『殺戮にいたる病』(我孫子武丸)_書評という名の読書感想文

『殺戮にいたる病』我孫子 武丸 講談社文庫 2013年10月13日第一刷


新装版 殺戮にいたる病 (講談社文庫)

東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるシリアルキラーが出現した。くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇、平凡な中流家庭の孕む病理を鮮烈無比に抉る問題作! 衝撃のミステリが新装版として再降臨! (講談社文庫)

(エピローグ後半の文章から)
稔は、警察でもまったくおとなしく、質問されたことについてはすべて答えた。六件の殺人と一件の未遂について詳細に自白し、弁護士は国選で構わないと付け加えた。精神鑑定がポイントと思われたが、検察側と弁護側が選びだした計五人の医師のうち四人は”責任能力あり”との判断を下した。

雅子が頼んだ医師だけはただひとり、「性的コンプレックスによる社会病質者で、治療の必要あり」と診断したが、稔にいわせれば噴飯ものだった。彼は雅子に対して、「頼むからあの馬鹿な医者を黙らせてくれ」と手紙を書き送った。

死刑判決に対して彼は控訴しなかったが、法務大臣の執行命令は、未だおりてはいない - 。

猟奇的連続殺人犯 ・ 蒲生稔 の最初の被害者となったのは、稔と同じ大学に通う文学部の一年生、江藤佐智子という女子学生。

稔は嘘を付き、言葉巧みに彼女を誘い出し、ラブホテルへ連れ込むことに成功します。彼は行為の間際、ふいに(あるいはさも当然のようにして)佐智子の首を締め、彼女を死に至らしめます。

細心の注意をこめてブラウスのボタンをはずすと、死体を裸にしていく。「愛してるからだ」彼は生まれて初めて、本心からそう言った。声が感動でうち震えていることに気づいた。

彼が実際の行為に及んだのはそのあとのことです。死んだ佐智子を相手に、彼は何度も、繰り返しセックスをします。「屍姦」で得られる興奮は、彼の脳髄を震えさせたのでした。

かつて味わったことのない極の快感 - 稔は、「自分は生まれ変わったのだ」と確信します。それと同時に自分が真正のネクロファイル、死体愛好者だと自覚します。

次に被害に遭ったのが、家出少女の加納えりか。稔は彼女を殺した後、両の乳房を切り取って、ラップに包み家へ持ち帰ります。庭に埋め、掘り返しては、黒ずんで萎びたそれを使って自分を慰めます。

三人目。島木敏子に至っては、稔はまずホテルでの様子を8ミリビデオに録画をします。その後、(二人目の被害者である加納えりかと同様に)両の乳房に加え、今度は性器までもを持ち帰ります。

そして四人目。稔は「愛を求めて」街を彷徨います。そこにいたのが田所真樹という女性で、彼女は横浜まで車で送るという言葉に絆されて、結果稔の餌食になります。
・・・・・・・・・
島木敏子は看護婦で、死体で発見された前日、ある親しい人物の家にいたのがわかります。それが樋口武雄の家で、樋口の妻が敏子のいた病院で亡くなったあと、敏子は何くれとなく樋口の世話を焼くようになっていました。

彼女は明らかに樋口を慕ってしていたことですが、樋口は敢えて彼女の好意に気付かぬ振りを通します。時に樋口は64歳。離婚歴があるとはいえ、敏子は29歳の女性です。あまりの歳の差故、樋口は、敏子が慕う気持ちと同情とを勘違いしているのだと思っています。

樋口は警視庁の元警部。彼は一瞬、敏子を殺害した犯人ではないかと疑われてしまいます。すぐに容疑は晴れるのですが、もしもあのとき敏子を引き留めていたとしたら、思いのままに彼女を受け入れてさえいれば、敏子は死ぬことはなかったのだと・・・・・・・

思い返すと、彼は居ても立ってもいられなくなります。自分を責め、せめてもと思い、独自で調査をはじめます。そんな矢先、彼は敏子とよく似た彼女の妹、島木かおると出会うことになります。

※五人目、六人目の被害者は明かさないでおきます。未遂で終わる一件の被害者とは、島木かおるのことです。かおるは姉と似た自分を囮に、犯人をおびき出そうとします。

物語は、犯人の蒲生稔、自分の息子が犯人ではないかと疑う母・雅子、そして元警察官の樋口武雄の三人を中心に綴られてゆきます。

エグい描写が苦手な方は遠慮してください。それでも読みたいと思うあなた - あなたはきっと、読後しばし呆然とします

 

この本を読んでみてください係数  85/100


新装版 殺戮にいたる病 (講談社文庫)

◆我孫子 武丸
1962年兵庫県西宮市生まれ。
京都大学文学部哲学科中退。

作品 「8の殺人」「人形はライブハウスで推理する」「眠り姫とバンパイア」「死蠟の街」「少年たちの四季」「弥勒の掌」他多数

関連記事

『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行 終の住処 (新潮文庫) 妻はそれ

記事を読む

『沈黙』(遠藤周作)_書評という名の読書感想文

『沈黙』遠藤 周作 新潮文庫 1981年10月15日発行 沈黙 (新潮文庫) 島原の乱が鎮圧

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その1)

『新宿鮫』(その1)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 新宿鮫

記事を読む

『世界から猫が消えたなら』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『世界から猫が消えたなら』川村 元気 小学館文庫 2014年9月23日初版 世界から猫が消えた

記事を読む

『夜をぶっとばせ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『夜をぶっとばせ』井上 荒野 朝日文庫 2016年5月30日第一刷 夜をぶっとばせ (朝日文庫

記事を読む

『続・ヒーローズ(株)!!! 』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『続・ヒーローズ(株)!!! 』北川 恵海 メディアワークス文庫 2017年4月25日初版 続

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その2)

『新宿鮫』(その2)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 新宿鮫

記事を読む

『それを愛とは呼ばず』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『それを愛とは呼ばず』桜木 紫乃 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 それを愛とは呼ばず

記事を読む

『私の家では何も起こらない』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『私の家では何も起こらない』恩田 陸 角川文庫 2016年11月25日初版 私の家では何も起こ

記事を読む

『赤へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『赤へ』井上 荒野 祥伝社 2016年6月20日初版 赤へ ふいに思い知る。すぐそこにあるこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑