『空中庭園』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『空中庭園』角田 光代 文春文庫 2005年7月10日第一刷


空中庭園 (文春文庫)

 

郊外のダンチで暮らす京橋家のモットーは「何ごともつつみかくさず」。でも、本当はみんなが秘密を持っており、それぞれが違う方向へ。異質でありながらも家族であるしかない、普通の家族に見える一家の光と影・・・ひとりひとりが閉ざす透明なドアから見える風景を描いた連作家族小説。第3回婦人公論文芸賞受賞。(文春文庫解説より)

「あたしはラブホテルで仕込まれた子どもであるらしい」- 15歳になる京橋家の長女・マナが呟くこんな言葉から小説は始まります。この冒頭のくだりがすでに傑作なのですが、内容の深刻さとは裏腹に、物語は軽妙に過ぎるくらいのタッチで描かれていきます。

ちょっとマセた感じの今どきの高校生・マナは、ひょんなことから自分がこの世に生を受けたそもそもの場所がラブホテルだったと聞かされます。母親が言うには、その日は運悪くどこも満員で、そこしかなくて仕方なく入ったのが「ホテル野猿」だったのだと。

高速道路のインター近くに林立するホテルの中で、いっとうダサい名前のラブホで仕込まれて生を受けたのが私で、それはどうしようもない事実なんだと、マナは思います。

15歳という、非常に多感な年齢であるところのマナが、なぜ自分の仕込まれた場所を知ったかについては、二つの理由があります。

ひとつは、クラスメイトの木村ハナの話です。実はこの部分はさして重要ではなく、二つ目の理由に至る、謂わば〈前振り〉でしかありません。しかし、私はこういう〈前振り〉をさらりと書けてしまう、角田光代という人が大好きです。(気になる方は、ぜひ本編を読んでみてください)

さて、肝心の二つ目の理由です。京橋家では、全員がある約束のもとに家族を営んでいます。その約束とは「何事もつつみ隠さず、タブーを作らず、できるだけすべてのことを分かち合う」ということ。京橋家では、みんながこのモットーにもとづいて暮らしています。

ですから、普通なら適当にごまかして済ませてしまうようなマナの質問に対して、母親の絵里子はいともあっさりと事実を伝えます。あたしはいったいどこで仕込まれたのかと訊ねる娘に向かって、その日のホテルの混み具合までも事細かに説明するのでした。

「何ごともつつみ隠さない」というのは、絵里子と夫の貴史の基本的な考えです。隠すというのは恥ずかしいからであり、悪いことで、みっともないから隠すのであり、我々の生活には隠すべきことなどあり得ない、という強い信念から生まれた方針なのです。

しかし、この「方針」という代物は読むからに空々しく、まやかし以外の何ものでもありません。そんな「まやかし」の一つ一つについて、つまり、家族一人一人の「知られざる顔」をつぶさに暴き出し、晒してみせるのが『空中庭園』という小説です。

章ごとに語り手が変わっていきます。まずは、そのラインナップを紹介しましょう。

第一章「ラブリー・ホーム」・・・語り手は、京橋家の長女・マナ。
第二章「チョロQ」・・・語り手は、貴史。絵里子の夫であり、マナとコウの父親。
第三章「空中庭園」・・・語り手は、絵里子。
第四章「キルト」・・・語り手は、木ノ崎さと子。一人暮らしの、絵里子の母親。
第五章「鍵つきドア」・・・語り手は、北野三奈こと、ミーナ。貴史の二番目の愛人。
第六章「光の、闇の」・・・語り手は、コウ。京橋家の長男。マナの弟。中学生。

それぞれが自分の視点で自らを語るわけですが、当然のことながら、貴史に二人の愛人がいるなどということは家族には知る由もありません。そこで登場するのが、北野三奈(貴史は彼女をミーナと呼んでいます)という女性です。

貴史には、ミーナの前に実に17年に及んで不倫関係を続けている飯塚という女性がいます。飯塚という女性がいながら、貴史はミーナとも関係を持っているわけです。ミーナは26歳。実年齢よりもはるかに若く見える、ちょっとバカっぽい女性です。

さと子は、2人の孫(マナとコウ)には近くに住むごく普通の祖母ですが、実の娘である絵里子との関係となると、これがなかなかに複雑です。2人は決して仲のいい母娘ではありません。絵里子は結婚する前からさと子を憎々しく思っており、時に殺意を抱くことさえあったのです。

そのさと子が、事ある毎に絵里子を呼び出します。子どもが小さかった頃は、どうかすると自分の方から押しかけて、来ると決まって食事をしてから帰ります。今でこそそれも無くなりましたが、相変わらず絵里子を呼び出してはあれこれ細かな用事を頼みます。

さと子と絵里子は、他人から見ると行き来の絶えない仲のいい母娘。絵里子とマナは、あくまで朗らかで気の置けない関係で、コウは大人しくて、素直な少年です。

そして、夫の貴史。 おそらくどこの家でも似たようなものでしょうが、貴史は元から空気のような存在で、故に「家族の方針」がより有効に機能している人物、と言えなくもありません。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


空中庭園 (文春文庫)

◆角田 光代
1967年神奈川県横浜市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「対岸の彼女」「紙の月」「八日目の蝉」「ロック母」「マザコン」「だれかのいとしいひと」「ドラママチ」「それもまたちいさな光」「かなたの子」「笹の舟で海をわたる」「幾千の夜、昨日の月」ほか多数

関連記事

『ギブ・ミー・ア・チャンス』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『ギブ・ミー・ア・チャンス』荻原 浩 文春文庫 2018年10月10日第1刷 ギブ・ミー・ア

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 断片的なものの社会学

記事を読む

『孤独の歌声』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『孤独の歌声』天童 荒太 新潮文庫 1997年3月1日発行 孤独の歌声 (新潮文庫) &

記事を読む

『カエルの楽園 2020』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園 2020』百田 尚樹 新潮文庫 2020年6月10日発行 カエルの楽園202

記事を読む

『孤虫症』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『孤虫症』真梨 幸子 講談社文庫 2008年10月15日第一刷 孤虫症 (講談社文庫) 真梨幸子

記事を読む

『漁港の肉子ちゃん』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『漁港の肉子ちゃん』西 加奈子 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文

記事を読む

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) ミドリ公園に

記事を読む

『献灯使』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『献灯使』多和田 葉子 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 献灯使 (講談社文庫) 大災厄

記事を読む

『ギッちょん』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『ギッちょん』山下 澄人 文春文庫 2017年4月10日第一刷 ギッちょん (文春文庫) 四

記事を読む

『教場』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『教場』長岡 弘樹 小学館 2013年6月24日初版 教場 この人の名前が広く知られるようになっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ドクター・デスの遺産』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ドクター・デスの遺産』中山 七里 角川文庫 2020年5月15日4

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』草凪 優 実業之日本社文庫 20

『肉弾』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『肉弾』河﨑 秋子 角川文庫 2020年6月25日初版 肉弾

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷

『少年と犬』(馳星周)_書評という名の読書感想文

『少年と犬』馳 星周 文藝春秋 2020年7月25日第4刷 【

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑