『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/10 『蜃気楼の犬』(呉勝浩), 作家別(か行), 呉勝浩, 書評(さ行)

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷

県警本部捜査一課の番場は、二回りも年の離れた妻コヨリを愛し、日々捜査を続けるベテラン刑事。周囲の人間は賞賛と揶揄を込めて彼のことを呼ぶ - 現場の番場。ルーキー刑事の船越とともに難事件に取り組む中で、番場は自らの「正義」を失っていく。江戸川乱歩賞作家が描く、新世代の警察小説。(講談社文庫)

若い女性のバラバラ死体。
不自然に思える、高所からの飛び降り。
駅の連絡橋の階段からの転落死。
幼稚園で起きた痴情絡みの刺殺事件。

そして、最後にあるのが表題作 「蜃気楼の犬」。これは圧巻である。特に私は、若手の女性捜査員・前山藍に “恋” をした。

「くだらない事件でしたね」
荻野の処置を所轄に任せ阿多留署に戻る道すがら、たった二日で事件を解決に導いた前山はそう吐き捨てた。
「たいていの事件はそんなもんだ」「まったくです」
前山は優秀な刑事になるだろう。それもかなり早いスピードで。(第四話「かくれんぼ」より)

このあと番場は、彼女にこんなことを問い質す。お前が園児に話を聞いて回った時、リサとかくれんぼをしていた子供はいたのか - と。

「いえ・・・・・・・。彼女は入園したてで、あまり友達がいなかったみたいです。ただ、子供たちは混乱していましたから、正確な記憶を期待するのは難しいと思います」
それが何か? と言いだけな顔に、もう一つだけ加える。

くだらない人間を、あまり侮らないほうがいい
見返してくる視線に、従順さは欠片もない。向こうっ気の強さも船越以上だ。
「覚えておきます」 説教などいらないという足取りで、小さな背中は遠ざかっていった。(P199)

この一連のやり取りが小気味いい。互いが互いを信頼し、しかし安易にそれを口にはしない、刑事としての自恃に充ちている。その潔さが気持ちいい。

前山藍がいっとう真価を示すのは、「蜃気楼の犬」でのことだ。迷走する捜査会議にあって、彼女は (数多いるベテラン刑事を出し抜いて) 予想だにしない「自論」を投げかける。

もしも間違いだったとしたらただでは済まされない、喫緊の状況下で放たれた彼女の推論は、会議の空気を一変し、居並ぶ幹部の口をも封じ込め、その場で即座に今後の捜査にかかる基本方針となり、そののち、すべからくそれが「正論」だったとわかる時がやって来る。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆呉 勝浩
1981年青森県生まれ。
大阪芸術大学映像学科卒業。

作品 「ロスト」「道徳の時間」「白い衝動」「ライオン・ブルー」など

関連記事

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その2)

『国境』(その2)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 羅津・先鋒は咸鏡北道の北の果

記事を読む

『死んでもいい』(櫛木理宇)_彼ら彼女らの、胸の奥の奥

『死んでもいい』櫛木 理宇 早川書房 2020年4月25日発行 「ぼくが殺しておけ

記事を読む

『果鋭(かえい)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『果鋭(かえい)』黒川 博行 幻冬舎 2017年3月15日第一刷 右も左も腐れか狸や! 元刑事の名

記事を読む

『職業としての小説家』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『職業としての小説家』村上 春樹 新潮文庫 2016年10月1日発行 第二回(章)「小説家になっ

記事を読む

『リアルワールド』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『リアルワールド』桐野 夏生 集英社文庫 2006年2月25日第一刷 高校三年の夏休み、隣家の少年

記事を読む

『しょうがの味は熱い』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『しょうがの味は熱い』綿矢 りさ 文春文庫 2015年5月10日第一刷 結婚という言葉を使わず

記事を読む

『すみなれたからだで』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『すみなれたからだで』窪 美澄 河出文庫 2020年7月20日初版 無様に。だけど

記事を読む

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(辺見じゅん)_書評という名の読書感想文

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』辺見 じゅん 文春文庫 2021年11月5日第23刷

記事を読む

『203号室』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『203号室』加門 七海 光文社文庫 2004年9月20日初版 「ここには、何かがいる・・・・・・

記事を読む

『獅子吼』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『獅子吼』浅田 次郎 文春文庫 2018年12月10日第一刷 けっして瞋(いか)る

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑