『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人)_書評という名の読書感想文

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳 碧人 双葉社 2019年6月3日第5刷

むかしむかしあるところに、死体がありました。

昔ばなし×ミステリ 読めば必ず誰かに話したくなる、驚き連続の作品集!

昔ばなし、な・の・に、新しい。
鬼退治。桃太郎って・・・・・・え、そうなの?
大きくなあれ。一寸法師が・・・・・・・ヤバすぎる!
ここ掘れワンワン。埋まっているのは・・・・・・・ええ!?
「浦島太郎」 や 「鶴の恩返し」 といった皆さんよくご存じの 《日本昔ばなし》 を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ! 「一寸法師の不在証明」「花咲か死者伝言」「つるの倒叙がえし」「密室龍宮城」「絶海の鬼ヶ島」 の全5編収録。(アマゾン内容紹介より)

打ち出の小槌を振ると、一寸法師の身体はみるみる大きくなり、見目麗しき若者へと変身を遂げます。花咲か爺さんという人はそれはそれは良い人で、そんな人は滅多にいないのでした。鶴の恩返しに登場する鶴の名前は、そう言えば “つう” といいました。何十年ぶりかにそんなことを思い出しました。

浦島太郎は乙姫からあれほど強く言われたにもかかわらず、我慢ができずに玉手箱を開けてしまいます。というか、何が為に乙姫は太郎にあんなものをお土産として渡したのでしょう? それがわかりません。

鬼ヶ島には、十三頭の鬼が住んでいます。
鬼厳 (黒鬼) と鬼おばば (黄鬼) の老姉弟。
鬼朗 (赤鬼) と鬼太 (赤鬼) の兄弟。
鬼松 (青鬼) と鬼茂 (青鬼) の父子。
鬼三 (黄鬼)、鬼菊 (桃色鬼) の夫婦とその娘、鬼百合 (桃色鬼)。
鬼兵 (緑鬼)、鬼藤 (赤鬼) の夫婦とその娘、鬼梅 (緑鬼)。
そして、孤高気取りの気障なみなしご、鬼広 (青鬼)。

もう鬼、鬼、鬼の、鬼だらけ。鬼の兄弟やら夫婦やらがやたら登場してきます。そんな中、鬼と鬼との壮絶な殺戮合戦が繰り広げられます。桃太郎は一体どこへ行ったのでしょう?

※鬼ヶ島の鬼ほどではないにせよ、それぞれがそれぞれに “裏” があり、いろんな仕掛けが施してあります。一筋縄ではいきません。思う以上に、ややこしい。そして、必ず誰かが殺されます。ヒーローが、ときに殺人者となります。

[概要]
・一寸法師の不在証明 お姫様を鬼から守った一寸法師。打ち出の小槌で大きくなった彼は、それはそれは立派な若者となり、お姫様と結婚することになります。ところが、そこまではよかったのですが・・・・・・・。

・花咲か死者伝言 灰をまいて、花を咲かせていたお爺さん。お殿様からもらったご褒美を、村に寄付するような優しい人でした。ところがある日、お爺さんは何者かの手で殺されていたのでした・・・・・・・。

・つるの倒叙がえし 村の青年が、宿に困っていたつうを泊めました。そのお礼にと、つうは反物を織りますが、それが高く売れると知った青年は、「もっと織れ」 とつうに迫ります。(いやがうえにも二度読みすることになります。「倒叙」 とは? まずそれを調べてください! )

・密室龍宮城 亀を助けた浦島太郎は、連れて行かれた龍宮城で飲めや歌えの大宴会。そんな中、伊勢海老のおいせが殺されました・・・・・・・。

・絶海の鬼ヶ島 鬼ヶ島で行われた桃太郎とその仲間たちVS鬼たちの戦いは、桃太郎側の勝利に終わりました。でも本当の戦いは、そこから始まったのでした・・・・・・・。

この本を読んでみてください係数 85/100

むかしむかしあるところに、死体がありました。

◆青柳 碧人
1980年千葉県生まれ。
早稲田大学教育学部卒業。

作品 「浜村渚の計算ノート」「ブタカン! 」「西川麻子」など人気シリーズ多数 

関連記事

『不愉快な本の続編』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『不愉快な本の続編』絲山 秋子 新潮文庫 2015年6月1日発行 不愉快な本の続編 &n

記事を読む

『あのひとは蜘蛛を潰せない』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『あのひとは蜘蛛を潰せない』彩瀬 まる 新潮文庫 2015年9月1日発行 あのひとは蜘蛛を潰せ

記事を読む

『身分帳』(佐木隆三)_書評という名の読書感想文

『身分帳』佐木 隆三 講談社文庫 2020年7月15日第1刷 身分帳 (講談社文庫)

記事を読む

『貴婦人Aの蘇生』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『貴婦人Aの蘇生』小川 洋子 朝日文庫 2005年12月30日第一刷 貴婦人Aの蘇生 (朝日文

記事を読む

『私の家では何も起こらない』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『私の家では何も起こらない』恩田 陸 角川文庫 2016年11月25日初版 私の家では何も起こ

記事を読む

『死にたくなったら電話して』(李龍徳/イ・ヨンドク)_書評という名の読書感想文

『死にたくなったら電話して』李龍徳(イ・ヨンドク) 河出書房新社 2014年11月30日初版

記事を読む

『海馬の尻尾』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『海馬の尻尾』荻原 浩 光文社文庫 2020年8月20日初版 海馬の尻尾 (光文社文庫)

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版 平場の月 五十歳の再会

記事を読む

『夜をぶっとばせ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『夜をぶっとばせ』井上 荒野 朝日文庫 2016年5月30日第一刷 夜をぶっとばせ (朝日文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『嫌な女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『嫌な女』桂 望実 光文社文庫 2013年8月5日6刷 嫌な女

『新装版 汝の名』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 汝の名』明野 照葉 中公文庫 2020年12月25日改版発

『妻は忘れない』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『妻は忘れない』矢樹 純 新潮文庫 2020年11月1日発行

『本性』(黒木渚)_書評という名の読書感想文

『本性』黒木 渚 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 本

『庭』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『庭』小山田 浩子 新潮文庫 2021年1月1日発行 庭(新潮

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑