幸福だけがすべてではないこと、現実は無数の世界のうちの一つでしかないことを母親に手を引かれながら知る。そのことが0円で生きることにこだわり、自分一人で国家をつくるという行動、つまり、僕の現実を生き抜くための方法へと繋がったのだ。誰もが感じる幼少期の戸惑いと違和感。忘れていた自分の中に生きる力は眠っている! 幼き記憶に潜れ - 。キミの強さ、輝き、自由はすでにそこにある! 破天荒にして奔放、狂おしいほどに繊細。路上生活者に教えを乞い、ひとりで国家をつくった男の原点とは - 。(「BOOK」データベースより)

ネットを見ると、久しぶりに小説を読んだ気がする、大変面白い - といった感想があります。他にも、映像が目に浮かぶであるとか、そういえば確かに私も幼い頃にそんな記憶がありますといったメッセージが寄せられています。

要は、肯定的に読みました、ちゃんと伝わってますよ、ということが言いたいのでしょう。まま、その気持ちはわからぬではありせん。

しかしです。

久しぶりに小説を読んだ気がする・・・・って、よくもまあ(いけしゃあしゃあと)そんな(ベタな)ことが言えたもんだと。

冗談じゃない。こんな小説読んだことがない、というのなら分かります。

それと、これも言わせてもらいます。あなたは著者が見たのと同じような景色を、本当に見たことがあるのでしょうか? 幼い日に著者の感じた通りに、かつてあなたも感じたことがある。そう言いたいのでしょうか。

ちょっと待ってください。それはあまりに安直過ぎる言い分ではないかと。私からすれば中々に理解しづらい、ずいぶんと変わった小説に思えるのですが、いかがなものでしょう?もしもあなたが思う通りなら、この本が世に出たそもそもの意味がないのではないかと。

ここに書いてある坂口恭平という人の記憶のあり方は、どう読んでも異質としか思えないような代物です。とてもじゃないが、並みの人間の脳ではこうはいきません。

もちろん(幼い頃の)似たような体験ですから勘違いもするわけですが、彼は明らかに常人とは違う地平にいます。目に映る景色を独自の視点で切り分け、それぞれをまた独自の解釈で理解します。併せて、そこで生きる人の様子にまで気を留めます。

それは天賦の才があればこその「記憶のあり方」で、同じ場所にいて同じものを眺め、同じような体験をする中でも、後になって彼が思い出すのは、そこにいた遊び仲間とはまるで違う景色であり、空気なわけです。坂口恭平は、それほどに異能の人物なのです。

4才のとき、あなたはどうだったのでしょう? おそらくは、確かな記憶さえ薄らいでいるのではないでしょうか。ですから、実は坂口恭平のことがよくは分からないのではないかと。本心を言えば、かなり苦労してこの本を読んだのではと思うのです。

こんなことなら気楽なエンタメでも読めばよかったと後悔しながら、それでも我慢して読んだのではないかと・・・・

 

この本を読んでみてください係数 75/100


幻年時代 (幻冬舎文庫)

 

◆坂口 恭平
1978年熊本県熊本市生まれ。作家の他に、建築家、音楽家、芸術家。
早稲田大学理工学部建築学科卒業。

作品 「独立国家のつくりかた」「家族の哲学」「徘徊タクシー」「ズームイン、服! 」など

関連記事

『ブルース』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ブルース』桜木 紫乃 文芸春秋 2014年12月5日第一刷 ブルース 昨年12月に出た桜木紫乃

記事を読む

『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『白い部屋で月の歌を』 朱川 湊人 角川ホラー文庫 2003年11月10日初版 白い部屋で月の

記事を読む

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 グラニテ (集英社文庫)

記事を読む

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『また次の春へ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『また次の春へ』重松 清 文春文庫 2016年3月10日第一刷 また次の春へ (文春文庫)

記事を読む

『エイジ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『エイジ』重松 清 新潮文庫 2004年7月1日発行 エイジ (新潮文庫)  

記事を読む

『カエルの楽園 2020』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園 2020』百田 尚樹 新潮文庫 2020年6月10日発行 カエルの楽園202

記事を読む

『検事の信義』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の信義』柚月 裕子 角川書店 2019年4月20日初版 検事の信義 累計40万部

記事を読む

『忌中』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『忌中』車谷 長吉 文芸春秋 2003年11月15日第一刷 忌中   5

記事を読む

『かたみ歌』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『かたみ歌』 朱川 湊人 新潮文庫 2008年2月1日第一刷 かたみ歌 (新潮文庫) &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版

『希望病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『希望病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2020年11月11日初版

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版

『裏アカ』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『裏アカ』大石 圭 徳間文庫 2020年5月15日初刷 裏アカ

『鵜頭川村事件』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『鵜頭川村事件』櫛木 理宇 文春文庫 2020年11月10日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑