『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷


バラカ

 

アラブ首長国連邦最大の都市・ドバイにある広大なショッピングモール。ゴールドスーク(市場)と呼ばれる一角では、日常的に人の子供が売り買いされており、そこにいるすべての子供は「バラカ」と呼ばれています。

バラカとは、アラビア語で「神の恩寵」という意味。木下沙羅が2万ドルで買った少女も当然のこと「バラカ」で、元をたどれば日本生まれの、日系ブラジル人同士の夫婦の子供です。父は佐藤隆司パウロ。母はロザ。バラカは、元の名前を「ミカ」と言います。

震災のため原発4基がすべて爆発した! 警戒区域で発見された一人の少女「バラカ」。ありえたかも知れない日本で、世界で蠢く男と女、その愛と憎悪。想像を遙かに超えるスケールで描かれるノンストップ・ダーク・ロマン! (「BOOK」データベースより)

プロローグとエピローグの間、物語は「大震災前」「大震災」「大震災八年後」と三部で構成されています。とりわけ強調されているのが、震災後の混乱と恐怖。汚染が続く東京はかつての繁栄が嘘のように荒み、首都は大阪へと移っています。
・・・・・・・・・・
豊田吾朗は、62歳。警戒区域での犬猫保護ボランティアに志願した中の一人。豊田がいるのは群馬県T市郊外。目当ての犬を追う内に、彼はとある農家の納屋の入り口にやって来ます。そこには4匹の犬がおり、奥の暗がりに、小さな子供がぽつんと座っています。

汚れているけれども、あどけない表情で豊田を見ています。花柄のチュニックを着ているところを見ると、女の子らしい。スパッツを穿いているが、お尻の辺りが膨れているのはおむつをしているのだろう。「ママはどうしたの。パパは? 」

豊田の問いかけに、子供は何も答えません。ペットボトルの水を与え、汗でべとつく髪を撫でると、子供がいきなり喋ります。

「ばらか」- 豊田は仰天した。
「今、何て言ったの。ばらかって言わなかった? 」
「ばらか」- 女の子はもう一度はっきり言った。(後略)

これが(プロローグで語られる)豊田とバラカの出会いのシーンです。警察は手一杯、避難所は幼児一人では預からない、児童養護施設はどこも満杯、結局女児は豊田が連れ帰ることになります。豊田の命名でバラカは「薔薇香」となり、2人の暮らしが始まります。
・・・・・・・・・・
木下沙羅、田島優子、川島雄祐は、大学時代の友人。沙羅は大手出版社、優子はテレビ局、川島は大手広告代理店と、それぞれに第一志望を叶えて就職を果たしています。3人の関係を言うとなるとこれがなかなかに複雑で、とにもかくにも彼らは42歳になっています。

パウロとロザ。日本人を祖先にして、日本人の顔と体を持ちながら、日系ブラジル人として日本で生きる2人の生きにくさは、どこにも自分の居場所が見付けられないことです。パウロは酒と暴力に溺れ、一人娘を置き去りに、ロザは教会へと通い詰めます。

ロザが通っているのは、「聖霊の声」教会。そこにいるヨシザキ牧師に入れ揚げています。彼は、信者に絶大な人気があります。ロザには「お前の中に悪魔がいるのが見える」と言い、パウロには「失敗のサイクルを絶て」と諭します。
・・・・・・・・・・
震災後に登場するのは、若杉健太と康太の兄弟、村上サクラとその弟など、実際に被災者となった面々です。すべてを失い、誰の助けも得られぬ「棄民」となった被災者たちは、「震災履歴」を語って自分を紹介します。

彼らの思いはそれぞれに異なり、バラカには敵か味方かの区別が付きません。そのときバラカは、(ただ安寧に生きたいと願う気持ちとは反対に)いつしか被災の悲劇の象徴となり、人々の希望を担う存在に祭り上げられています。

バラカをめぐる様々な勢力の思惑や陰謀が交錯し、バラカは次から次へと「人手に渡って」行きます。いっとき信用もするのですが結局最後は裏切られ、また深い絶望へと舞い戻ります。

(桐野夏生曰く)バラカという名は、スペインの詩人、ガルシア・ロルカの移動劇団「バラッカ」からとったもの。バラックと同じで、居場所がないという意味。バラッカに「神の恩寵」を意味するアラビア語を重ねて「バラカ」としたそうです。

母に捨てられ、市場に売られもした後、バラカは再び日本へ戻ってきます。彼女を買ったのは木下沙羅ですが、バラカは沙羅には懐きません。田島優子が預かったまではよかったのですが、川島雄祐に見つかったのがすべての災いの始まりです。川島はまるで昔の川島ではなく、人の仮面を被った悪魔に変身しています。

大勢の大人達の勝手がってな思惑と欲望になすすべもなく翻弄されるバラカではありますが、一方で、彼女の運命をわが事のように思い、命を賭してバラカを守ろうする人がいます。彼女は幼い頃甲状腺ガンを発病し、甲状腺と副甲状腺を全摘しています。それがために、首にはネックレス状の傷が鮮やかなまでに残っています。

 

この本を読んでみてください係数 90/100


バラカ

 

◆桐野 夏生
1951年石川県金沢市生まれ。
成蹊大学法学部卒業。

作品 「顔に降りかかる雨」「OUT」「グロテスク」「錆びる心」「ジオラマ」「東京島」「IN」「ナニカアル」「だから荒野」「夜また夜の深い夜」「奴隷小説」他多数

関連記事

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 星の子 林ちひろは中学3年生

記事を読む

『億男』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『億男』川村 元気 文春文庫 2018年3月10日第一刷 億男 (文春文庫) 宝くじで3億円

記事を読む

『走ル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『走ル』羽田 圭介 河出文庫 2010年11月20日初版 走ル (河出文庫)  

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 かなたの子 (文春文庫)

記事を読む

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』(辻内智貴)_書評という名の読書感想文

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』 辻内智貴 祥伝社 2012年10月20日初版 僕は

記事を読む

『鼻に挟み撃ち』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『鼻に挟み撃ち』いとう せいこう 集英社文庫 2017年11月25日第一刷 鼻に挟み撃ち (集

記事を読む

『果鋭(かえい)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『果鋭(かえい)』黒川 博行 幻冬舎 2017年3月15日第一刷 果鋭 右も左も腐れか狸や!

記事を読む

『八日目の蝉』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『八日目の蝉』角田 光代 中央公論新社 2007年3月25日初版 八日目の蝉 (中公文庫)

記事を読む

『ふる』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『ふる』西 加奈子 河出文庫 2015年11月20日初版 ふる (河出文庫)  

記事を読む

『ボトルネック』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『ボトルネック』米澤 穂信 新潮文庫 2009年10月1日発行 ボトルネック (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑