『路地の子』上原 善広_書評という名の読書感想文

『路地の子』上原 善広 新潮文庫 2020年8月1日発行

路地の子(新潮文庫)

金さえあれば差別なんてされへんのや!
大宅賞受賞作家が路地を生きた青年の劇的な半生を描いた圧巻の物語

昭和39年、大阪 - 。中学三年生の龍造少年は学校にはいかず、自らの腕だけを頼りに、天職と信じた食肉の道へと歩み始めた。時に暴力も辞さない 「突破者」 と恐れられ、利権団体や共産党、右翼やヤクザと渡り合いながら食肉業界を伸し上がった一匹狼 - 。時代の波に激しく翻弄されながら、懸命に 「路地の人生」 を生き抜いた人々の姿を、大宅賞作家が活写した、狂おしいほどに劇的な物語。(新潮文庫)

目次
第一章 昭和三十九年、松原市・更池
第二章 食肉業に目覚めた 「突破者」 の孤独
第三章 牛を屠り、捌きを習得する日々
第四章 部落解放運動の気運に逆らって
第五章 「同和利権」 か、「目の前の銭」 か --
第六章 新同和会南大阪支部長に就く
第七章 同和タブーの崩壊を物ともせず

「路地」 とは 「被差別部落」 のことをいいます。同じ人間でありながら、そこに生まれただけで、蔑まれ、虐げられた人々がいるのをご存じでしょうか。

この物語は、大阪のとある路地で生まれ、路地で育つうち、コッテ牛 (暴れ牛、言うことを聞かない強情な牛の意) と綽名され、突破者 (向こう意気の強い直情径行の人間のこと)と揶揄された上原龍造の半生が綴られています。

一匹狼でありながら、部落解放同盟、右翼、共産党、ヤクザと相まみえ、同和利権を取り巻く時代の波に翻弄されながらも生き抜いていくその姿はまさに圧巻で、激烈という他ありません。

路地で盛んだった食肉業で身を立てると誓い、牛や豚の解体作業の錬磨に励み、龍造は誓い通りにみごと成功を収めます。絶頂期には年商50億円もの成果を挙げるのでした。

但し、これはただの立身出世の物語ではありません。龍造の努力は大したものですが、おそらく読者のほとんどは、彼を (心から) 羨ましくは思わないでしょう。牛や豚の頭をかち割って、皮を剥ぎ血を抜いて、内臓をすべて引き出したあと、適当な大きさに肉の塊を切り分けていく・・・・・・・ 来る日も、来る日も。一日に何十頭も。百頭、二百頭も。

そんなことが、あなたにできるでしょうか? もしも龍造がその路地で生まれなかったとしたら、果たして彼は同じ道を志したでしょうか? 貧しく、満足に字も書けなかった彼にとって、それしか生きる方法がなかったからではなかったのでしょうか。

龍造ばかりではありません。路地で暮らす人のほとんどは同じような境遇で、限られた土地で身を寄せ合うようにして暮らしています。自由に仕事を選ぶことなど、夢のまた夢の話でした。

※「牛を屠り、捌きをする」 場面だけでも読んだ価値はあります。まずは殺生で (ハンマーで昏倒させてから頸動脈を切る)、誰かがそれをやらなければなりません。あたり前ですが、魚や鶏の比ではありません。

この本を読んでみてください係数 85/100

路地の子(新潮文庫)

◆上原 善広
1973年大阪府生まれ。
大阪体育大学卒業。

作品 「日本の路地を旅する」「被差別の食卓」「聖路加病院訪問看護科 11人のナースたち」「私家版 被差別辞典」「差別と教育と私」他多数

関連記事

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 君のいない町が

記事を読む

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500

記事を読む

『結婚』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『結婚』井上 荒野 角川文庫 2016年1月25日初版 結婚 (角川文庫)  

記事を読む

『玩具の言い分』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『玩具の言い分』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2012年7月30日初版 玩具の言い分 (祥伝社文庫

記事を読む

『捨ててこそ空也』(梓澤要)_書評という名の読書感想文

『捨ててこそ空也』梓澤 要 新潮文庫 2017年12月1日発行 捨ててこそ 空也 (新潮文庫)

記事を読む

『夜をぶっとばせ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『夜をぶっとばせ』井上 荒野 朝日文庫 2016年5月30日第一刷 夜をぶっとばせ (朝日文庫

記事を読む

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人)_書評という名の読書感想文

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳 碧人 双葉社 2019年6月3日第5刷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版

『希望病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『希望病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2020年11月11日初版

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版

『裏アカ』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『裏アカ』大石 圭 徳間文庫 2020年5月15日初刷 裏アカ

『鵜頭川村事件』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『鵜頭川村事件』櫛木 理宇 文春文庫 2020年11月10日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑