『夜の木の下で』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『夜の木の下で』(湯本香樹実), 作家別(や行), 書評(や行), 湯本香樹実

『夜の木の下で』湯本 香樹実 新潮文庫 2017年11月1日発行

話したかったことと、話せなかったこと。はじめての秘密。ゆれ惑う仄かなエロス。つないだ手の先の安堵と信頼。生と死のあわい。読み進めるにつれ、あざやかに呼び覚まされる記憶。静かに語られる物語に深く心を揺さぶられる、極上の傑作小説集。(「BOOK」データベースより)

極めて上質な文章に、(当たり前のことですが)敵わないと思うと同時に、めぐり合えた幸運に心から感謝したいと思います。

ここには、かつての、幼い日の「あなた」がいます。著者が語る個別のものであっても、それはそのまま、あなたの記憶に通じています。6つの物語を通して、あなたはきっと遠い昔の「あなた自身」を思い起こすはずです。

忘れてしまったことや失くしてしまったと思い込んでいたもののすべてが、実はそうではなかったのだと思い返すに違いありません。昔感じた言葉にならない感情が、遠い記憶とともにあざやかに蘇る。そんな物語が収められています。

すべての文節に光がさしている。これはそんな小説集だ。悲しみや痛みを語る言葉も、分けへだてなく透明な明るさに満たされている。

単に文章が美しいのではない。この本を手に持ち、字面を追っていくうちに、読み手の意識や、そのひとりひとりが抱える傷までもが光に満たされていくような、独自の感じがあるのだ。

その秘密はおそらく「時間」にある。作品の中に降り積もる時間の層が、雨水をろ過する地層のように、言葉の透明度を増すはたらきをしているのである。(梯久美子/解説より)

さあ、極上の物語を味わってみてください。あなたはきっと少し立ちつくすような感じになるはずです。来し方を思い、涙するかもしれません。しかしそれは悲しいからではなくて、慎ましくたおやかな文章に絆されてつい泣けてくる。たぶん、そんなことではないだろうかと。

※収録作品 「緑の洞窟」「焼却炉」「リターン・マッチ」「私のサドル」「マジック・フルート」「夜の木の下で」

この本を読んでみてください係数 85/100

◆湯本 香樹実
1959年東京都生まれ。
東京音楽大学音楽学部作曲学科卒業。

作品 「夏の庭 - The Friend」「西日の町」「くまとやまねこ」「ポプラの秋」「わたしのおじさん」「岸辺の旅」「春のオルガン」他

関連記事

『やさしい猫』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『やさしい猫』中島 京子 中央公論新社 2023年5月30日8版発行 吉川英治文学

記事を読む

『安岡章太郎 戦争小説集成』(安岡章太郎)_書評という名の読書感想文

『安岡章太郎 戦争小説集成』安岡 章太郎 中公文庫 2018年6月25日初版 満州北部の孫呉に応召

記事を読む

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第1刷 一体どう

記事を読む

『夢を与える』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『夢を与える』綿矢 りさ 河出文庫 2012年10月20日初版 こんなシーンがあります。

記事を読む

『岸辺の旅』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『岸辺の旅』湯本 香樹実 文春文庫 2012年8月10日第一刷 きみが三年の間どうしていたか、話し

記事を読む

『朽ちないサクラ』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『朽ちないサクラ』柚月 裕子 徳間文庫 2019年5月31日第7刷 (物語の冒頭)森

記事を読む

『山中静夫氏の尊厳死』(南木佳士)_書評という名の読書感想文

『山中静夫氏の尊厳死』南木 佳士 文春文庫 2019年7月15日第2刷 生まれ故郷

記事を読む

『王とサーカス』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『王とサーカス』米澤 穂信 創元推理文庫 2018年8月31日初版 2001年、新聞社を辞めたばか

記事を読む

『私の頭が正常であったなら』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『私の頭が正常であったなら』山白 朝子 角川文庫 2021年1月25日初版 私の哀

記事を読む

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版 田園に続く一本道が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑