『本性』(黒木渚)_書評という名の読書感想文

『本性』黒木 渚 講談社文庫 2020年12月15日第1刷

本性 (講談社文庫)

異常度 ★★★★★ 
孤高のミュージシャンにして小説家、黒木渚ワールド全開の短編集! 震えろ、この才能に。

「あなた、一年後に死ぬわよ」。嘘っぱちの予言から二年。全てを吹っ切って “普通” から飛び出したサイコは、地蔵と結婚したエリと奇妙な同居生活を送っている。ある晩二人は、浮気したという地蔵に別れを告げるべく中目黒の道端に返しに行くが - (「超不自然主義」) 人間の内なる歪さに、華麗に切り込む短編集。(講談社文庫)

目次
・超不自然主義
・東京回遊
・ぱんぱかぱーんとぴーひゃらら

あなた、一年後に死ぬわよ
ぶくぶくに太った中年の占い女に言われてから二年。
生き残った私はあの時よりも断然生きている。断然生きているし、スーパー健全な精神でもって楽しくやっている。

エリちゃんは私より多分七歳くらい年上だけど、童顔でかわいい顔をしていると思う。三十代には全然見えないし、色が白くて処女みたいな清潔感がある。私が帰ると、夕食を作ってくれている時もあって、何かとよくしてくれる。

でも、何ていうか、エリちゃんはひどくこじらせている。どうしようもないことを、ミキサー車みたいにお腹の中で撹拌し続けるタイプで、私はその面倒くささに付き合う代わりに、3LDKのエリちゃんちの一間に居候させてもらっているのだ。

「・・・・・・・サイコ、私決めたよ」
「何を? 」
「別れることにした」
エリちゃんの目に再び涙がこみあげる。みるみるうちに涙の粒が膨らんで、目の縁からこぼれ落ちた。
「別れるって、旦那さんとってこと? 」
「それ以外に誰と別れるのよ」

「そっか。それは分った・・・・・・・けど」
正直、いまいち状況が分かっていなかった。

私はつい今しがた帰宅したばかりだし、まだ腰も下ろさないうちにそんなことをいわれてもね。それに一番不可解なのは、エリちゃんと旦那さんが離婚するとして、そもそも二人は正式に結婚などしていない、ということだ。だって、エリちゃんの旦那さんは地蔵なのだ。中目黒の一角に祀ってあった石の地蔵。(本文より抜粋)

「何で別れんの? 」 とサイコが訊くと、エリちゃんは 「浮気・・・・・・・だと思う」 と、赤くテカった鼻をティッシュで何度もこすりながら息を整え、そう答えたのでした。

えっ!? なに? それって・・・・・・・どゆこと???

笑ってはいけません。石の地蔵がどうかはともかくも、エリちゃんにとっては正真正銘の一大事 - 彼女は 「対物性愛」 という性向の持ち主で、無機質なモノしか愛することができません。人とは交わらず、三十代になった今もエリちゃんは純然たる処女なのでした。

※人間の “本性” に関わる短編が三作品。人の内なる歪さは、内なる故に、遠くからではわかりません。身近にいて、本気に付き合ってみて、初めて気付くことになります。そう思うと、多くの場合、私たちは一体どこの “誰と” 付き合っているのでしょう? そんなことを考えました。

この本を読んでみてください係数 85/100

本性 (講談社文庫)

◆黒木 渚
1986年宮城県日向市生まれ。
福岡教育大学卒業。シンガーソングライター・小説家。

大学時代に作詞作曲を始め、ライブ活動を開始。また、文学の研究にも没頭し、大学院まで進む。2012年、「あたしの心臓あげる」 でデビュー。14年、ソロ活動を開始。17年、アルバム 「自由律」 限定盤Aの付録として書き下ろされた小説 「壁の鹿」 を、初の単行本 「本性」(本書) と同時に刊行し、小説家としての活動も始める。他に 「鉄塔おじさん」「呼吸する町」「檸檬の棘」 などがある。

関連記事

『ハリガネムシ』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ハリガネムシ』吉村 萬壱 文芸春秋 2003年8月31日第一刷 ハリガネムシ (文春文庫) ボ

記事を読む

『アニーの冷たい朝』(黒川博行)_黒川最初期の作品。猟奇を味わう。

『アニーの冷たい朝』黒川 博行 角川文庫 2020年4月25日初版 アニーの冷たい朝 (角川

記事を読む

『熱源』(川越宗一)_書評という名の読書感想文

『熱源』川越 宗一 文藝春秋 2020年1月25日第5刷 【第162回 直木賞受賞作】熱源

記事を読む

『緑の毒』桐野夏生_書評という名の読書感想文

『緑の毒』 桐野 夏生 角川文庫 2014年9月25日初版 緑の毒 (角川文庫) &nb

記事を読む

『リアルワールド』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『リアルワールド』桐野 夏生 集英社文庫 2006年2月25日第一刷 リアルワールド (集英社

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

『屋根をかける人』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『屋根をかける人』門井 慶喜 角川文庫 2019年3月25日初版 屋根をかける人 (角川文庫

記事を読む

『走ル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『走ル』羽田 圭介 河出文庫 2010年11月20日初版 走ル (河出文庫)  

記事を読む

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第1刷 やわらかな足で人魚

記事を読む

『ぼくは悪党になりたい』(笹生陽子)_書評という名の読書感想文

『ぼくは悪党になりたい』笹生 陽子 角川書店 2004年6月30日初版 ぼくは悪党になりたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑