『小説 シライサン』(乙一)_目隠村の死者は甦る

『小説 シライサン』乙一 角川文庫 2019年11月25日初版

小説 シライサン (角川文庫)

乙一 4年ぶりの最新作&映画原作! その怪談を聞いた人間は - 呪われる。

親友の変死を目撃した女子大生・瑞紀の前に現れたのは、同じように弟を亡くした青年・春男だった。何かに怯え、眼球を破裂させて死んだ二人。彼らに共通していたのはある温泉旅館で怪談を聞いたことだった。(ウェブサイトKADOKAWAより)

- あらすじ -
眼球が破裂した遺体が相次いで発見されるという異様ともいえる事件が発生した。遺体で発見された者たちには、息絶える直前に怯えているようで何かに取り憑かれた感じであったという奇妙な共通点があった。連続で起きたこれらの事件で親友を眼前で失くした女子大生の瑞紀は、同じく弟を失くした大学生の鈴木春男とともに大切な人を失った要因を突き止めるために調査に乗り出す。調査を行っている最中に、瑞紀と春男はこれらの連続事件のキーマンとされる詠子という女性を発見するが、何と2人の眼前において詠子の眼球が突然破裂を起こし、詠子はそのまま心臓麻痺により息絶えてしまう。2人は詠子が息絶える前に 「シライサン・・・・・・・」 という謎めいた言葉を呟いていたのを耳にしていた。その後、調査の過程において事件のことを耳にした記者の間宮幸太も加わり、更に “シライサン” に関する呪いの核心に迫っていく。それが呪いの渦に巻き込まれる前触れとも知らずに。(wikipedia)

あのな・・・・・・・。
ある男が、道を歩いてた。
鬱蒼とした山道だ。
薄暗い中を、どんどん歩いてた。
するとな、ちりん、と、どこかで鈴が鳴ったわけ。

渡辺は左手の人差し指を立てると、それを登場人物に見立てながら話した。人差し指を蛇行させるように左右に動かし、曲がりくねった山道を男が歩いているように想像させる。
鈴が鳴った場面では、人差し指が動くのを止めて、振り返るような仕草をした。
くるりと後方に指の腹を向けたのだ。

何だ? って、男は振り返る。
すると後ろの方にな、異様に目の大きな女がいたんだ。
男は気味が悪くて、早足になる。
だけどな、そいつがずっと、ついてくるわけ。
たまらなくなって、なんで追いかけてくるんだ、って聞いたら、女はこう言うんだ。
おまえが、私のことを知っているからだ、って・・・・・・・。

渡辺は右手の人差し指を立てて、それを女に見立てていた。男が逃げ、女がついていく。そのような場面を指をつかって表現する。

おまえは何なんだ! と男が言った。
するとその女は、シライサンだ、って名乗ったんだ。
男は、シライサン? と聞き返す。
ああ、そうさ。私を知ってるやつを追いかける。そして、殺すんだ、って。

やがて話は佳境に入る。

・・・・・・・来るな! もう来ないでくれよ! あんたの名前を聞いた奴、他にもいるだろ? そいつのとこに行ってくれよ! なあ、頼むよ! いるだろ? 名前を聞いた奴がよ!

私の名前を聞いた奴? 

そうだ。俺たちの話に、耳を傾けて、シライサンって名前を聞いた奴が、いるだろ、そこに!
ああ、いるね、そこに・・・・・・・。

渡辺は、女に見立てていた人差し指を、突然、三人の宿泊客の方へ向けた。その瞬間、物語の中にいた登場人物が、こちら側を振り返って見つめたように感じられた。三人はそれぞれはっとした表情になる。俊之も、どきりとした。物語と、現実との境界が、その一瞬、曖昧になった。

次はお前だ。

女の役を演じていた人差し指が、三人を指さす。全員が肩を震わせた。
数秒間の沈黙。それから、渡辺は噴き出した。

- という 「話を聞いた奴が、次に呪われる系の話」。映画 シライサンは2020年1月10日公開 監督・脚本:安達寛高乙一) 主演:飯豊まりえ 乞うご期待!!

この本を読んでみてください係数 80/100

説 シライサン (角川文庫)

◆乙一
1978年福岡県生まれ。本名は安達寛高。
豊橋技術科学大学工学部卒業。

作品 「失踪 HOLIDAY」「銃とチョコレート」「夏と花火と私の死体」「GOTH リストカット事件」「暗いところで待ち合わせ」「ZOO」「箱庭図書館」「死にぞこないの青」他多数

関連記事

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『死刑にいたる病』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『死刑にいたる病』櫛木 理宇 早川書房 2017年10月25日発行 死刑にいたる病 (ハヤカワ

記事を読む

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 その可能性はす

記事を読む

『事件』(大岡昇平)_書評という名の読書感想文

『事件』大岡 昇平 創元推理文庫 2017年11月24日初版 事件 (創元推理文庫) 196

記事を読む

『最悪』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『最悪』奥田 英朗 講談社 1999年2月18日第一刷 最悪 (講談社文庫)  

記事を読む

『しゃべれども しゃべれども』(佐藤多佳子)_書評という名の読書感想文

『しゃべれども しゃべれども』佐藤 多佳子 新潮文庫 2012年6月10日27刷  

記事を読む

『星に願いを、そして手を。』(青羽悠)_書評という名の読書感想文

『星に願いを、そして手を。』青羽 悠 集英社文庫 2019年2月25日第一刷 星に願いを、そ

記事を読む

『十字架』(重松清)_書評という名の読書感想文

『十字架』重松 清 講談社文庫 2012年12月14日第一刷 十字架 (講談社文庫) &

記事を読む

『悪寒』(伊岡瞬)_啓文堂書店文庫大賞ほか全国書店で続々第1位

『悪寒』伊岡 瞬 集英社文庫 2019年10月22日第6刷 悪寒 (集英社文庫) 男は

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬

『猫を棄てる』(村上春樹)_父親について語るとき

『猫を棄てる 父親について語るとき』村上 春樹 文藝春秋 2020年

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑