『GO』(金城一紀)_書評という名の読書感想文 

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 『GO』(金城一紀), 作家別(か行), 書評(か行), 金城一紀

『GO』 金城 一紀  講談社 2000年3月31日第一刷 @1,400


GO
金城一紀が好きである。

 

金城一紀といえば、小栗旬主演のTVドラマ「BORDER」の脚本家としての知名度の方が高いのかしら。

それとも、岡田准一演じる「SP警視庁警備部警護課第四係」シリーズ?

 

脚本家としてもよく知られる金城一紀ですが、この人の小説は漫画になったり映画になったりで忙しい。

そして漫画も映画も面白いし、TVドラマでは高い視聴率をたたき出す。

小説を読んでいるけれど、映画を観ているように場景が浮かぶし、漫画の一場面のように度を越して暴れまくる。

声を出して笑えるし、泣けてくる。

 

金城一紀は、中学校まで民族学校(朝鮮学校)に通い、国籍を朝鮮籍から韓国籍に変えると同時に日本の高校へ通うことを決意します。

彼は、日本生まれの在日コリアンです。

彼の原点は言うまでもなく彼自身の出自ですが、彼はそのことを隠さずむしろ陽のエネルギーヘ変換して、小説は厭味なく文章は明快で軽妙です。

軽妙ですが決して軽薄ではなく、「日本の内なる他者」としての自分がいまある状況を過不足なく分析する冷静さと明晰な頭脳を持っています。

『GO』は、自分の生い立ちを綴る自伝的作品なのですが、胸がすく思いで一気に読みました。

都内の私立高校に入って知り合った、広域暴力団幹部を父親にもつ加藤、互いに惹かれあう謎めいた有名女子高生の桜井。

民族学校時代の友達で秀才の正一(ジョンイル)や元秀(ウオンス)、そして主人公「僕」のオヤジとオフクロ。

登場人物のすべてが印象深く、魅力的です。

なかでも、オヤジ、桜井、そして正一。

個性が際立って鮮やかです。

こんな人物たちと巡り合っただけで人生勝ち越しだと感じ入ってしまうのです。

 

この本を読んでみてください係数  95/100


GO

◆金城 一紀

1968年埼玉県川口市生まれ。

慶應義塾大学法学部卒業。

作品 「GO」(2000年直木賞)「対話編」「映画編」「レヴォリューションNO.3」「フライ・ダディ・フライ」「SPEED」「レヴォリューションNO.0」など

関連記事

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 玉蘭 (文春文庫)  

記事を読む

『回転木馬のデッド・ヒート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『回転木馬のデッド・ヒート』村上 春樹 講談社 1985年10月15日第一刷 回転木馬のデッド

記事を読む

『夜の公園』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『夜の公園』川上 弘美 中公文庫 2017年4月30日再版発行 夜の公園 (中公文庫)

記事を読む

『切り裂きジャックの告白』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『切り裂きジャックの告白』中山 七里 角川文庫 2014年12月25日初版 切り裂きジャックの

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『きりこについて』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『きりこについて』西 加奈子 角川書店 2011年10月25日初版 きりこについて (角川文庫

記事を読む

『悪果』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪果』黒川 博行 角川書店 2007年9月30日初版 悪果 (角川文庫)  

記事を読む

『形影相弔・歪んだ忌日』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『形影相弔・歪んだ忌日』西村 賢太 新潮文庫 2016年1月1日発行 形影相弔・歪んだ忌日 (

記事を読む

『奇貨』(松浦理英子)_書評という名の読書感想文

『奇貨』松浦 理英子 新潮文庫 2015年2月1日発行 奇貨 (新潮文庫)  

記事を読む

『御不浄バトル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『御不浄バトル』羽田 圭介 集英社文庫 2015年10月25日第一刷 御不浄バトル (集英社文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑