『ひざまずいて足をお舐め』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ひざまずいて足をお舐め』山田 詠美 新潮文庫 1991年11月25日発行


ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)

SMクラブの女王様が、新人賞受賞の注目作家になった! 親友、忍お姉さんが語る主人公・ちかの世界は、ストリップ劇場、黒人に群がる女達、SMクラブの女王様と奴隷たち・・・・と猥雑だけど、なぜか不思議に澄みきっている - 夜の世界をあっけらかんと遊泳しながら作家となったちかの本音と過去の記憶を、恋愛についての様々な真理をちりばめながら綴る著者の虚構的半自叙伝小説。(新潮文庫)

こんなことを、こんなふうに(当たり前のように)して書く人を私は他に知りません。メチャメチャいやらしいことが書いてあるのに、ちっともいやらしいと感じません。それとは別に、違う話を読まされているような感じがします。

物語は終始会話調で推移します。進行役は、忍姉さん。忍姉さんが(著者の)分身かと思いきや、最初脇役のようにして登場するちかこそが若き日の山田詠美を映しています。ちかは、ある時こんなことを言います。

私さあ、もしかしたら、小説を書くようになるだろうってこと、小さい頃から予感してたのかなあって今、時々、思っちゃう。作家とは言わなくても、そういう物を見る目を必要とする仕事につくんじゃないかなあってね。ちゃんと、それを自覚したのは高校の時、その時、私は、いわゆる勉強というものを、すべて止めたんだ。私のこれからの人生を有効に使うためには、こういうこと、しない方がいいんじゃないかなあって漠然と感じたんだ。

二十歳になったちかはSMクラブ〈女王様の館〉で働くことになり、そこで知り合った先輩女王・忍お姉さんと姉妹のようにして暮らすうち、密かに小説を書き溜め、ある文学賞の新人賞を受賞します。

彼女が書いたのは、黒人男性とのラブストーリー。性描写の溢れる衝撃的な作品は言うに及ばず、彼女の、作家らしからぬ(それはみごとなまでに作家たるイメージを損なっています)経歴も併せ、大いに世間の注目を浴びることとなります。

しかし、そのとき多くの人たちは、ちかという女性の本当の姿を知りません。彼女が本当に書こうとしたことに気が付いてるのは、まだわずかばかりの人々です。

この小説の冒頭にある文章を紹介します。私なんかは思うのです。ここだけ読んでも、もう十二分に読んだ甲斐があるのではないかと・・・・・

だいたい男を知らないお嬢さんてわけでもないのにちかときたら私が男の口の中に唾を吐くのを見てトイレに駆け込んでやがる。まったくもう、金をどうしても稼ぎたいから忍お姉さん、仕事を教えてくれって言って来たのはあんたなんだよ。

でも、まあ、仕方がないか。あたしだって、最初、この世界に入った時は、あまりの男の醜態にげえっと来たもんね。だけど、数年やってりゃあ職人と同じ。自分の技術だけが信じられるもんになってくるから、男が涎を流してすり寄って来ようが、目の前で大便をたれ流そうがどうってことない。

私はプロフェッショナルなんだって、誇りすら持ち始めちまうもんなんだ。だから四つん這いになって私を見上げる男をいじらしいとすら思えて来るよ。そんな時、私は男の頼りないおちんちんをハイヒールの踵で思いきり踏みつけて苦痛に歪む男の顔を楽しみながら煙草をふかして平然としたまま言い切ることが出来るよ。

ひざまずいて足をお舐めって、ね。

※この人こんなことを書く一方で、それはそれは傑作な少年少女ものの小説を書いているのをご存じでしょうか?  嘘だと思うなら、試しに『僕は勉強ができない』や『風葬の教室』なんかを読んでみてください。あまりの落差に驚いて、たちまち見る目が変わるに違いありません。

この本を読んでみてください係数  90/100


ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)

◆山田 詠美
1959年東京都板橋区生まれ。
明治大学日本文学科中退。

作品 「僕は勉強ができない」「蝶々の纏足・風葬の教室」「ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー」「ジェントルマン」「ベッドタイムアイズ」「A2Z」「色彩の息子」「学問」「放課後の音符」「風味絶佳」他多数

関連記事

『デッドエンドの思い出』(よしもとばなな)_書評という名の読書感想文

『デッドエンドの思い出』よしもと ばなな 文春文庫 2006年7月10日第一刷 デッドエンドの

記事を読む

『八月の青い蝶』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『八月の青い蝶』周防 柳 集英社文庫 2016年5月25日第一刷 八月の青い蝶 (集英社文庫)

記事を読む

『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ファーストラヴ (文春文

記事を読む

『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『ルビンの壺が割れた』宿野 かほる 新潮社 2017年8月20日発行 ルビンの壺が割れた こ

記事を読む

『ホーンテッド・キャンパス』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『ホーンテッド・キャンパス』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2012年12月25日初版 ホーンテッ

記事を読む

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版 平場の月 五十歳の再会

記事を読む

『ひなた弁当』(山本甲士)_書評という名の読書感想文

『ひなた弁当』山本 甲士 小学館文庫 2019年3月20日第9刷 ひなた弁当 (小学館文庫)

記事を読む

『64(ロクヨン)』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『64(ロクヨン)』横山 秀夫 文芸春秋 2012年10月25日第一刷 64(ロクヨン) 上

記事を読む

『ほろびぬ姫』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ほろびぬ姫』井上 荒野 新潮文庫 2016年6月1日発行 ほろびぬ姫 (新潮文庫) &

記事を読む

『ハラサキ』(野城亮)_書評という名の読書感想文

『ハラサキ』野城 亮 角川ホラー文庫 2017年10月25日初版 ハラサキ (角川ホラー文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑