『知らない女が僕の部屋で死んでいた』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』草凪 優 実業之日本社文庫 2020年6月15日初版

知らない女が僕の部屋で死んでいた (実業之日本社文庫)

最下層の僕と高嶺の花だった彼女

 
目が覚めると、知らない女が自宅のベッドで、全裸で死んでいた。女は誰なのか、僕が殺したのか? 記憶を失った男は、女の正体を探る。前夜、神楽坂のバーでふたりで飲んだこと、女は中学時代の元同級生で、大企業の正社員であること、そして隠された暗黒の過去・・・・・・・。ふたりの間に何が起こったのか!? 怒涛の恋愛×官能×サスペンス、一気読み注意!! (実業之日本社文庫)

官能小説の第一人者、草凪優の 『知らない女が僕の部屋で死んでいた』 を読みました。『悪の血』、『どうしようもない恋の唄』 に続く三冊目。官能小説家が書く 「官能だけではない」 小説とはどんなものか? それを確かめてみたくなりました。

二人の主人公のうちの一人、南野蒼治は人と関わることが極端に苦手な人物で、かろうじて得た仕事がそれでした。それを今失おうとしています。彼は、いわゆる 「萌え絵」 を描くイラストレーターで、ゲームのキャラクターデザインなどを手掛けています。

蒼治は、過去にある悲惨な出来事を経験しています。そのせいでか、二次元の女性にしか興味が持てません。30歳になった今も実際のセックスに自信が持てず、女性と付き合うことなど、夢のまた夢の話でした。彼は、できれば死にたいと思っています。

もう一人の主人公・星奈千紗都と蒼治は中学時代の同級生でした。所沢西中では三年間ずっと同じクラスでしたが、特別仲がよかったわけではありません。千紗都は常にスクールカーストの上位層、その中でもトップに近い存在でした。

クラス委員を歴任し、成績もよければ運動神経も抜群、女子バレー部のエースであり、なによりその容姿がずば抜けていました。芸能プロダクションからスカウトがきている - そんな噂が絶えないほどの美少女でした。

そんな千紗都に対し、蒼治は最下層に位置していました。落ちこぼれだが不良にもなれない、中途半端なつまはじき者。登校し、授業を受け、給食を食べ、また授業を受けて下校する - その間、誰ともひと言も口をきかない日がざらにありました。

つまり、三年間同じクラスにいたとはいえ、蒼治と千紗都はほとんど接点がありません。何かにつけ 「立ち位置」 が違いすぎ、卒業して以来、二人は会ったこともなければ、SNSで繋がったこともありません。

そんな千紗都が、蒼治の部屋のベッドの上で、全裸のままで死んでいます。二人が十五年ぶりに再会した、翌日の朝のことです。

※さすがに “濡れ場” は特筆すべき出来栄えで、並大抵ではありません。映画ではないですが、はっきり言って “18禁” ものです。

この本を読んでみてください係数 80/100

知らない女が僕の部屋で死んでいた (実業之日本社文庫)

◆草凪 優
1967年東京生まれ。
日本大学芸術学部中退。

作品 「ふしだら天使」「どうしようもない恋の唄」「不倫サレ妻慰めて」「ルーズソックスの憂鬱」「悪の血」他

関連記事

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サロメ (文春文庫) 頽廃

記事を読む

『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5刷 主よ、永遠の休息を

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 ふがいない僕は空を見た

記事を読む

『幾千の夜、昨日の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『幾千の夜、昨日の月』角田 光代 角川文庫 2015年1月25日初版 幾千の夜、昨日の月 (角

記事を読む

『落英』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『落英』黒川 博行 幻冬舎 2013年3月20日第一刷 落英   大阪府警薬

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 恋 (新潮文庫) 1972年冬。全

記事を読む

『ちょっと今から仕事やめてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2015年2月25日初版 ちょ

記事を読む

『名短篇、ここにあり』(北村薫/宮部みゆき編)_書評という名の読書感想文

『名短篇、ここにあり』北村薫/宮部みゆき編 ちくま文庫 2008年1月10日第一刷 名短篇、こ

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑