『ゴースト』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『ゴースト』中島 京子 朝日文庫 2020年11月30日第1刷

ゴースト (朝日文庫)

風格のある原宿の洋館に出没する少女、激動の20世紀を生き抜いたミシン、少しぼけた曾祖父が繰り返す 「リョウユー」 の言葉・・・・・・・。多彩な切り口で戦禍の記憶を現代に蘇らせる、ユーモラスで温かくてどこか切ない7つの幽霊連作集。(朝日文庫)

目次
第一話 原宿の家
第二話 ミシンの履歴
第三話 きららの紙飛行機
第四話 亡霊たち
第五話 キャンプ
第六話 廃 墟
第七話 ゴーストライター

この小説は、今を生きる我々と、遠い過去に命を失くした “幽霊たち” を繋ぐ物語です。鬱蒼とした原宿の館に出没する女の子、20世紀を生き抜いたミシン、廃墟と化した台湾人留学生寮、などが登場します。

では、なに故の幽霊 (ゴースト) かといいますと、全編に共通するのは、彼らが死を迎えた原因や時期はそれぞれ異なりますが 「皆、戦争の影響を受けている」 という点です。幽霊たちは、思い出してほしいと思う人の隣に現れて、思い出すのを黙って待っています。

ひとつふたつ、例を挙げましょう。

第三話のきららの紙飛行機 は、上野の浮浪児だったケンタの幽霊が登場する。一定期間だけ現れて、死因と同じく車に轢かれて消える、ということを繰り返しているらしい。自分の姿が見える女の子、きららと出会う。育児放棄されているきららに、ケンタは心を砕く。戦後の浮浪児と現代の被虐待児の、一日だけの時間の中で飛ばす紙飛行機は、かすかな希望を具現化したようで胸を突く。

第四話の亡霊たちでは、従軍経験のある仙太郎が僚友 と呼ぶ、目には見えない人と語りあっていることをひ孫の千夏が知る。大岡昇平の 『俘虜記』 などの戦争に関する著作の内容と絡ませつつ、当時の出征兵士たちのことを想像する千夏のもとに、現実にそこにある亡霊が現れる。曾祖父の時代と現在が地続きであることと、戦争の亡霊のいるをつきつけられた。(解説より)

ケンタは、辛い。きららは、なお辛い。二人が飛ばす紙飛行機の幸せのあまりな儚さに、その切なさに、胸が震えます。

仙太郎はもはや違う世界のどこかを漂っています。死んで居るはずのない 「リョウユー」 が、そこには確かにいます。なぜか、千夏までもがそれを感じています。

この本を読んでみてください係数 85/100

ゴースト (朝日文庫)

◆中島 京子
1964年東京都生まれ。
東京女子大学文理学部史学科卒業。

作品 「FUTON」「イトウの恋」「均ちゃんの失踪」「冠・婚・葬・祭」「小さいおうち」「眺望絶佳」「妻が椎茸だったころ」「長いお別れ」他多数

関連記事

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷 銀河鉄道の父 第158回直木賞

記事を読む

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷 カウントダウン (宝島

記事を読む

『教団X』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『教団X』中村 文則 集英社文庫 2017年6月30日第一刷 教団X (集英社文庫) 突然自

記事を読む

『崖の館』(佐々木丸美)_書評という名の読書感想文

『崖の館』佐々木 丸美 創元推理文庫 2006年12月22日初版 崖の館 (創元推理文庫)

記事を読む

『完璧な母親』(まさきとしか)_今どうしても読んで欲しい作家NO.1

『完璧な母親』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年3月30日10刷 完璧な母親 (幻冬舎文

記事を読む

『火口のふたり』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『火口のふたり』白石 一文 河出文庫 2015年6月20日初版 火口のふたり (河出文庫)

記事を読む

『きみは誤解している』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『きみは誤解している』佐藤 正午 小学館文庫 2012年3月11日初版 きみは誤解している (

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版   携帯の

記事を読む

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 カエルの楽園 (新潮文庫) 平和な地

記事を読む

『虚談』(京極夏彦)_この現実はすべて虚構だ/書評という名の読書感想文

『虚談』京極 夏彦 角川文庫 2021年10月25日初版 虚談 「 」談 (角川文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑