『もっと超越した所へ。』(根本宗子)_書評という名の読書感想文

『もっと超越した所へ。』根本 宗子 徳間文庫 2022年9月15日初刷

肯定する力で、
全力で愛せ。

稀代の劇作家、初の原作・脚本映画を小説化! 映画版 10.14 Fri 全国公開

好きになった相手はそれぞれクズ。
泣いてないで早く出てってよ!!
と叫んだ4人の女子たちの気持ちが重なり、
超越した恋愛小説が生まれる!
(徳間文庫)

好きになった男を前に、女は 「泣いてないで早く出てってよ!! 」 と言ったのでした。

一方、言われた男はおしなべてクズでした。クズな男が好きになり、それでも男を愛さずにはいられなかった女たちの物語 - 4組、8人の男女が織りなす平場の恋の迷走は、若いあなたの、必ずや共感を得ることでしょう。そう願わずにはいられません。

登場するのは・・・・・・・

櫻井 鈴:旬が過ぎた元女優の鈴は、今はタレントとして働いています。彼女が現在同居しているのは星川富 (ほしかわとむ) こと、とみー。とみーは気の優しい “オカマ” です。

岡崎 真知子:特技は裁縫。性欲がやや強く、それに関して彼女には二大トラウマがあります。現在の彼・怜人は高校の同級生。偶然の再会の後、不本意ながら同棲することに。

安西 美和たいちゃんとは美和が働くガールズバーで知り合いました。LINEを交換し、連日美和が送り続けることで、やがて二人は付き合うようになります。

北川 七瀬:働かない父親と、元AV女優の母の間に生まれた七瀬は、物心つく前からジュニアグラビアをやらされていました。それが自分の性に合っていたのか、彼女は成人して風俗嬢になります。七瀬が働く店の常連客、それが現在の彼・慎太郎でした。

以上がざくっとした現況で、目次でいうと、
それぞれの序章 から始まり、
2020年1月のわたしたち
2020年3月14日のわたしたち あたりまでは似たような状況が続き、ここで話は一旦、

2018年8月31日の僕たち と、ここで初めて男たちが語ります。

そして、再び
2020年4月1日 へと時間は戻るのですが、ここで話は終わりかと思いきや、そういうわけではありません。黒いだけのページを間にはさみ、話は今しばらく続きます。

※実は、登場人物たちの過去にはこんなことがありました。

〇鈴はとみーと出会う前、実は、慎太郎と付き合っていました。
〇真知子は、怜人と再会する前、実は、とみーと付き合っていました。
〇美和はたいちゃんと出会う前、実は、怜人と付き合っていました。。
〇七瀬は慎太郎をただの客だと思えなくなる前、実は、たいちゃんと付き合っていました。

狭い世間ではままあることですが、念のため知らせておこうと思います。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆根本 宗子
1989年東京都生まれ。

作品 19歳で劇団・月刊 「根本宗子」 を旗揚げ。以降、劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛ける。2022年には、初の小説となる 「今、出来る、精一杯。」 (小学館) を上梓。舞台 「もっと超越した所へ。」 (2015年上演) を原作とした同名映画の脚本を担当した。本作は、自身による書下ろし小説版となる。

関連記事

『メタモルフォシス』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『メタモルフォシス』羽田 圭介 新潮文庫 2015年11月1日発行 メタモルフォシス (新潮文

記事を読む

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』西村 賢太 文春文庫 2020年12月10日第1刷

記事を読む

『阿弥陀堂だより』(南木佳士)_書評という名の読書感想文

『阿弥陀堂だより』南木 佳士 文春文庫 2002年8月10日第一刷 阿弥陀堂だより (文春文庫

記事を読む

『舞台』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『舞台』西 加奈子 講談社文庫 2017年1月13日第一刷 舞台 (講談社文庫) 太宰治『人

記事を読む

『教団X』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『教団X』中村 文則 集英社文庫 2017年6月30日第一刷 教団X (集英社文庫) 突然自

記事を読む

『豆の上で眠る』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『豆の上で眠る』湊 かなえ 新潮文庫 2017年7月1日発行 豆の上で眠る (新潮文庫) 小

記事を読む

『まともな家の子供はいない』津村記久子_書評という名の読書感想文

『まともな家の子供はいない』 津村 記久子 筑摩書房 2011年8月10日初版 まともな家の子

記事を読む

『作家刑事毒島』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『作家刑事毒島』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年10月10日初版 作家刑事毒島 (幻冬舎文庫

記事を読む

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 グラニテ (集英社文庫)

記事を読む

『長いお別れ』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『長いお別れ』中島 京子 文春文庫 2018年3月10日第一刷 長いお別れ (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑