『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』山田 詠美 幻冬舎文庫 1997年6月25日初版

soul music の好きな方のために、タイトルになっている曲をご紹介しましょう。

1) WHAT’S GOING ON /Marvin Gaye
2) ME AND MRS.JONES/The Dramatics
3) 黒い夜 Got To Give It Up/Marvin Gaye
4) PRECIOUS PRECIOUS/Otis Clay
5) MAMA USED TO SAY/Junior
6) GROOVE TONIGHT/Nu Flavor
7) FEEL THE FIRE/Teddy Pendergrass
8) 男が女を愛する時 When A Man Loves A Women/Percy Sledge

まるで曲紹介のPV (プロモーションビデオ) みたいな小説だ、という読者の感想があります。これはまったく正しい感想で、黒人たちが体で自分たちの音楽を愛するさまを描こうとしたのが、『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』 という小説です。

「ひとりの男を愛すると三十枚の短編小説が書ける。この法則を私は最近知った。」- こんなカッコいい書出しで始まる「あとがき」だけでも読んでみてください。この人があまたいる女性作家の中でも、最初っからどれだけイケてた人かがよく分かります。

直木賞の選評の中にもありますが、おそらく山田詠美以外誰も書きそうにない小説です。と言うより、たぶん、そんじょそこらの日本女性には書こうとしても書けない代物です。

私は黒人が好きで、なぜなら慣れ親しんでいるからだと彼女は言います。自堕落でやさしくて感情を優先させる自意識の強過ぎる、そして愛に貪欲な彼らが大好きだと言います。彼らの中に身を置いたおかげで、今の私はただの男好きだと言ってのけます。

〈言うだけ〉ならカンタン、〈する〉のは訳もないこと。しかし直木賞に値する小説を書くとなると、これは誰もができることではありません。1987年ですから、今から28年も前のことです。弱冠28歳と5ヶ月の山田詠美は、この作品で白石一郎氏と共にみごと第97回の直木賞を受賞します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』の受賞は、当時大きな話題になりました。が、この小説を推した選考委員の人たちこそが、偉い。よくぞ選んでくれました。さすがに見る目があります。

選考委員の一人、黒岩重吾氏は 「白石一郎と山田詠美の両氏が候補になったところに直木賞の意義がある」 と述べ、陳舜臣氏は 「十年、二十年、そしてもっと先まで、どのように変わって行くにせよ、読者を楽しませつづける、たぐいまれな作家であることはまちがいない」 と、最高の賛辞を贈っています。

そして受賞から30年近く経った今日、陳氏の言葉がまぎれもない真実であったことは誰もが認めるところだと思います。なんと鮮やかで、なんと見事な選評であったことでしょう。

黒人絡みのアクの強い性愛小説はちょっと苦手、という方がおられるやも知れませんが、どうかご心配なく。山田詠美という人は、エロさ全開の話ばかりを書いているわけではありません。

例えば、純情極まりない少年少女の物語 『僕は勉強ができない』などという小説を読んでみてください。必ずや見る目が変わると思います。ときには読み比べて、その落差にびっくりするのも良いでしょう。とにかく、今在る私たちにとっては、詠美女史の衰えを知らないsoulfulなハートに、ひたすら感謝感謝なのであります。

この本を読んでみてください係数  85/100


◆山田 詠美
1959年東京都板橋区生まれ。
明治大学日本文学科中退。

作品 「僕は勉強ができない」「風葬の教室」「ジェントルマン」「ベッドタイムアイズ」「A2Z」「風味絶佳」「学問」「放課後の音符」「熱血ポンちゃんシリーズ」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『飼う人』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『飼う人』柳 美里 文春文庫 2021年1月10日第1刷 結婚十年にして子どもがで

記事を読む

『坂の途中の家』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『坂の途中の家』角田 光代 朝日文庫 2018年12月30日第一刷 最愛の娘を殺し

記事を読む

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭

記事を読む

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 県警本部捜査一課の番場は、二回りも

記事を読む

『64(ロクヨン)』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『64(ロクヨン)』横山 秀夫 文芸春秋 2012年10月25日第一刷 時代は昭和から平成へ

記事を読む

『喧嘩(すてごろ)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『喧嘩(すてごろ)』黒川 博行 角川書店 2016年12月9日初版 「売られた喧嘩は買う。わしの流

記事を読む

『ジェントルマン』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ジェントルマン』山田 詠美 講談社文庫 2014年7月15日第一刷 第65回 野間文芸賞受賞

記事を読む

『選んだ孤独はよい孤独』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『選んだ孤独はよい孤独』山内 マリコ 河出書房新社 2018年5月30日初版 地元から出ないアラサ

記事を読む

『獅子渡り鼻』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『獅子渡り鼻』小野 正嗣 講談社文庫 2015年7月15日第一刷 小さな入り江と低い山並みに挟

記事を読む

『ずうのめ人形』(澤村伊智)_書評という名の読書感想文

『ずうのめ人形』澤村 伊智 角川ホラー文庫 2018年7月25日初版 不審死を遂げたライターが遺し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑