『老後の資金がありません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『老後の資金がありません』垣谷 美雨 中公文庫 2018年3月25日初版


老後の資金がありません (中公文庫)

「老後は安泰」のはずだったのに!   後藤篤子は悩んでいた。娘の派手婚、舅の葬式、姑の生活費・・・・・・・しっかり蓄えた老後資金はみるみる激減し、夫婦そろって失職。家族の金難に振り回されつつ、やりくりする篤子の奮闘は報われるのか? ふりかかる金難もなんのその、生活の不安に勇気とヒントをあたえる家計応援小説。(中公文庫)

単行本で出た時、ピンときました。(何の根拠もありませんが)これは間違いなくおもしろいだろうと。

作り話であって、作り話に非ず。現に今在る生活が、いっとう庶民レベルで描いてあります。要らぬ矜持や見栄がありません。フツーに暮らす人々の、誰もが経験し得る、人に言えない内輪の「 辛い」話が、包み隠さず真っ正直に書いてあります。

一介の主婦・後藤篤子は、金銭にかかる思いもしない幾多の逆境に繰り返し絶望の淵に立たされながらも、しかし今一歩のところで辛うじて耐え忍ぶ毎日を送っています。

それなりの覚悟を持ち、それなりに計算した上で、つつがなく老後を迎えるはずだった彼女の計画は、ある出来事を境に、崖から転げ落ちるようにしてかたちを変えて行きます。次々と襲い来る「金難」に、もはや篤子はどう対処すればいいか、わからなくなります。

夫の章が定年退職したら夫婦であちこちに紅葉を観に行くはずだったのに - と、思う間もなく、老後にと貯めた貯金が激減したのでした。

1,200万円あった貯金は、さやかの結婚で500万円、そして舅の葬儀と墓で400万円を使い、今や残りは300万円を切ってしまった。夫が定年したあと、どうやって暮らせばいいのか。50代の夫婦で、それだけしか貯金のない人って、日本人の何割くらいいるのだろう。ついさっきのガレットの店で払った代金がもったいなく思えてくる。(本文より)

悪いことは重なるもので、篤子ばかりか、夫の勤める会社がダメになります。経営不振により、本社機能だけを残してそれ以外は全員解雇だと。夫の章は60歳を前にして失職、退職金は一円も出ないといいます。貯金を使ったあげく夫婦揃って馘とは。篤子は、足もとが崩れていくような気持ちになります。

※若いうちならまだしも、そのときの篤子と章、53歳と57歳の夫婦にとっては只事ではありません。老後のこともそうですが、二人にしてみれば、老後に至る、つまりは年金受給開始年齢である65歳までを如何にして生き延びるのか - たちまちは、それが最大の問題となります。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


老後の資金がありません (中公文庫)

◆垣谷 美雨
1959年兵庫県豊岡市生まれ。明治大学文学部文学科(フランス文学専攻)卒業。

作品 「竜巻ガール」「リセット」「夫のカノジョ」「ニュータウンは黄昏れて」「あなたの人生、片づけます」「農ガール、農ライフ」「子育てはもう卒業します」他多数

関連記事

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500

記事を読む

『老老戦記』(清水義範)_書評という名の読書感想文

『老老戦記』清水 義範 新潮文庫 2017年9月1日発行 老老戦記 (新潮文庫) グループホ

記事を読む

『後悔病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『後悔病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2017年4月11日初版 後悔病棟 (小学館文庫) 33

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

『自覚/隠蔽捜査5.5』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『自覚/隠蔽捜査5.5』今野 敏 新潮文庫 2017年5月1日発行 自覚: 隠蔽捜査5.5 (

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その1)

『後妻業』(その1) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 &nbs

記事を読む

『八日目の蝉』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『八日目の蝉』角田 光代 中央公論新社 2007年3月25日初版 八日目の蝉 (中公文庫)

記事を読む

『それもまたちいさな光』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『それもまたちいさな光』角田 光代 文春文庫 2012年5月10日第一刷 それもまたちいさな光

記事を読む

『村上春樹は、むずかしい』(加藤典洋)_書評という名の読書感想文

『村上春樹は、むずかしい』加藤 典洋 岩波新書 2015年12月18日第一刷 村上春樹は、むず

記事を読む

『路傍』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『路傍』東山 彰良 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 路傍 (集英社文庫) &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

『私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文

『私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。』日向奈 くらら 角川ホ

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑