『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷


その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

山村で起きたカルト宗教団体の斬首集団自殺。唯一生き残った少女には、首を斬られた少年が自分を抱えて運ぶ不可解な記憶があった。首無し聖人伝説の如き事件の真相とは? 探偵・上苙丞はその謎が〈奇蹟〉であることを証明しようとする。論理の面白さと奇蹟の存在を信じる斬新な探偵にミステリ界激賞の話題作。(講談社文庫)

※以下はこの小説に関する著者自身のコメント。

本作の主人公・上苙丞(うえおろ・じょう)は、探偵です。
探偵小説における探偵とは、古来より「謎」を解く者 - 例えば一見不可能に見える犯罪が実は可能であることを示したり、摩訶不思議な怪奇現象の原因をつきとめたり、些細で不可解な人間の行動からとんでもない真実を導いたりするのが、彼あるいは彼女らの役割であり真骨頂です。

けれど、この男は違います。

この男は、一見不可能なことを、「本当に不可能だと証明」しようとします。

いわば探偵の本分を逸脱しているわけです。では仮にそんな男が存在した場合、そこには探偵小説としていったいどんな物語が紡がれるのか - という興味を主軸に、そこに中国人キャラとか奇蹟とか聖人伝説とか拷問知識とか諸々ぶっこんでごった煮にして撹拌して出来たのが、この作品です。

決して万人の好む味とは言いませんが、とにかくインパクトのある味には仕上がったと思います。そんなこんなで多少力業ではありますが、半年間の作者の懊悩と煩悶を込めた全力のトリック、どうぞお受け取りください! (「講談社BOOK倶楽部」より)

- そもそも、著者の名前からして変で、井上真偽は「いのうえ・しんぎ」ではなく、「いのうえ・まぎ」と読みます。

膨大な知識と論理を盾にとんでもないことを考える - 東京大学や京都大学を出た人の中には、時にこんな変人が現れる。奇蹟がこの世に存在することを証明するために、すべてのトリックが不成立であることを立証する、・・・・・・・って?

よくよく考えて、ようやくに、どういうことかがわかります。さらに言えば、

この - 中国人キャラとか奇蹟とか聖人伝説とか拷問知識とか諸々ぶっこんでごった煮にして撹拌して出来た物語 - が、案外「ヒューマン」な話であるのに気付きます。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

◆井上 真偽
神奈川県生まれ。東京大学卒業。

作品 「恋と禁忌の述語論理」「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」「言の葉の子ら」「探偵が早すぎる」など

関連記事

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 琥珀のまたたき (講

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『整形美女』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『整形美女』姫野 カオルコ 光文社文庫 2015年5月20日初版 整形美女 (光文社文庫 ひ

記事を読む

『それまでの明日』(原尞)_書評という名の読書感想文

『それまでの明日』原 尞 早川書房 2018年3月15日発行 それまでの明日 11月初旬のあ

記事を読む

『幸せになる百通りの方法』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『幸せになる百通りの方法』荻原 浩 文春文庫 2014年8月10日第一刷 幸せになる百通りの方

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 色彩の息子 (集英社文庫)

記事を読む

『しゃべれども しゃべれども』(佐藤多佳子)_書評という名の読書感想文

『しゃべれども しゃべれども』佐藤 多佳子 新潮文庫 2012年6月10日27刷  

記事を読む

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第一

『はんぷくするもの』(日上秀之)_書評という名の読書感想文

『はんぷくするもの』日上 秀之 河出書房新社 2018年11月20日

『女たちの避難所』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『女たちの避難所』垣谷 美雨 新潮文庫 2017年7月1日発行

『嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2018年4月25日第6刷

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑