『鞠子はすてきな役立たず』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『鞠子はすてきな役立たず』山崎 ナオコーラ 河出文庫 2021年8月20日初版発行

「働かざるもの、食うべからず」 と幼い頃から父親に言われてきた小太郎。経済的自立を目指し高卒で銀行員になった小太郎だが、院卒で書店アルバイトの鞠子は、結婚後は主婦を希望。絵手紙や家庭菜園など次々に趣味を楽しみ始める。人と比べず、自分の満足を大事にする鞠子。価値観の違う二人の生活の行方は!? 『趣味で腹いっぱい』 を改題。(河出文庫)

サラリーマン時代、私は働くことが嫌でした。嫌で嫌で仕方なく、何とかしてその状況から脱出し、もっと楽な気持ちで暮らせる方法はないものかと、そんなことばかりを考えていました。どこかで、漠然と 「これは自分が望んだ生き方とは違う」 と感じていました。

それに引き換え、周りの上司や同僚らは概して真面目で、(全員が 「仕事がデキる」 わけではありませんでしたが) 勤勉で粘り強く、たとえ理不尽な扱いを受けたとしても、滅多なことではへこたれません。

今考えれば、それは当然といえば当然で、各々理由や事情があってその会社へ就職し、(誰しもが) そう簡単に辞めるわけにはいかなかったのですから。

文庫版あとがきのようなもの (からの抜粋)

文庫化にあたって読み直したところ、面白かった。作者が 「面白い」 なんて言ったら興醒めかもしれないが、読み始めたら読むのが止まらなくなった。鞠子や小太郎が自分の知らない地平に連れていってくれる感じだった。

しんぶん赤旗に連載したときは、「媒体は意識しなくていいですよ」 と記者さんに言ってもらえたので、自由に書こうと思ったのだが、労働を大事にしていそうだから裏をかいて趣味の物語にしようかな、といったいたずらな心が正直あった。そうして、絵手紙を揶揄するように書いた回が、絵手紙コーナーの下の欄に掲載されたときがあって、ディスっていると思われたらどうしようかと心配になったこともあった。けれども、新聞購読者の方々はあたたかく読んでくださり、意外にも連載は好評だったみたいだ。

本を出したあと、主婦をしているという方から、主婦を素敵に書いてくださってありがとうございます、というようなメッセージをインスタグラムでもらった。それが心に染みた。

そうだ、私も主婦や主夫を素敵なものだと知りたかったんだ。若い頃の私は金が好きで、収入によって自信を得ているようなところがあった。でも、だんだんと金の時代の終わりを察するようになり (そう、未来において金は流行らなくなる)、考えを変えたい、と思い始めた。そうして、この小説を書きながら、鞠子と小太郎と散歩をして、考えが変わってきた。再読して、さらに考えが深まったように思う。

※私は男性で、「小太郎」 の立場になって読みました。みなさんは、小太郎のように、妻の鞠子に寛容でいられるでしょうか? 夫の小太郎の稼ぎがある限り、鞠子は敢えて働こうとはしません。気持ちの赴くままに、次から次へと趣味を増やしていきます。彼女の中には譲れない、確固とした言い分があります。果たして、あなたはそれを論破できるでしょうか。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆山崎 ナオコーラ
1978年福岡県北九州市生まれ。埼玉県で育ち、東京都在住。本名は、山崎直子。
國學院大學文学部日本文学科卒業。

作品 「人のセックスを笑うな」「浮世でランチ」「カツラ美容室別室」「論理と感性は相反しない」「手」「ニキの屈辱」「昼田とハッコウ」他多数

関連記事

『村でいちばんの首吊りの木』(辻真先)_書評という名の読書感想文

『村でいちばんの首吊りの木』 辻 真先 実業之日本社文庫 2023年8月15日 初版第1刷発行

記事を読む

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年11月30日初版

記事を読む

『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版 電車内で女子高生に痴漢

記事を読む

『かわいい結婚』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『かわいい結婚』山内 マリコ 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 結婚して専業主婦となった29

記事を読む

『真夜中のマーチ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『真夜中のマーチ』奥田 英朗 集英社文庫 2019年6月8日第12刷 自称青年実業

記事を読む

『放課後の音符(キイノート)』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『放課後の音符(キイノート)』山田 詠美 新潮文庫 1995年3月1日第一刷 【大人でも子供で

記事を読む

『僕はロボットごしの君に恋をする』(山田悠介)_幾つであろうと仕方ない。切ないものは切ない。

『僕はロボットごしの君に恋をする』山田 悠介 河出文庫 2020年4月30日初版

記事を読む

『前世は兎』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『前世は兎』吉村 萬壱 集英社 2018年10月30日第一刷 7年余りを雌兎として

記事を読む

『Aではない君と』(薬丸岳)_書評という名の読書感想文

『Aではない君と』薬丸 岳 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 あの晩、あの電話に出ていたら。

記事を読む

『孤狼の血』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『孤狼の血』柚月 裕子 角川文庫 2017年8月25日初版 昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑