『憂鬱たち』(金原ひとみ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『憂鬱たち』(金原ひとみ), 作家別(か行), 書評(や行), 金原ひとみ

『憂鬱たち』金原 ひとみ 文芸春秋 2009年9月30日第一刷

金原ひとみと綿矢りさ、二人の若い女性が同時に芥川賞を受賞したのは2004年のことでした。もう10年経ったわけですが、このニュースは当時結構大きな話題になりました。
小説の内容もそうですが、やはり世間は二十歳を過ぎたばかりの二人の見た目の違いに大いなる関心を寄せたのだと思います。

清楚でいかにも育ちの良さそうな綿矢りさに対して、金原ひとみの印象はまさしく元ヤン風で、結構色んな経験積んでますけどまぁたいして面白くもないのでこの辺で小説でも書いてみようかな、なんて思っただけっス...みたいな、世間を斜に見た姉貴に見えたのです。

断っておきますが、それは受賞時の印象に限ったことです。私はその後彼女たちの書いた小説を読んでいませんし、書店で手に取ることもありませんでした。
私にとって彼女たちはあまりにも若かったのです。親子ほど年の離れた若き才能を素直に受け入れられなかったのかも知れません。彼女たちも三十歳を過ぎましたので(金原ひとみは二人の娘を持つ母親です)、ようやく読んでみる気になったわけです。
・・・・・・・・・・
いいですね。実にいい。
「デリラ」「ミンク」「デンマ」と読み進むにつれて、何がいいのか分かってきました。
主人公の(神田)憂が交わす会話、会話になってない会話がとても面白い。

ドラマや映画ではすっきりとかみ合う会話が、憂と憂の相手では全くとんちんかんな会話にしかならないのです。笑いますが、きっと現実はそんなものなんですよね。作り物の方がわざとらしくて、実際は行きつ戻りつオタオタしながら誰もが話しているわけです。

憂は元々憂鬱病を患っていて、やっと外出できるようになったばかりなのですが、そのことで会話が成立しない訳ではありません。会話が成立しているふりをしないと世の中ではうまく生きられない、世の中変ですよという警告なのです。

神田憂は、自分のなかに分裂や違和感を抱えて生きています。
今日こそは精神科へ行こうと出かけるのですが、決まって別の所に足が向くのでした。
カイズは、髭を生やしていて禿かけでうだつの上がらない中年です。
ウツイ君は、背が高くて端正な顔立ちだけれど痛い青年です。

物語は7編用意されていますが、登場人物は全てこの3人です。
カイズとウツイ君は、編毎に、役者のようにキャラクターを変えて登場します。
カイズとウツイ君は変な奴です。二人と関わる憂も変になり、現実が遠退きます。

金原ひとみは、現実をより現実的に描くために非現実を選んで書いたと言います。
彼女が伝えたいのは「憂鬱があってこその人間だ」というメッセージであり、普通に生きていることはもはや不可能で、憂鬱を肯定した上でしか語れない、と言うのです。

「何もないのに普通に憂鬱」「ストーリーもドラマも、ヒューマニズムにも依存しない、ただ空っぽな一人の人間」...金原ひとみがこの小説で憂に与えたキャラクターです。

【参 考】7編のタイトルは全てカタカナ3文字になっています。
「デリラ」・・「DERIRA」 憂がアルバイトに採用されたバーの店名。
「ミンク」・・ブランドショップで憂は無性にミンクの毛皮が欲しくなります。
「デンマ」・・秋葉原のラオックスで憂は電気マッサージ器を買います。
「マンボ」・・憂が同乗したタクシーのなかでカイズさんが思わず言った言葉。
「ピアス」・・憂が行きたい精神科が入ったビルにはピアッシングスタジオがありました。
「ゼイリ」・・憂は税理士からの確定申告用の書類の督促に弱り切っています。
「ジビカ」・・蕁麻疹、胃炎に続いて今度は耳鳴りに苦しむ憂です。

この本を読んでみてください係数 85/100


◆金原 ひとみ

1983年東京都生まれ。パリ在住。

文化学院高等課程中退。小学4年生で不登校になり、中学、高校にはほとんど通っていない。小学6年のとき、父親の留学に伴い、1年間サンフランシスコで暮らす。

作品 「蛇にピアス」「アッシュベイビー」「AMEBIC アミービック」「オートフィクション」「ハイドラ」「星へ落ちる」「TRIP TRAP」「マザーズ」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『陰日向に咲く』(劇団ひとり)_書評という名の読書感想文

『陰日向に咲く』劇団ひとり 幻冬舎文庫 2008年8月10日初版発行 この本が出版されたのは、も

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 「この本は何も教えてくれな

記事を読む

『じっと手を見る』(窪美澄)_自分の弱さ。人生の苦さ。

『じっと手を見る』窪 美澄 幻冬舎文庫 2020年4月10日初版 物語の舞台は、富

記事を読む

『福袋』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『福袋』角田 光代 河出文庫 2010年12月20日初版 私たちはだれも、中身のわ

記事を読む

『あこがれ』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『あこがれ』川上 未映子 新潮文庫 2018年7月1日発行 第1回 渡辺淳一文学賞受賞作品 ま

記事を読む

『占/URA』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『占/URA』木内 昇 新潮文庫 2023年3月1日発行 占いは信じないと思ってい

記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』(中野量太)_書評という名の読書感想文

『湯を沸かすほどの熱い愛』中野 量太 文春文庫 2016年10月10日第一刷 夫が出奔し家業の銭湯

記事を読む

『妖談』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『妖談』車谷 長吉 文春文庫 2013年7月10日第一刷 ずっとそうなのです。なぜこの人の書

記事を読む

『夢を売る男』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『夢を売る男』百田 尚樹 幻冬舎文庫 2015年5月1日初版 『永遠の0 (ゼロ)

記事を読む

『夜蜘蛛』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『夜蜘蛛』田中 慎弥 文春文庫 2015年4月15日第一刷 芥川賞を受賞した『共喰い』に続く作品

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑