『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日第1刷

スイート・マイホーム (講談社文庫)

隙間風に苛まれる日々を脱すべく、念願の家を購入した賢二。愛する妻と娘と引っ越したそこは、暖かくて快適な、まさに 「まほうの家」 - だったはずなのに。立て続けに起こる異変と、家中に漂う見知らぬ誰かの気配が、一家を恐怖の淵に追い詰める。そして、とうとう死者が。この悪夢の先に待ち受けているものとは。(講談社文庫)

[目次]
第一章  あたたかい家
第二章  リソウの家
第三章  まほうの家

彼女が狂ってゆく。
それはじわりじわりと彼女を侵食し、
狂気しか持たぬ人間ならざるものに変えた。
間近でそれを見ていた私も直に狂うだろう。
行く着く世界で見るものは一体何だろう。
この世に生を受けた意味も分からぬまま逝ったあの子は
そこにいるだろうか。死んだら逢えるだろうか。
死なねば逢えぬだろうか。死ぬなら我が家へ帰ろう。
かつて信じていたスイート・マイホームへ。
〈本文より〉

第13回小説現代長編新人賞受賞作・神津凛子の 『スイート・マイホーム』 を読みました。

念願が叶い、望み通りに建てた真新しい平屋の一軒家に移り住んでまだ日も浅い、ある日のことでした。賢二とひとみとサチとユキ - 若い夫婦と幼い娘二人の四人家族は、これから始まる 「際立つ恐怖」 の連続とその顛末を、まだ知る由もありません。

日毎聞こえる出所不明の物音に、家中に漂う見知らぬ誰かの気配に - 。

一体この家では何が起きているの? 

物語は、家族が抱く疑心暗鬼に始まり、途中紆余曲折を繰り返し、結果背筋が凍るほどの結末を迎えます。震えながら読んでください。

※賢二が建てたのは、長野の厳しい冬の寒さを物ともしない、一風変わった設備の家でした。但し、その家に何か特別な不都合や不具合等があったわけではありません。望んだ通り、一家は快適な暮らしを手に入れたのでした。

あくまでも、問題は 「人」 にあります。家を売った人、買った人それぞれに、事情があります。各々に、弁解や悔恨、譲れない言い分があります。それが節度を超え、狂気を超えて、他人や自分の子供にまで害が及ぶことになります。

この本を読んでみてください係数 85/100

スイート・マイホーム (講談社文庫)

◆神津 凛子
1979年長野県生まれ。
歯科衛生専門学校卒。

作品 2018年、『スイート・マイホーム』 (本作) で第13回小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー。他に 『ママ』 がある。

関連記事

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発行 死刑を存置す

記事を読む

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 さよなら渓谷 (新潮文庫)

記事を読む

『すべて忘れてしまうから』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『すべて忘れてしまうから』燃え殻 扶桑社 2020年8月10日第3刷 すべて忘れてしまうから

記事を読む

『熱源』(川越宗一)_書評という名の読書感想文

『熱源』川越 宗一 文藝春秋 2020年1月25日第5刷 【第162回 直木賞受賞作】熱源

記事を読む

『JR高田馬場駅戸山口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR高田馬場駅戸山口』柳 美里 河出文庫 2021年3月20日新装版初版 JR高田馬場駅戸

記事を読む

『ホテル・ピーベリー 〈新装版〉』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『ホテル・ピーベリー 〈新装版〉』近藤 史恵 双葉文庫 2022年5月15日第1刷

記事を読む

『スペードの3』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

『スペードの3』朝井 リョウ 講談社文庫 2017年4月14日第一刷 スペードの3 (講談社文

記事を読む

『果鋭(かえい)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『果鋭(かえい)』黒川 博行 幻冬舎 2017年3月15日第一刷 果鋭 右も左も腐れか狸や!

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 さまよえる脳髄 (集英社

記事を読む

『奴隷小説』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『奴隷小説』桐野 夏生 文芸春秋 2015年1月30日第一刷 奴隷小説  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑