『Mの女』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『Mの女』(浦賀和宏), 作家別(あ行), 書評(あ行), 浦賀和宏

『Mの女』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版

ミステリ作家の冴子は、友人・亜美から恋人タケルを紹介される。第一印象からタケルに不穏なものを感じていた冴子は、一通のファンレターを契機に、タケルに不審を抱き、彼の過去を探ることに。するとそこには数多くの死が・・・・・・! そしてその死は着実に冴子と亜美にも近づいていた。逆転に次ぐ逆転。鮮やかに覆っていく真実。これぞミステリの真髄! (幻冬舎文庫)

終盤から結末に至るまでの怒涛のような展開! 逆転に次ぐ逆転! - 考えられるありったけのネタを惜しげもなく見せつけられた - そんな感じがしています。

終わってみて改めて思うと、登場するほぼすべてのキャラクターが、前半とは大きく変化しているのに気付きます。途中まではさほどのことはないのですが、終わる間際になって俄然面白くなります。

タイトルにある「M」- Mとは、メタモルフォーゼのことです。

メタモルフォーゼの女 - これは「冴子」のことではありません。彼女を貶める、物語にはもう一人の女性作家が登場します。作家の名前は、泉堂莉菜(せんどうりな)。彼女はベリーショートの、とても美しいジャーナリストです。

西野冴子と泉堂莉菜。つまるところこの話は - プライドは高いがさほど売れてはいないミステリ作家と、彼女を踏台にさらなるベストセラーを生み出そうと画策するノンフィクション作家の - 繰り返される「裏のかきあい」、行き着く果てまでの「泥仕合」が綴られています。

(果たしてどちらが勝者といえるのか)、その顛末をとくと御覧ください。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆浦賀 和宏
1978年神奈川県生まれ。

作品 「記憶の果て」「彼女は存在しない」「眠りの牢獄」「こわれもの」「ファントムの夜明け」「ifの悲劇」「緋い猫」他多数

関連記事

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日第2刷 大学4

記事を読む

『初恋』(大倉崇裕)_世界29の映画祭が熱狂! 渾身の小説化

『初恋』大倉 崇裕 徳間文庫 2020年2月15日初刷 あの三池崇史監督が 「さら

記事を読む

『まずいスープ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『まずいスープ』戌井 昭人 新潮文庫 2012年3月1日発行 父が消えた。アメ横で買った魚で作

記事を読む

『八月の路上に捨てる』(伊藤たかみ)_書評という名の読書感想文

『八月の路上に捨てる』伊藤 たかみ 文芸春秋 2006年8月30日第一刷 第135回 芥川賞

記事を読む

『青空と逃げる』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『青空と逃げる』辻村 深月 中公文庫 2021年7月25日初版 深夜、夫が交通事故

記事を読む

『岡山女/新装版』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『岡山女/新装版』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2022年6月25日改版初版 ここ

記事を読む

『ロゴスの市』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ロゴスの市』乙川 優三郎 徳間書店 2015年11月30日初版 至福の読書時間を約束します。乙川

記事を読む

『間宵の母』(歌野晶午)_書評という名の読書感想文

『間宵の母』歌野 晶午 双葉文庫 2022年9月11日第1刷発行 恐怖のあまり笑い

記事を読む

『とんこつQ&A』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『とんこつQ&A』今村 夏子 講談社 2022年7月19日第1刷 真っ直ぐだから怖

記事を読む

『あひる』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『あひる』今村 夏子 書肆侃侃房 2016年11月21日第一刷 あひるを飼うことになった家族と学校

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

『末裔』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『末裔』絲山 秋子 河出文庫 2023年9月20日 初版発行

『雪の練習生』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『雪の練習生』多和田 葉子 新潮文庫 2023年10月5日 6刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑